すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDリキッドには、どんな効能がある? 秘められた力を解説します!

日本においても、CBD製品が少しずつ知られるようになりました。

中でもCBDリキッドは、定番のアイテムとして浸透しつつあります。

大麻草のジョイントに代わるものとして、需要が高まっているようです。

 

とはいえ、

「CBDリキッドとはどういうものなのか?」

「どんな効果が得られるのか?」

というような疑問が、よく挙げられます。

 

本記事では、CBDリキッドの効能などについて、詳しく解説しています。

ぜひ、参考としてください。

目次

そもそもCBDリキッドとは何か?

CBDリキッド

まず、CBDリキッドについて詳しく知らない人もいるでしょう。

最初に、CBDリキッドがどういったものなのか、解説しておきます。

大麻からの抽出物

CBDリキッドは、大麻から抽出される「CBD」を凝縮したものです。

大麻にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)と、CBD(カンナビジオール)という成分が含まれています。

うち、THCを省いて、CBDだけ集めたものである、というわけです。

 

THCは、いわゆるマリファナの主成分です。

マリファナを吸って得られる効果は、ほとんどの場合、THCによるものです。

知ってのとおり、日本では大麻の所持が禁止されています。

 

CBDは、THCとはまったく違います。

CBDも、人体に対して、たいへん好ましい影響を数多く与えるものです。

ただし、向精神作用など、危なっかしい効能はありません。

 

また、日本において、CBDは完全に合法です。

そのCBDをふんだんに詰め込んだものが、CBDリキッドです。

ものすごく安全性が高い

CBDリキッドは、安全性が極めて高いということで知られています。

薬物とは違い、中毒性・依存性といったものは、ほとんどありません。

それを裏付ける研究結果が、数えきれないほど発表されています。

研究によれば、CBDリキッドの依存性は、ニコチンやカフェイン、アルコールを大きく下回るということがわかっています。

 

副作用が出ることも、かなり稀です。

仮に副作用が出たとしても、「少し眠くなる」「疲労感を感じる」程度のものです。

そもそも「少し眠くなる」というのは、副作用ではなく、純粋にメリットと言える場合も多いでしょう。

 

またCBD自体、危険どころか各種依存症を治す可能性があるとも考えられています。

既に海外では、アルコール依存症の治療で、CBD(医療大麻)が用いられています。

CBDリキッドで救われた人は、世界中にたくさんいるというのが真実です。

法的リスクはない

日本では、CBDリキッドは完全に合法とされています。

なぜなら、CBDリキッドには、違法成分であるTHC含まれていないからです。

日本の法律では、CBDを取り締まれないような状態になっています。

したがってCBDは完全に合法で、法的リスクはないということです。

 

これまでCBDが原因で逮捕されたことは、一度もありません。

それどころか、煙草やお酒よりも、規制は緩くなっています。

CBDリキッドがもたらす効能と感想

人体への効能

続いて、CBDがもたらす効能について解説します。

また、筆者がCBDリキッドを摂取した感想についても述べているので、参考としてください。

効能

CBDリキッドは、代表的な物だけでも、以下のような効能をもたらすことがわかっています。

あくまでも一例で、人によっては他の効能を感じる場合もあります。

 

  • リラックス
  • 不思議な感覚を体験する
  • 食欲増進
  • 不安の解消
  • 楽しくなる
  • 芸術的な感性の鋭敏化
  • 睡眠の質が向上する

 

マリファナのように、向精神作用はありません。

しかしいくつかは共通しており、マリファナの代用品としてはじゅうぶんでしょう。

 

ふたつ目に挙げた「不思議な感覚を体験する」というのは、いかにもマリファナらしい効果。

後述しますが、筆者これを体験したことがあります。

 

基本的に摂取量・CBD純度が高ければ、効能も強く得られます。

強い効能を得たいのであれば、「フルスペクトラム」と呼ばれる種別のものがおすすめです。

フルスペクトラムは、簡単い言えば、もっともCBD純度が高いCBDリキッドのこと。

少し値段が張る場合もありますが、効能の高さは抜群です。

 

一部では「CBDには何の効果もない」という風な情報が出回っています。

しかし、これは誤りです。

CBDの効能はさまざまなところで確認されています。

後述するように、筆者もCBDの効能を、かなり強く体感しています。

CBDリキッドを摂取した感想

筆者は、過去にCBDリキッドを摂取したことがあります。

その結果、以下のような効果を体験しました。

 

  • リラックス
  • 心地よい眠気
  • 強い安心感
  • 爽快な気分
  • 食欲の増進
  • 不思議な感覚を得る

 

特に、リラックスと、爽快な気分については、かなり強く感じられました。

CBDリキッド出なければ、まず体感することはできない感覚でした。

 

筆者はマリファナ(THCが含まれた樹脂)を摂取したことがありません。

しかしマリファナがなくても、CBDリキッドでじゅうぶん満足できています。

 

また、不思議な感覚も体感しています。

筆者の場合は、「無重力感」とも言えるような効能が得られました。

 

ここについては、かなり個人差があります。

中には、「違う場所にいる」というような錯覚を覚える人もいます。

オイルとリキッドの違い

大麻を見つめる

オイルとリキッドは、物質的には似たようなものですが、使い方が違います。

オイルは「垂らす」、あるいは「飲む」という方法で摂取します。

対してリキッドは、気化させて「吸う」ものです。

 

得られる効果も、微妙に異なる可能性があります。

このあたりは体質などで大きく左右される部分です。

 

それぞれを逆の方法で摂取してしまうと、じゅうぶんな効果が得られません。

この違いについては、しっかりとおさえておきましょう。

よりよい効能が得られる、CBDリキッドの選び方

考える女性

上記で、CBDリキッドで得られる効果については理解してもらえたと思います。

そしてCBDリキッドは、選び方が重要です。

 

なぜなら選び方を間違えると、はっきりとした効能を得られないケースも出てくるから。

下記では、よりよい効能が得られるCBDリキッドの選び方について、詳しく解説します。

海外製のものを選ぶ

CBDリキッドは、間違いなく海外製のものから選ぶべきです。

なぜなら、海外製の方が、品質は優れているから。

海外では、CBD製品に対する研究開発が、かなり進んでいます。

 

日本はCBD製品に対して、完全なる後進国です。

したがって、CBD製品の品質が担保されないというわけです。

またCBD含有量が少なく、効果が少ないというケースも珍しくありません。

したがって、海外製のものを選ぶべきであるというわけです。

 

海外製のものでも、Amazonや楽天市場などで簡単に手に入れられます。

濃度が高いものを選ぶ

また、濃度が高い物を選ぶことも大切です。

なぜなら濃度が低いCBDリキッドでは、じゅうぶんな効果を得られないからです。

濃度が低めになっていたり、CBD以外の成分で誤魔化しているものもある。

こういったものは、CBD本来の効果を引き出せません。

したがって、濃度が高い物を選ぶべきであると言えるわけです。

 

先ほど触れたフルスペクトラムのものであれば、たしかな効果を得られるはずです。

やや値段は張りますが、それだけの価値があります。

強い効能を求めている人は、フルスペクトラムのものがおすすめです。

コスパのよいものを選ぶ

CBDリキッドを長く使い続けるのであれば、コスパも大切です。

CBDリキッドは、人によっては少し高い買い物だったりします。

ものによってばらつきはありますが、おおむね1本3,000円〜5,000円です。

 

昔に比べて、相当安くなってはいます。

昔は競合商品がなかったので、値段設定も強気でした。

 

今は競合同士が価格競争をしているので、かつてほど高値ではありません。

それでも、高い人には高いと感じられる価格帯です。

 

というような背景もあるので、CBDリキッドを選ぶときは、コスパにも注意しましょう。

 

ただし、あまりにも安値のものは、おすすめできません。

なぜなら安いリキッドは、極端にCBDが薄いケースもあるからです。

薄すぎると、CBDリキッドの効能も、じゅうぶんには得られません。

あまり安さばかり追求しないようにしましょう。

まとめ

リキッドオイル

CBDリキッドは、一言で言えば、素晴らしい効能を持ったCBD製品です。

THCのような向精神作用などはありませんが、それでも娯楽用としてはじゅうぶんすぎるほど、高い効能を示します。

 

安全性についても、科学的に証明されています。

安心して摂取することができるでしょう。

 

よりよい体験を得るうえで重要なのは、すぐれたCBDリキッドを選ぶこと。

ぜひ、自分にフィットしたものを見つけてください。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる