すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

大麻を吸うと太るって本当? アメリカの調査とともに解説します

ときどき、「大麻を吸うと太るのでは?」という疑問の声が聞かれます。

太ることが懸念されるのは、おそらく「マンチー」の存在が原因でしょう。

 

マンチーとは、一言で言えば、「強い食欲が湧き上がり、何を食べてもすごく美味しい」という状態のこと。

大麻を吸ってこのような状態に入っているなら、いかにも太りそうですよね。

 

本記事ではアメリカで行われた調査結果とともに、「大麻を吸うと太るのか?」という問題について解説します。

目次

大麻を吸うと、マンチーによって太るのか?

ジャンク

結論から言うと、「大麻を吸うと太る」、とは言えません。

「マンチー」の現象が存在するのにもかかわらず、太りにくいというのは、やや不思議な話です。

 

これを裏付ける調査結果もあります。

アメリカの情報 Forbes(フォーブス)によれば、ミシガン大学の調査にて「大麻を吸うと太りやすい」と断定できるデータが得られなかったとのこと。

 

ミシガン大学は、被験者たちの体重を3年間追い続けるという調査がおこなわれました。

被験者は、全員多かれ少なかれ体重を増やしていました。

「大麻を吸っている人」は、「吸っていない人」よりも、体重の増加がゆるやかだったのです。

 

つまり「大麻を吸うと太りやすい」どころか、「体重の増加を防ぐ」という傾向すら認められる調査結果が出ているというわけですね。

なぜ大麻を吸っても太る可能性が高まらないのか?

痩せた女

マンチーがあるにもかかわらず、「大麻を吸っても太らない」ことの理由は、ミシガン大学でさえ明らかにできませんでした。

しかし以下のように、太らない理由を予測することは可能です。

活動量が上がる

第一に、「活動量が上がる」という点を考えてみましょう。

大麻を吸うと、基本的には「ハイになる」し、愛好者もそれを期待しているはずです。

ハイになると、当然ながら活動量は増加します。

 

パーティーで飛んだり跳ねたり、歌ったり踊ったり、活発に動くことでしょう。

もちろんこういったことがあれば、消費カロリーは高まります。

よってマンチーで摂取するカロリー以上よりも多くのカロリーを消費することで、太らなくなっているという可能性もあります。

大麻を吸ったことがある人なら、これは感覚的に理解できるでしょう。

 

もしパーティーやクラブで踊り明かす、というようなことがあれば、消費カロリーは相当なものでしょう。

その夜を騒ぎ尽くしてしまえば、太ることについて心配はしなくてもよさそうです。

代謝を高める?

また、大麻を吸うことは、「代謝向上に貢献している」という可能性もあります。

代謝が向上するとは、つまり「消費カロリーが増える」ということなので、当然太るわけもなく、むしろ痩せるということです。

 

National liblary og medicine 」に記録されている調査では、「大麻を吸うと、代謝が高まる」ということが報告されています。

他にも数多くの研究で「代謝を高める」ということが確かめられているので、この点については信用できそうです。

 

ちなみに筋肉量が増えることでも、代謝は向上します。

よって大麻とウェイトトレーニングを組み合わせれば、強烈なダイエット効果が得られるのかもしれまあせん。

カンナビノイドに影響がある?

ものすごく具体的な研究成果があるわけではありませんが、「カンナビノイドシステムへ影響している」というのも、無関係ではないと考えられます。

カンナビノイドシステムとは、人間に備わっている、「健康で正常な心身の状態を保つための仕組み」のようなものです。

 

カンナビノイドシステムは、大麻に含まれている「カンナビノイド」を得ることで、より安定して機能するようになっています。

つまりカンナビノイドシステムがはたらくことで、「不健康で異常な太り方を避ける」ようになっているのではないか、というわけです。

 

ただしカンナビノイドシステム自体、まだ研究段階であり、わからないことも多くあります。

そして「太る・痩せる」というところについては、なおさら不透明です。

あくまでも「一説である」という程度の理解でとどめておいてください。

関連記事:誰にとっても重大! カンナビノイド欠乏症とは?

そもそもマンチーになるとは限らない

また、「大麻を吸ってもマンチーになるとは限らない」というのも、関係しているかもしれません。

そもそも大麻の中には、「マンチーになるもの」と「ならないもの」が存在します。

 

マンチーになりやすいのは「インディカ種」という大麻です。

一方で「サティバ種」という種類がありますが、、こちらには明確に「マンチーがきた!」と思わせるような効果はありません。

 

そしてインディカ種の方も、「摂取したら100%マンチーをもたらす」というものではありません。

インディカ種にも当たり外れがあるし、「体質的にマンチーが来ない」という人もいます。

 

仮に「サティバ種」のほうを吸っているならば、マンチーがこない以上、劇的に太るはずはありません。

さらにインディカ種でもマンチーが訪れないケースを含めて考えれば、「大麻を吸って、太るというデータが出てこない」というのは当たり前のことでしょう。

 

要するに「大麻を吸って太る」とバッサリと断言するのは、大きな間違いだというわけです。

大麻を楽しみたい人は、太ることについて必要以上な心配をしないようにしましょう。

太らないことが正解ではない

お腹 おさえる

というように大麻を吸うことで、「勢いよく太る」わけことは起こり得ないでしょう。

むしろ痩せることのほうが、理屈を考えれば自然だとさえ言えます。

ただし、かならずしも大麻を吸って、太らずに痩せることが正解だというわけではありません。

 

なぜなら知ってのとおり、大麻を吸って「痩せる」ということが、「太りすぎること」と同じようにリスキーかもしれないから。

仮に大麻を摂取することで、余分な「皮下脂肪」などが落ちているのであれば問題ありません。

これはいわゆる、「健康的な痩せ方」です。

 

しかし「筋肉」や「水分」など、心身の健康にとって重要なものが失われているとなれば、それは「不健康な痩せ方」と言えるでしょう。

筋肉が落ちているなら、基礎代謝も落ちているので、「痩せづらく、太りやすい体」(スキニー・ファット)になりつつあると表現できます。

 

そして「大麻を吸って痩せたとして、それが健康的か不健康か」ということについては、まだわかっていません。

もしかしたら大麻を吸うことは、ものすごく不健康な痩せ方をしていて、「逆に太りやすい体へ近づいている」可能性すらあるのです。

 

よって「大麻を吸って痩せる」ということが、かならずしもよいことだとは言えません。

「大麻を吸ってダイエットしよう!」というような考え方は、もちろん危険な考えです。

大麻なければ、CBDを楽しもう

CBD

というように大麻で痩せることの危険性を語っても、「とりあえず太らないなら、大麻を吸ってみたい」と考える人はいるでしょう。

とはいえ、知ってのとおり日本では大麻の所持は禁止されています。

いくら大麻を吸いたくても、国内で吸うことは不可能です。

 

しかし現在は、大麻(マリファナ)の代替え品として、「CBD製品」というものが大流行しています。

CBDとは、大麻に含まれている「カンナビノイド」という成分類の一種です。

CBDは、日本において合法で、あらゆる場面で用いられています。

 

CBDを摂取すれば、

  • リラックスできる
  • マンチーほどではないにせよ、食欲が増す
  • 集中力が高まる
  • 睡眠の質が高まる
  • 疲労感がなくなる

 

といった効果を得ることが期待できます。

大麻は吸えないけど、それでも大麻成分を楽しみたい!」という人は、CBD製品を試してみましょう。

CBD製品としては、以下のようなものが挙げられます。

関連記事:大麻におけるTHCとCBDとはいったいなんなのか?  徹底解説します

CBDオイル

CBDオイルは、「舌の上に垂らす」という形で使うCBD製品です。

ものすごく簡単にCBDの効果を得られるので、広く愛されています。

数滴を摂取するだけで、特別な体験が得られるでしょう。

CBDリキッド

リキッドは、CBD製品としてもっとも人気の高いものです。

マリファナのように煙を吸って吐くので、とても本格的。

CBDの濃度を濃くすれば、合法とは思えないほど強力な効果を得られます。

値段も手頃なので、CBD初心者にもかなりおすすめです。

CBDグミ

CBDをグミに混ぜ込んだ、「エディブル」のような製品です。

中でもCBDfxのものは特に質がよく、人によっては「ぶっ飛ぶ」とコメントしています。

ラッパーである呂布カルマのインタビュー動画でも、CBDfxが映っていましたね。

ラッパーたちの間でも、CBDfxは定番として愛されている様子です。

まとめ

まとめる

マンチーという強烈な体験があるにもかかわらず、「大麻で太る」ということは考えづらいことです。

むしろ、「大麻を吸っていると、太りにくい」というデータすら出ています。

よって大麻を吸ったからといって、「太る」ということは心配しなくてもよいでしょう。

 

さすがに毎日マンチーへ突入して、ジャンクフードばかり食べていれば、カロリーオーバーはするかもしれません。

ただ、毎日マンチーへ入ることも、たくさん食べすぎることも、現実的なことではないでしょう。

 

といっても、日本で大麻を楽しむことは、現実的ではありません。

ただしCBDで、合法かつ安全に、大麻成分を楽しむことは可能です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

大麻で二日酔いしたら、汗をかこう | 大麻ナビ へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる