すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

大麻の代わりになるもので、ハッピーになるには?

残念ながら日本においては、大麻を吸っていると、大麻取締法で厳しく処罰されます。

オランダやアルゼンチンなどが大麻解禁を実現している中、「日本は遅れすぎだ!」と感じている人も多いでしょう。

一日も早く、日本でも大麻が吸えるようになってほしいところですよね。

 

しかし今の日本でも、「大麻の代わりになるもの」はさまざま存在します。

尚且つ合成麻薬や脱法ハーブのように、法的、身体的なリスクはまったくありません。

しかも組み合わせによっては、「大麻よりもいい!」と思えるほど素晴らしい効果を体感できます。

 

迷惑かどうかは別として、街中で吸っていても捕まらないし、体に悪いということもないものです。

本記事では、日本でも楽しめる「大麻の代わりになるもの」について解説します。

目次

【一番のおすすめ】大麻の代わりにCBDは、まったく新しい成分

CBDの構造

大麻の代わりになるものはさまざま存在しますが、やはりCBDはマストと言えます。

CBDに関しては「大麻の代わり」というよりも、「大麻そのもの」と言っても過言ではありません。

まずはCBDの秘められたパワーについて、解説しておきましょう。

CBDとはなにか?

まず、CBDが何なのかおさらいしておきましょう。

CBDは、正式には「カンナビジオール」と呼ばれる、「大麻に含まれている成分」の一種です。

厳密に言うと、「カンナビノイド」という成分類のひとつとして数えられます。

主にTHCと組み合わさって、大麻によるハッピーな体験をもたらします。

 

ただしCBDは、THCがなくても強力な効果を発揮するものです

CBDを摂取すれば、

 

  • リラックスできる
  • 集中力が高まる
  • 筋肉の疲労がやわらぐ
  • 寝付きがよくなる
  • 食欲が湧く
  • 不安やイライラがおさまる

 

といった効果が得られます。

一方で「ハイになる」効果はないので、安心して使用できるでしょう。

 

ちなみに筆者はCBDを摂取するようになってから、

  • 30分しか机に向かえなかったのに、2時間くらい集中でいるようになった
  • ものすごくイライラすることがあっても、CBDを摂取したらすぐにハッピーになる
  • 前向きな気持ちでトレーニングへ取り組んで、週3回ジムへ行けるようになった

という経験をしています。

 

もちろん依存性などはなく、副作用も発生しません。

さらにバッドトリップへ入る可能性もなく、いつでも安定して効果を発揮してくれる優れものです。

関連記事:【超重要】CBDオイルは、正しい使い方で使えばさらにハッピー!

THCとはなにか?

THCは、大麻に含まれている主成分のことです。

正式には「テトラヒドロカンナビジオール」という、ちょっと怖い名前で呼ばれています。

大麻を吸って「ハイになる」・「何をしても笑う」・「時間や距離の感覚が狂う」といった現象が起こるのは、THCのおかげです。

 

ただしTHCが含まれている物体は、日本では違法とされています。

また陶酔感や多幸感、あるいはセックスの快楽度が高まるため、「危険すぎる」という向きも。


CBD製品を選ぶなら、どんなものがいい?

CBD製品を選ぶときは、とにかく「CBD濃度」が重要です。

なぜならある程度の濃度がないと、効き目は得られないから。

ひとまずCBD濃度が1%以下のもは避けておきましょう。

中には50倍くらいに薄めたカルピスぐらい意味がないものもあるので、注意してください。

 

また、「フルスペクトラム」「ブロードスペクトラム」というフレーズがついているものもおすすめ。

これらは「CBDがよく効くようになる特別な製法」で作られている、ということを意味します。

おすすめのCBD製品

とはいえ、どのCBD製品を選べばいいかわからない、という人も多いでしょう。

とりあえず初心者なら、以下のようなものをチョイスすれば間違いありません。

CBDヴェポライザー&CBDリキッド

大麻の代わりにもっとも近いのは、やはりCBDヴェポライザーとリキッドの組み合わせです。

大麻と言えば、やはり「吸う」ものでしょう。

このふたつがあれば、同じように「吸う」ことで、大麻成分であるCBDをガッツリと楽しめます。

ヴェポライザーは要するに「電子タバコ本体」、リキッドは「CBDの入った液体」で、リキッドをヴェポライザーで煙に変えるという仕組みです。

ヴェポライザーとリキッドがあれば、大麻を吸うのとほとんど同じ体験ができてしまいます。

 

中には「大麻よりCBDを吸う方が楽しい!」と言っている人も。

ぜひ一度、試してみてもらいたいところです。

CBDクリスタルパウダー

CBDクリスタルパウダーとは、簡単に言えばCBDを集めて「結晶」にしたもの。

海水から塩分を集めて結晶にして「食塩」として製造されますが、それとまったく同じ原理で作られています。

 

CBDクリスタルパウダーのすばらしいところは、「CBD濃度が抜群に高い」という点です。

だいたいのCBDクリスタルパウダーは、99.9%のCBDで構成されています。

 

当たり前ですが、効果は抜群です。

筆者も一度だけCBDクリスタルパウダーを使ったことがありますが、

 

  • リラックスしてヘラヘラ笑い出す
  • 心地よい眠りで、10時間くらい寝続ける
  • ”かっぱえびせん”がやたら美味しくなるetc…

 

というような体験をしました。

これTHC入ってるんじゃないの?」と疑ったくらいです。

より強烈な体験をしたい人は、CBDクリスタルパウダーを試してみましょう。

CBDグミ

筆者としては、CBDグミもおすすめしたいところ。

CBDグミとは、名前のとおりCBDを混ぜ込んだグミのことですね。

 

CBDグミの素晴らしいところは、普通に美味しいという点。

「ハリボーグミ」という有名なグミがありますが、CBDグミもそれくらい美味しく作られています。

さらにCBDグミは、「吸った場合よりも効果が長続きする」という特徴も兼ね備えている、とてもすばらしいものです。

コンディションによっては、半日効きっぱなしなんてことも珍しくありません。

CBD以外で代わりになるもの

CBD以外にも、「大麻の代わり」として成り立ちそうなものはさまざま存在します。

もし機会があったら、試してみるとよいでしょう。

益母草(ヤクモソウ)

ヤクモソウ」という単語は、あまり聞いたことがないかもしれません。

しかし、日本中ならその辺に生えている、よくある雑草の一種です。

いちおう「シソ」の仲間らしく、食用としても使われています。

ただしシソほどおいしいものではありません。

 

ヤクモソウは、古くから漢方薬として使われてきました。

実際にヤクモソウを吸うと、「滋養強壮」や「鎮痛」といった効果が得られるようです。

 

そしてCBDを組み合わせると、強いリラックス効果が得られると言われています。

また大麻を摂取したときに体験しうる「瞑想」のような、特別な感覚が得られることも。

CBDだけで物足りないなら、ヤクモソウを混ぜて摂取してみましょう。

ホワイトセージ

ホワイトセージとは、名前のとおり「セージ」の一種です。

古くからインディアンから愛されていており、儀式や呪い(まじない)に用いられていました。

またインディアンは「ホワイトセージを飲むか吸うかすれば、体が健康になり、不思議なパワーを得られる」と考えていたようです。

 

実際ホワイトセージを摂取すると、

  • 気持ちがスッキリする
  • 目が冴える
  • モチベーションが高まる

 

といった効果が得られるようです。

また、スピリチュアル的な意味での「浄化作用」がある、と言われることも。

謎の多い植物ですが、なかなかのポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

 

ちなみにホワイトセージは、日本において完全な合法です。

楽天市場やAmazonなどのECサイトでも、当たり前のように購入できます。

 

ところでヨモギは大麻の代わりになる?

ヨモギも大麻の代わりになるのでは?」という期待も、ある程度寄せられているようです。

実はヨモギには、大麻に含まれている成分とかなり近い「ツジョン」という成分が含まれています。

成分だけではなく、人間にもたらす効果もある程度近い様子です。

 

ただ、大麻の代わりになるかと言われれば、おそらくなりません。

ツジョンを摂取したとしても、安定してハッピーになれるような効果はもたらされません。

 

また、とんでもなく苦いというのも問題です。

ちょっと製法を間違えると、強烈な苦味が現れてしまいます。

 

さらにヨモギと一緒に毒性の植物も採ってくるという可能性も、かなり怖いリスクと言えます。

その辺に生えている雑草も、実際には食べてみると有害なケースもあります。

 

わかりやすいところで言えば、「バイケイソウ」や「ドクゼリ」は有毒で、しかもその辺に生えているありふれた雑草です。

間違えて採取するとたいへんなことになるので、やはりヨモギはおすすめできません。

ヨモギが大麻代わりになるというのは、一種の都市伝説のようです。

大麻代わりのCBDを、100倍楽しむ方法

とはいえ、「やっぱり大麻じゃないと、物足りないぞ」という人もいるでしょう。

だとしたら、CBDとお酒、一緒に楽しむのがおすすめ。

一言で言うと、ぶっ飛びます。

まあお酒で酔うこと自体がぶっ飛んでるようなものなので、そこにCBDが加われば、特別な体感に至るのは当然です。

 

大麻にあってCBDにはないものは、「ハイになる」「ふわふわする(酩酊感)」「すごく楽しくなる(多幸感)といった、精神的な作用です。

これらは、だいたいお酒を飲むことで再現できてしまいます。

下手な品質の大麻を吸うよりも、よっぽど楽しい体験ができるでしょう。

 

ちなみに筆者はCBDとお酒とともにデパス(精神安定剤)を飲んだことがあります。

ものすごく簡単に言うと、「ガンギマリ」最終的には一人では歩けず、ずっと笑顔で独り言を言う状態になっていました。

「めちゃくちゃ気持ちいい」のですが、間違いなく危険なので、自己責任でトライしてください。

まとめ

「大麻の代わりになるものなんて、本当にあるのか」と思っていた人も多いでしょう。

しかし、意外にも代わりとして役立ちそうなものは、さまざま存在します。

 

そもそも大麻は植物なので、同じ植物なら似たような効果をもたらすものがあって当然です。

本記事で紹介したもの以外にも、その辺で生えている雑草が、実は大麻代わりになるかもしれません。

 

とはいえ雑草を抜かなくても、今は「CBD製品」がさまざま存在します。

さまざまな形態がありますが、気になるものをひとつ選んで、試してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる