すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDの吸いすぎると中毒や依存症になる?どれくらいまで吸っていい?

近年、たいへんなブームになっているCBDリキッド。

合法なのに大麻成分を楽しめるということで、すさまじい人気を集めています。

実際にCBDを吸っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかしCBDについては、吸いすぎが心配されます。

吸いすぎたら、どうなってしまうんだろう?」と思う人も多いでしょう。

今回は、

  • CBDを吸いすぎるとどうなるのか?
  • CBDはどこからが吸いすぎなのか?

という点について解説します。

CBDを吸っている、これから吸おうと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

<ざっくり言うと?>

  • CBDを吸いすぎても、たいした問題はないので、心配しなくてOK
  • そもそもCBDを吸いすぎるのがむずかしい、1日中吸っていても、危険な量には届かないはず
  • ごくまれに気分が悪くなることもあるが、基本的に寝ていればなんとかなる
目次

CBDを吸いすぎるとどうなる?→別に大丈夫です

vepe2

結論から言うと、CBDを吸いすぎたところでは問題ありません。

なぜならCBDは、ものすごく安全性の高い成分だからです。

CBDを吸いすぎたときに心配されるのは、

  • 中毒症状
  • 副作用
  • 依存症
  • バッドに入る

といったところでしょう。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

中毒や依存症にはならない

まず、CBDを吸いすぎたところで中毒や依存症になることは、ほぼありません。

CBDはとても安全な成分で、少し吸いすぎたとしても、何も起こらないのです。

 

一日1,000mgから1,500mgくらい摂取しても、中毒症状や依存症は起こらない、という報告もあります。

CBD1,000mgとは、たとえばCBDリキッドを1日100本くらい吸って、ようやく摂取できるレベルです。

 

普通にCBDを使っている中で、1,000mg以上摂取することはあり得ません。

万が一何かの原因で1,000mg以上のCBDを摂取したとしても、中毒症状や依存が現れることはないので、安心してください。

 

水も飲みすぎれば「水中毒」になりますが、誰も「水中毒になるかも…ああ、今日は飲みすぎた」と心配しませんよね。

それと同様に、CBDの吸いすぎも心配しなくてOKです。

関連記事:CBDを使うと依存症になる!? 重要な問題について徹底解説

参考文献:Safety and Side Effects of Cannabidiol, a Cannabis Sativa Constituent

頭は痛くなるかも

ただCBDを吸いすぎた場合、頭が痛くなる程度のことは起こります。

タバコを吸っている人ならわかると思いますが、煙を吸うと頭が痛くなるのです。

 

煙を吸い込むぶん、酸素を吸える量が少なくなります。

酸素が足りなくなると、ときどき頭が痛くなることはあるのです。

 

つまりCBDを吸いすぎたら、酸素が一時的に少なくなって頭が痛くなる程度のことはあるでしょう。

ただ、要するに「酸素が回れば済む話」なので、たいして心配する必要もありません。

「頭が痛かったら深呼吸してゆっくりする」というだけの話です。

CBDの吸いすぎで副作用は起こる?

結論から言うとCBDの吸いすぎで、副作用が起こることはあります。

具体的な症状としては、以下が挙げられるでしょう。

 

  • 多少の倦怠感(だるい)
  • 眠気
  • わずかな吐き気

 

ただし、症状としては本当に軽いものです。

また副作用が起こる確率自体も、かなり低い様子です。

 

また「倦怠感」については、単にCBDのリラックス効果が表れているだけ、とも捉えられます。

「眠気」についてもCBDの効果のひとつであり、むしろ睡眠の問題を解決してくれるものです。

「倦怠感と」と「眠気」については、副作用としてはカウントしない、という考え方でも問題ないでしょう。

関連記事:CBDを使うと依存症になる!? 重要な問題について徹底解説

バッドに入ることはある?

CBDを吸いすぎたからといって、バッドに入ることはありません。

バッドとは、大麻を吸ったとき、時々ものすごく気持ち悪くなる現象のことです。

 

しかしCBDアイテムには、そもそもバッドに入る原因となるTHCが入っていません。

THCが含まれていて、なおかつそれがヘンなところに入って初めて、バッドが起こります。

 

つまりCBDを吸いすぎたからといって、バッドに入ることはあり得ません。

バッドのことは気にせず、安心してCBDを楽しみましょう。

関連記事:大麻がもたらす作用とは? 副作用などはあるのか? 徹底解説します

気分が悪くなったら寝ておけばOK

CBDを吸いすぎたとき、もしかしたら気分が悪くなることがあるかもしれません。

そんなときは、とりあえず寝ておけばOKです。

少し寝ていれば、そのうちCBDが抜けて、気分も良くなるでしょう。

むしろ吸いすぎたいCBDリキッド

ここまでで、「CBDを吸いすぎたところで、大した問題はない」とわかってもらえたはずです。

中毒症状や依存症などのことは気にせず、自由にCBDリキッドを楽しみましょう。

CBDリキッドについては、吸いすぎよりも、

  • キマるかどうか
  • CBD濃度
  • 価格

などをきちんとチェックすることが重要です。

その点を踏まえれば、できるだけ高濃度かつ味がよく、価格も安いCBDアイテムがおすすめ。

つまりちゃんとキマる、パンチのあるCBDアイテムよいわけですね。

 

たとえば以下のようなCBDアイテムは、ガッツリとしたCBD感を味わえます。


AZTEC(アステカ)のCBDワックスは、ガチガチのCBDヘビーユーザーから人気を集めるアイテムです。

脅威のCBD濃度90%で、パンチ力はバツグン。

他のCBDリキッドとは次元が違うほどの衝撃を感じられます。

「えぇ、これで合法!?」と言いたくなるようなインパクトを感じられるでしょう。

パンチのないCBDリキッドに不満を覚えているなら、ぜひ一度試してもらいところです。

価格は1つ9,800円と、同じようなCBD濃度のワックスと比較すれば15%くらい安くなっています。

吸いすぎが心配なら食べるCBDアイテムがおすすめ!

そうはいっても、CBDの吸いすぎについて心配が残る人も多いでしょう。

また、CBDリキッドに今ひとつ効き目を感じていない人もいるはずです。

そんなときは、食べるCBDがおすすめ。

これなら、

  • 一日、どれくらい食べるのがよいか
  • 今日一日、何mg摂取したか

がカンタンに把握できます。

だいたいパッケージに「1日何個まで!」と書いているので、それに従えば問題ありません。

「食べる」ほうなら、CBDfxのCBDグミがおすすめ。


CBDfxのCBDグミの特徴は、「グミの中で最強」という一言に尽きます。
筆者も食べることで、えげつない集中力と、泳いでいるようなリラックス効果を体感しました。
もちろん個人差はあるでしょうが、ぜひとも一度試してもらいたいところです。
何よりうれしいのは、「普通のグミとしてもおいしい」という点。
コンビニで売っているグミたちと比べても、まったく負けていません。
価格は1パック2,000円もしないので、お財布にもやさしいです。

CBDは何mgが吸いすぎ?

cbdリキッド

CBDは、だいたい20mg以上から吸いすぎだと言えるでしょう。

20mgくらいから、ほんのわずかな副作用が起こる可能性が出てきます。

また、酸素が薄っくなって頭が痛く感じることもあるでしょう。

たとえばCBD濃度10%のCBDリキッドを使っているなら、だいたい3.4滴程度で20mgです。

20%なら2,3滴くらいでしょう。

ただしCBDは、1000mg摂取しても、まだ何も起こらないという成分です。

だから、「1滴入れたから今は何mgで…」と悩む必要はありません。

それよりもガッツリとしたCBDの力を感じられることを優先しましょう。

「効き目がないけど吸いすぎは良くないかな?」と深く考えず、たっぷりと使えばよいのです。

関連記事:【ほぼ確でむせない!】CBDリキッドでむせるのを防ぐ方法

CBDは何回から吸いすぎ?

CBDは何回から吸いすぎか、という基準はありません。

CBDの濃度やヴェポライザーの設定によリます。

ただ、1日に100回、200回と吸って吐いてを繰り返しているなら、一応CBDの吸いすぎにはなるでしょう。

それでも体に害があるほどの量ではありません。

まとめ:CBDの吸いすぎによる問題はほぼ心配しなくてOK

cbd 息

CBDについては、「吸いすぎるとどうなるんだろうか?」という疑問が、ときどき挙げられます。

結論から言うと、吸いすぎたところで大した問題はありません。

 

まず、中毒症状や依存症になる可能性は、ほぼないと考えてOK。

そういった症状が起こるまでには、少なくとも1,500mgくらいのCBDが必要です。

しかし1,500mgのCBDを摂取するには、CBDリキッドを20瓶くらい一気に吸わなければいけません。

普通に使っていれば、1,500mgなんて摂取できるはずがないのです。

安心してCBDを楽しみましょう。

関連記事:【ほぼ確でむせない!】CBDリキッドでむせるのを防ぐ方法

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる