すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDパウダーを鼻から吸うとキマりやすくなる?

最近では日本でも当たり前にCBDアイテムが使われるようになりました。

特にCBDパウダーはものすごく濃度が高いので、「ガッツリキマりたい」という人に人気です。

そしてCBDパウダーには「鼻から吸う」という使い方もあります。

まるでコカインのような使い方ですね。

 

しかし、

CBDパウダーを鼻から吸うとキマりやすくなるのか?

鼻から吸ったら普通に辛くない?

どうやって鼻から吸うの?

というように感じている人も多いでしょう。

今回はらCBDを鼻から吸うことについて全部解説するので、参考にしてください。

 

<ざっくり言うと?>

  • CBDパウダーを鼻から吸うとキマりやすい
  • キマりやすいと言える理由もある
  • ただ鼻から吸うのはけっこう辛いので、他の方法やアイテムを試すのもよい
目次

CBDパウダーを鼻から吸うとキマりやすい

結論から言うと、CBDパウダーを鼻から吸うと、おそらくより強いCBD感を感じられます。

実は筆者もCBDパウダーを(出来心で)鼻から吸ったことがありました。

 

そのときは、

  • いつもよりリラックスできる
  • 謎の満足感を感じる
  • いつもより不安をおさえる効果が強く感じられる
  • すぐに効果を感じられる

というメリットがありました。

 

つまりCBDパウダーを鼻から吸えば、いつもよりガッツリと決まれるかもしれません!

もしCBDパウダーを持っているなら、ぜひ一度鼻から吸ってみましょう。

ただし注意して欲しいのは、「CBDパウダーを鼻から吸えば、絶対にキマれる」というわけではありません。

一応、後ほど解説するように「キマりやすくなる理由」はあるのですが、それでも個人差はあります。

だから「絶対にキマれる」というふうにはとらえないでください。

一方で筆者よりもさらにキマれる可能性もあります。

なぜCBDパウダーを鼻から吸うとキマりやすくなるのか?

本当にCBDパウダーを鼻から吸うとキマりやすくなるのか?」と感じている人もいるでしょう。

これには、一応考えられる理由があります。

CBDパウダーを鼻から吸うことで、吸収効率が高くなるからです。

 

CBDを摂取するうえでは、普通に飲んだり食べたり、吸ったりします。

そして摂取方法によって吸収効率は異なります。

たとえばCBDを飲んだ場合の吸収効率は、だいたい10%から15%。

つまり9割は吸収できていないわけです(それでもキマれるCBDオイルはあります)。

 

しかしCBDパウダーを鼻から吸う場合の吸収効率は、おおむね34%から45%!

つまりCBDをよりムダにすることなく、吸収できるというわけですね。

だから、CBDパウダーを鼻から吸うと、ガッツリキマりやすいといえます。

 

またCBDパウダーを鼻から吸えば、より早く効果を感じられる可能性があります。

なぜなら鼻には、たくさんの毛細血管があるからです。

CBDは毛細血管に取り込まれるのが早ければ早いほど、効果が早く出ます。

しかし飲む、食べるという使い方だと、毛細血管に届くまで時間がかかるわけです。

いったん胃を経由するので当然ですね。

 

しかしCBDパウダーを鼻から吸うことにより、すぐ毛細血管へ運ばれます。

だからより早く効果を感じられるわけですね。

CBDパウダーを鼻から吸う方法

CBDパウダーを鼻から吸うときは、「普通に指先にすくいとって吸い込む」という方法でOKです。

ただし、この方法だとそこそこ高価なCBDが、空気中に飛んでいってしまいます。

 

そんなときは、以下の方法がおすすめ。

  • まず鼻をかむ
  • テーブルにCBDパウダーを直線上に撒く
  • 何かの紙を丸めて「ストロー」にする
  • ストローを鼻に入れる
  • 直線上に巻かれたCBDパウダーを吸い込んでいく

 

この方法ならCBDパウダーは、空気中に飛んでいきません。

あと「コカインを吸う人」っぽいので、個人的には悪いことをしているみたいでテンションが上がります。

CBDパウダーを鼻から吸うデメリットは「普通につらい」

ただしCBDパウダーを鼻から吸うときは、「普通につらい」というデメリットがあります。

具体的には、

 

  • 鼻の中が痛くなる
  • ものすごくくしゃみしたくなる
  • 喉元がかゆくなる
  • パウダーが気管に入って咳き込む

 

という辛さがあります。

粉を鼻から吸うのだから、こう言うことが起こるのは当然ですよね。

CBDパウダーでキマりやすくなるのはけっこうですが、鼻から吸うのはけっこうな苦行なので注意してください。

そもそもCBDパウダーってなに?

そもそもCBDパウダーについてよくわからない人も多いでしょう。

CBDパウダーとは、一言で言えば「大麻から取れるCBDを抽出して粉状にしたもの」です。

 

特徴はとにかくCBD濃度が高く、ガッツリキマりやすいこと。

数字で言うと、CBDパウダーの濃度は99%。

 

他のCBDアイテムは5%とか10%だったりするので、どれだけ濃度が高いかわかるでしょう。

何せCBDパウダーはCBDそのものなので、濃度が高いのは当然。

CBD濃度が低いアイテムで効き目を感じていない人は、CBDパウダーを使うとよいでしょう。

 

もし今CBDパウダーを持っているのなら、そのまま使い続けましょう。

鼻から吸う吸わないは別にして、CBDパウダーほど効き目を期待できるアイテムはそうそうありません。

CBDパウダーを鼻から吸おう!おすすめのCBDパウダーはどれ?

CBDパウダーを鼻から吸うなら、高い効果を感じられるでしょう。

ただし、CBDパウダーならなんでもよいわけではありません。

 

やはりCBDパウダー自体が高品質でないと、鼻から吸おうが口で吸おうが、大した効果は得られないでしょう。

特に最近はCBDブームに乗っかって、品質の悪いCBDパウダーが大量に出回っているような状態です。

 

自分が持っているCBDパウダーに効き目を感じない人もいるでしょう。

CBDパウダーなら、以下のようなプロダクトがおすすめです。

SKEW CBDパウダー(CBD99%)


CBDパウダーでもっともおすすめなのは、SKEWのプロダクト。
SKEWはアメリカでもっとも有名なCBDメーカーのひとつで、品質と安全性は高く評価されています。
価格は4,980円とかなり安いので、誰でも手に入れやすいのもポイントです。
もちろんCBD濃度はは高く、99%なので、ガッツリとキマれるでしょう。

AZTEC(アステカ)CBDクリスタルパウダー(CBD99%)


AZTECのCBDクリスタルパウダーもおすすめ。
AZTECといえば、高濃度CBDアイテムのメーカーとして有名ですね。
もちろんパウダーのほうも大人気です。

CBDパウダーを鼻から吸うのが辛いなら他の方法でOK

CBDパウダーを鼻から吸えば、たしかにキマりやすくなるでしょう。

しかし先ほども触れたとおり、CBDパウダーを鼻から吸うのはかなりキツいものです。

だとしたらCBDパウダーは、素直に吸うか舐めるかしたほうがよいでしょう。

 

CBDパウダー自体の品質がよければ、それでもしっかりとキマれるはずです。

またCBDパウダー以外にも、鼻から吸わなくてもキマれるアイテムはたくさんあります。

以下のようなプロダクトも、試してみるのがよいでしょう。

CBDワックス

CBDワックスは、CBDパウダーと同じように高濃度のアイテム。

大麻草からCBDだけを抽出し、結晶としてギュッまとめています。

 

CBDワックスとCBDパウダーどちらも高濃度です。

しかし「結晶」か「粉」かというだけで、効果の感じ方が変わる場合もあります。

ぜひCBDワックスの効果でどこまでキマれるか試してみましょう。

 

最近のおすすめはSKEWのCBDワックス。


CBD濃度は90%と、キマるにはじゅうぶんすぎるほどのパンチ力。

またブルーベリーなどのフレーバーもあるので、鼻から吸うときも少しだけ楽かもしれません。

関連記事:【最強】CBDワックスの効果やおすすめブランドを、総まとめしました

CBDペン

CBDペンも、おすすめできるアイテムです。


CBDペンは無理して鼻から吸うのではなく、美味しく楽しくタバコのように吸えるのがポイント。

ただしCBDペンは軒並みCBD濃度が低い傾向にあります。

だからCBDパウダーのようにガッツリキマるのではなく、気分をリフレッシュするという方向性で使うのがよいでしょう。

関連記事:CBDペンに効果はある? 使い方やおすすめを紹介

CBDオイル

CBDパウダーを鼻から吸うのはたいへんですが、CBDオイルは飲むだけで摂取できるアイテム。

特にHome BareのものはCBDオイル30%とかなり高濃度です。

手軽にキマりたいときは役に立つでしょう。


ちなみにCBDオイルの場合、劇的にCBDの吸収効率を高める方法があります。

それは、CBDオイルを「舌の下」に垂らすこと。

 

舌の下にはCBDを効率的に吸収できる場所があります。

病院に行ったとき「舌の下」に薬を投与された経験はないでしょうか?

それには「吸収効率が高い場所に薬を落とし、効き目を高める」という目的があります。

もちろん、CBDの場合も同様で、舌の下に垂らすだけでよりよい効果が期待できるわけです。

関連記事:CBDオイルとは何か?秘められた効果や入手方法まで、詳しく解説します

まとめ:CBDを鼻から吸うのはアリ!

CBDパウダーを鼻から吸うのは、少なくとも筆者の経験上「アリ」だと思います。

CBDパウダーを鼻から吸うことで、いつもよりガッツリとキマれました。

さらに効果が出るのが早く、手軽にCBD感を味わえるよい方法です。

ただし粉を鼻から吸うのは、そこそこ辛いやり方ではあります。

くしゃみはしたくなるし、たまに咳き込むことも。

CBDパウダーを吸うときは、ちょっとした勇気がいるでしょう。

関連記事:最強にキマる!CBDワックスランキング5選

<参考文献>

Cannabidiol bioavailability after nasal and transdermal application

武内製薬:CBD摂取の仕方

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる