【超重要】CBDオイルは、正しい使い方で使えばさらにハッピー!

現在、すさまじい勢いで広がりを見せている「CBDオイル」。

CBDオイルは素晴らしい効果を持っています。

その効果はすでに知っている、あるいは体感したことがある、という人もいるでしょう。

 

ただしCBDオイルは、正しい使い方を理解していないと、その効果がじゅうぶんに受けられなかったりします。

よりよい効果を得るためには、正しい使い方を実践することが大切です。

 

本記事では、CBDオイルの正しい使い方や、選び方について詳しく解説しています。

目次

CBDオイルを「摂取」する場合の使い方

スプーン

まずはCBDオイルを「摂取」する場合の、正しい使い方について解説します。

経口摂取

もっともポピュラーな摂取方法です。

単にオイルを飲むだけで、効果は得られます。

 

ただ、味のほうは、お世辞にも「おいしい」とは言えません。

飲めないほどではないですが、大麻草由来の、独特なクセがあります。

苦手な人には、少々苦しいかもしれません。

料理や飲み物に混ぜると、美味しく摂取できます。

口内投与

また、口内投与、一言で言えば「舌の下」に垂らすという方法もあります。

実は舌の下には、栄養分を吸収する器官が存在します。

ここにCBDオイルを垂らす、という方法です。

垂らして1分ほどすると、CBDオイルは吸収されます。

 

花粉症治療で、「舌下免疫療法」という治療法が用いられます。

上記の方法は、この治療法とまったく同じ原理です。

 

口内投与の方が身体中に回りやすく、効果も早く得られます。

蒸留するのはおすすめしない

CBDオイルをVAPEやヴェポライザーで蒸留するのは、おすすめできません。

 

蒸留したCBDオイルは、控えめに言って、かなり不味いです。

さらに効果も落ちてしまう可能性があります。

蒸留して摂取するのは、一般的には「CBDリキッド」です。

 

CBDオイルは、蒸留することを前提にして作られていません。

吸引器具を用意する手間とお金も必要です。

CBDオイルを蒸留するのは、やめておきましょう。

「摂取する場合」に得られる効果

CBDを摂取する場合には、以下のような効果が得られます。

適切な使い方で摂取すればするほど、効果は強く得られるでしょう。

 

  • リラックス

  • 不安の解消

  • 睡眠の質が向上する

  • 仕事が捗る

  • 集中力の強化

  • 食事が美味しく感じる

  • 翌日、元気に過ごせる

  • 芸術的感性が強まる

 

マリファナのように、危険な作用は一切ありません。

体調や精神を整えるものが中心となっています。

 

特に「リラックス」という効果は強力です。

筆者もCBDグミを摂取していますが、この効果は強く感じられています。

CBDオイルの、もうひとつの使い方

オイル 塗る

CBDオイルは、塗ることでも効果を発揮します。

CBDオイルを塗った場合は、美容効果が期待できます。

これが起こる理屈としては、CBDオイルが、「内因性カンナビノイドはたらきを代理する」という点が挙げられます。

 

人間の肌には、「内因性カンナビノイド」というものが存在します。

これは、健康な肌、言い換えれば「美肌」の状態を維持しています。

 

しかし内因性カンナビノイドは、常に活発な動きを見せるわけではありません。

体調や年齢・生理周期などによって、はたらきが弱まったりします。

つまりCBDオイルを使えば、内因性カンナビノイドの不調時でも、肌がキレイに保てるというわけです。

 

また、CBDオイルは低刺激であり、肌を傷めるリスクもほとんどありません。

そもそもの原料が植物であるというところから、これは感覚的にも理解しやすいでしょう。

 

美容目的で作られたCBDオイルは、ありとあらゆる方法にて入手できます。

最近で言えば、美容用品を扱っているお店で、平然と売られたりしています。

価格についても、他の美容用品と比較して大差はありません。

CBDオイルの塗り方

一般的な美容用品の塗り方と変わりはありません。

気になるところへ塗り込めば、それでOKです。

 

ただしCBDオイルには、独特な匂いを持つものあります。

したがって、塗るタイミングだけは考えた方がよいでしょう。

外出直前に塗るというようなことは、おすすめできません。

CBDオイルを塗ることで得られる効果

CBDオイルがもたらす美容効果について、もう少し踏み込んでみましょう。

 

  • くすみやシミを落とす

  • 肌荒れをなくす

  • ニキビを治す

  • アトピーにさえ効果を示す可能性

  • 傷を治す

  • 角質を落とす

  • つるつるの肌を形成する

 

というように、スキンケアに要求される効果はひととおり揃っています。

ぜひ一度、試して欲しいところです。

 

また、アトピーでさえ治せる可能性も秘めているという点は、かなり注目されるべきことです。

効果の強さと信頼性も知られており、海外では医療大麻として、医療現場にて使われています。

CBDオイルの選び方

CBDオイル ビン

CBDオイルの使い方については、上記で理解できたことでしょう。

しかし使っているCBDオイルが良質なものでなければ、効果はじゅうぶんに得られません。

日本において、まだまだCBDオイルの選び方というのは、ほとんど周知されていません。

下記では、よりよいCBDオイルの選び方について、詳しく解説します。

海外製のものを選ぶ

CBDオイルを購入するなら、間違いなく海外製のものを選んだほうがよいと言い切れます。

なぜなら、国内製のものよりも品質がよいと考えられるからです。

 

日本は、CBDについては完全な後進国です。

未だに大麻への抵抗感を持っていますし、そもそも「CBD」と「THC」の違いさえも、あまり理解されていません。

そして根本的に大麻へのニーズが低いため、研究も活発ではありません。

 

日本と比較して、海外はCBDへの研究をかなり強く推し進めています。

先ほども軽く触れましたが、既に医療分野でも使われているところまで進んでいます。

 

そして商業用のCBDオイルも、例外ではありません。

よりよい効果が得られるように、しっかりと研究、開発されています。

CBDオイルを購入するのであれば、海外製のものに絞りましょう。

できれば試飲する

可能であれば、実店舗で試飲することをおすすめします。

ショッピングモールに入っている専門店では、よくCBDオイルの試飲を実施しています。

試飲してどんな効果が得られるのか、確かめてみるとよいでしょう。

 

ただしドン・キホーテやコストコなどの量販店では、ほとんど試飲はできません。

濃度が高い物を選ぶ

濃度が高い物を選ぶことで、効果はより高まります。

ちなみに、高いからといって健康を害するわけではありません。

過剰摂取に危険なのは事実ですが、そもそも過剰と言えるほどCBDオイルを摂取するのは、極めて困難です。

したがって、基本的には効き目優先でかまいません。

 

製品によっては、低濃度であったり、あるいはCBD以外の成分で誤魔化している場合も。

こういったものを掴まされないように注意しましょおう。

オイルの種類で選ぶ

オイルの種類で選ぶという方法もあります。

間違いがないのは、「フルスペクトラム」と銘打たれたCBDオイルをチョイスすることです。

フルスペクトラムとは、一言で言えば「CBD成分の割合が高い製品」を示します。

これを選べば、ほぼ確実に高い効果が得られます。

 

フルスペクトラムについて、もう少し触れておきましょう。

フルスペクトトラムなCBDオイルには、CBD以外の成分(CBCやCBE、テルペン類など)が含まれています。

 

これらはCBDと繋がることで、相乗効果のようなものを引き起こします。

たとえばテルペン類は、CBDと結合することで、「擬似CBD」とでも呼ぶべき成分へと変化するのです。

というように成分同士が助け合い、効果をより強める、というわけです。

CBDオイルは大切に扱うべき

大切

CBDオイルは、劣化が起こりやすい製品です。

劣化すると、効果を正しく得られない懸念が出てきます。

CBDは大切に扱うようにしましょう。

保管方法

まず、保管方法が重要なポイントになると言えます。

基本的には、

  • 直射日光が当たらない

  • 暗い

  • 必要以上に外気と触れさせない

というような環境で保存しましょう。

つまり戸棚などに入れておけば問題ないということです。

また、外気と触れないよう、フタを開けたらすぐ閉めるようにしましょう。

賞味期限について

CBDオイルの賞味期限は、だいたい2年程度となっています。

ひとつの瓶に入っている内容量から考えても、賞味期限を超過するということはないでしょう。

 

ただし時間が過ぎればすぎるほど、CBDの効果は薄まっていくと言われています。

したがって、なるべく早く使い切ることが重要です。

まとめ

CBDオイルの効果を正しく得るには、「使い方」が重要です。

適当に使っていると、期待される効果が出てこなかったりもします。

正しい使い方を用いて、CBD成分が無駄にならないようにしましょう。

 

また、「どの使い方が効果的か」という部分については、個人差や体質による部分も多いです。

自分にフィットする使い方が見つかるまで、いろいろと試してみるのがおすすめです。

 

また、CBDオイルの選び方も重要になります。

フルスペクトラムのように、できるだけ信頼性が高いものを選ぶようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる