大麻を室内栽培するには? 初心者向けに基本的な流れを解説

目次

大麻を室内栽培しよう

多くの人が「大麻を室内栽培できたらいいのにな」、と考えた経験を持っているでしょう。

実は大麻の室内栽培は、(技術的には)難しいことではありません。

多少の知識と初期投資があれば、誰でも可能です。 

まずは室内栽培で必須となる物を揃えましょう。

最低限以下のものがあれば、室内栽培は可能です。

グロウボックス

グロウボックスとは、大麻を育てるための「栽培室」のようなもの。

大麻が育ちやすい環境を作ったり、光を遮断したりする特別なボックスです。

 

グロウボックスがなければ何もできません。

Amazonや楽天市場において、10,000~40,000円程度で販売されています。

 

グロウボックスはサイズもさまざま。

1株あたり、40x40x80cmの大きさが必要です。

どれくらいの規模で大麻を栽培するのか見合わせながら、グロウボックスを選びましょう。


 

LED光源

大麻を室内栽培する場合、日光は当てられません。

したがってLED光源を、日光の代替とします。

 

蛍光灯なども光源として使えますが、光量に不安が残ります。

したがって光源は、LEDにするのがおすすめです。

蛍光灯と違って、電球を取り換える機会も少なくて済みます。

 

1株あたり700Wの光量が必要だとされているので、それを目安にしてください。

サイズやW数にもよりますが、10,000円前後の予算があれば、使用に耐えうるものは入手できるでしょう。


ライトタイマー

ライトタイマーは、光源の電源を自動でON/OFFに変える機器です。

大麻栽培は、「光源を照射する」・「光源を絶って暗所にする」ということを繰り返します。

したがって光源は、適宜ON/OFFしなければいけません。

 

そのうえでライトタイマーは、かなり役立ちます。

なくてもかまいませんが、あったほうが断然便利です。

 

ライトタイマーは、500円から2,000円程度で入手できます。

ただし、あまりにも安いものは、故障のリスクという側面からおすすめできません。

 

脱臭用カーボンフィルター

匂いが溜まるので、脱臭フィルターも必要です。

脱臭用カーボンフィルターがあれば、外に匂いが漏れるのを防げます。

活性炭を使ってフィルタリングするものであり、効果は強力。

15,000円程度あれば、使用に耐えうるものが手に入ります。


植木鉢 

植木鉢は、おおよそ「10〜15ガロン」程度のものを選びましょう。

大麻は、意外と根っこが広がる植物なので、スペースはじゅうぶんに確保しなければいけません。

植木鉢の材質としては、

  • プラスチック
  • セラミック
  • 紡織繊維

 

の3種類が挙げられます。

基本的には一長一短なので、どれを選んでも問題はありません。

プラスチックのものが1,000円前後で手に入るので、ひとまずこれでもよいでしょう。

 

エアーポットという、特別な植木鉢も、選択肢として考えられます。

エアーポットは価格が3,000円前後からと割高ではありますが、通気性や排水性に優れています。

大麻を室内栽培するにあたっては、うってつけの植木鉢と言えるでしょう。


大麻の室内栽培における土は、「培養土」と呼ばれるものがベスト。

さらに「パーライト」というものが含まれているのなら、なおのことよいでしょう。

 

とはいえ、パーライトは必須ではありません。

大麻と言えども要するに植物なので、適当な培養土をあてがっても室内栽培は成立します。

迷うようなら、以下のものがおすすめ。

値段が安いうえに栄養土も高く、まず間違いありません。


肥料

大麻には、窒素・カリウム・リン酸の3種類が、肥料として必要です。

とはいえ大体の肥料にはこの3種類の物質が含まれています。

したがって基本的には何を選んでも問題ありません。

 

強いて言うなら、「フローラブルーム」のものがおすすめ。


大麻の室内栽培を前提とした肥料なので、まず間違いはありません。

これは1,000円から1,500円程度で購入できます。

 

加湿器

室内の湿度を適切に管理するため、加湿器は必要です。

正確に測れるものであれば、なんでもかまいません。

 

ただしグロウボックスのサイズによっては、加湿器がスペースを圧迫する場合もあります。

それで大麻が育たなくなるというわけではありませんが、何せ狭苦しくて面倒です。

グロウボックスのサイズにフィットしたものを選ぶのがおすすめ。


温度計

室内を、大麻栽培に適した温度にするため、必要となります。

正確に測れるものであればなんでもかまいませんが、やはりスペースを圧迫しないように配慮しましょう。

また、あまりにも安すぎるものは正確性に欠けるため、おすすめできません。

温度の調整は、大麻栽培においてもっとも重要なポイントのひとつ。

ここはある程度、コスパよりも性能を優先しましょう。


ECメーター

ECメーターとは、肥料の濃度を測るものです。

大麻は肥料過多になると、正しく発育しない植物。

 

大麻にとって適切な肥料濃度に調整するため、ECメーターは必須となります。

ECメーターの価格は物に寄りますが、10,000円あればそれなりのものが入手できるでしょう。

肥料濃度は、「ph」という単位で示されます。

以後、「ph」という単位を使って解説するので、覚えておいてください。


大麻を室内栽培するのは違法

手錠

何をどう解釈しても、大麻の室内栽培は日本では大麻取締法に違反します。

「栽培ではなく勝手に群生していた」というような言い分は、まず通用しません。

 

室内栽培が違法となるのは、「大麻の所持が違法とされているから」です。

法律的には栽培=所持になっています。

勘違いされがちですが、使用は取締り外であり、違法なのは所持のほうです。

大麻の室内栽培はバレる?

パトカー

室内栽培の母数が確定しえないので、バレる確率を正確に計算することは不可能です。

とはいえ、室内栽培がバレるケースはときどき聞かれます。

 

原因としては、

 

  • 関係者からの証言
  • 周辺住民からの通報
  • 消費電力の異常な増加
  • 警察による裏付け調査

によって、警察に踏み込まれてしまうというもの。

 

関係者からの証言とは、すなわち「あなたが大麻栽培をやっていると知っている人が、警察にそれを知らせてしまう」ということ。

大麻栽培をしていることは、親友でも家族でも、絶対に公言してはいけません。

 

特に大麻の匂いなどを密封せずに外部へ流していると、「異様な匂いがする」と通報されてしまいかねません。

 

大麻の葉っぱや花弁自体に、さほど匂いはありません。

しかし花が咲いてしまうと、強烈な甘い匂いを発するようになります。

これが原因で通報されてしまう例は、枚挙に暇がありません。

 

また、消費電力の異常な増加も、警察に尻尾を掴まれる原因です。

多くの株を育てている場合、グロウボックスはじめ、さまざまな形で電気が必要となります。

 

ほとんど24時間稼働している各機器は、消費電力を大きく上振れさせます。

それをヒントに警察からマークされて、証拠をおさえられて逮捕されるというわけです。

大麻の栽培が大規模であればあるほど、警察に見つかる可能性は高くなります。

 

冒頭でも述べましたが、本記事は日本国内での大麻栽培を勧めているわけではありません。

大麻の室内栽培は、それが合法だとされている国で実施してください。

大麻の室内栽培で逮捕されてしまったら?

もし大麻の室内栽培で逮捕されてしまった場合、有罪であれば7年以下の懲役が課せられます。

罰金刑はありません。

つまり有罪になった時点で、懲役判決は確定しているというわけです。

 

初犯であれば、ごく短い懲役と、3年程度の執行猶予が判決として出されるでしょう。

刑務所に収監されるという、最悪のパターンは免れます。

しかし初犯だからといって、確実に懲役刑が免れるわけではありません。

 

  • 栽培している大麻の株数が多い
  • 栽培している目的が、商業目的である
  • 余罪が大きい

 

といったケースでは、初犯でも実刑判決が下されるかもしれません。

また、株数や余罪が大きければ大きいほど、懲役年数も長くなる傾向にあります。

 

ちなみに大麻栽培を理由として逮捕された場合、不起訴となるケースはほとんどありません。

そして起訴された場合、99%以上の確率で有罪判決が下されます。

というリスクについては、よくよく理解しておきましょう。

まとめ

大麻ボット

本記事では、大麻の室内栽培に必要なものと、法律的なリスクについて解説しました。

意外にも室内栽培に必要なものは、難なく揃えられます。

ほとんどがAmazonで揃えられるし、少し足を伸ばせばホームセンターなどでも購入可能です。

 

ぜひ本記事を参考に、準備を進めてもらえればと思います。

後編では、大麻が「種」の状態から、収穫できるようになるまでの基本的な流れを解説します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる