すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDを選ぶときはかならず「抽出方法」をチェックしよう

最近になって、たいへんな注目を集めているCBD(カンナビジオール)。

すでにヨーロッパやアメリカは大人気になり、日本でもすごく注目されるようになりました。

今では、いろんなブランドのCBDアイテムをカンタンに手に入るようになっています。

 

しかし、

  • 本当に効き目のあるCBDアイテムの選び方がわからない
  • 安心できる製法で作られているものがよい

という疑問を持っている人も多いでしょう。

CBDアイテムを選ぶときは、抽出方法について注目するのもよい方法です。

要するに、「どうやって大麻草からCBDを取り出しているか」ということですね。

今回はCBDの抽出方法について詳しく解説するので、参考にしてください。

目次

CBDの抽出方法

大麻室

CBDの抽出方法は、3種類あります。

  • アルコール抽出
  • CO2抽出法(二酸化炭素を使う)
  • 溶剤抽出法(別の液体を使う)

 

のちほど詳しく解説しますが、CBDアイテムを買うならCO2抽出法のものが絶対におすすめです。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

アルコール抽出

CBDの抽出方法でもっとも有名なのが、アルコール抽出法です。

アルコール抽出では、まず大麻を細かく刻んで、アルコールに漬け込みます。

そうするとCBDだけが、一緒に出てくるわけです。

最後に温めて、アルコールだけ飛ばして、CBDのみを取り出します。

ただし温める段階でCBD成分が飛んでしまったり、壊れたりするという側面も。

CO2抽出法

購入する側にとってもっともメリットがあるCBDの抽出方法は、「CO2抽出法」です。

正式な名前は「超臨界二酸化炭素抽出法」と言いますが、すごくむずかしいので、ここでは「CO2抽出法」という言葉を使います。

 

CO2抽出法では、細かくなった大麻草を、液体の二酸化炭素に漬け込みます。

そして特殊な機械を使って、圧力と温度を調整。

すると、二酸化炭素は空気に逃げていき、CBDだけが残ると言うわけです。

もちろんCBDだけではなく、CBEをはじめとしたテルペンについても、壊さずに抽出できます。

できればCO2抽出が使われたCBDアイテムを選ぶようにしましょう。


たとえばこういったCBDオイルは、CO2抽出されたハイクオリティなアイテムです。

溶剤抽出法

あまり多くはありませんが、「溶剤抽出法」というCBDの抽出方法もあります。

カンタンに言うと、「ブタン」や「プロパン」といったものを使って、CBDを取り出す方法ですね。

しかし溶剤抽出法はまだまだ研究段階です。

だから、品質が安定していないという部分もあります。

今のところ、溶剤を使った抽出方法を使っているCBDは、優先して選ぶ必要はなさそうですね。

関連記事:CBDは怖いもの? 依存症や中毒になったりするの?

CBDの抽出方法によるメリットとデメリットとは

大麻室2

CBDの抽出方法によって、メリットとデメリットがあります。

それぞれの抽出方法について解説するので、参考にしてください。

アルコール抽出法のメリットとデメリット

アルコール抽出法のメリットとしては、とにかく「安い」の一言に尽きます。

アルコール抽出法に、特別な機械はいりません。

しかもアルコール自体、ものすごく安く仕入れられます。

だからコストがかからず、商品も安く買えるわけです。

 

さらにアルコール抽出法は、世界的に広まっているCBDの抽出方法。

だから、安全性も高いと言えるでしょう。

 

ただアルコール抽出法は、最後の最後にCBDごと思いっきり加熱します。

しかしCBDは、温められると変化したり、壊れたりするのです。

すると、当然ながらCBDアイテムとしての質は悪くなるし、効き目だって悪くなるでしょう。

さらにアルコールが残ったまんまで、要するにCBDアイテムとしての純度が悪くなることもあります。

CO2抽出法のメリットとデメリット

CO2抽出方法は、もっともクオリティの高いCBDアイテムを作り出す方法です。

最大のポイントは、とにかく「CBDを壊さない、変化させない」ということ。

 

アルコール抽出法では、「温める」という工程がありますが、CO2抽出法にはそれがありません。

むしろ低温にすること、圧力をかけることで、CBDを取り出す抽出方法です。

だからCO2抽出法では、CBDを壊すことなく、ムダなく取り出せます。

だからCO2を使った抽出方法では、よりピュアなCBDアイテムを製造することが可能です。

 

さらにCO2抽出法では、二酸化炭素しか使いません。

二酸化炭素は最終的に空気へ流れていくので、CBDアイテム自体はとてもピュアなものになります。

 

ただしCO2抽出法の場合、どうしても機械や設備が必要です。

だからコストがかかりやすく、実際に購入するときの売値も高くなってしまいがち。

ただし最近はブランド同士での価格競争などがあり、CO2抽出方法で作られたCBDアイテムも、かなり安く購入できるようになりました。

溶剤抽出法のメリットとデメリット

溶剤抽出法のメリットを考えたのですが、これといって見当たりません。

もしかしたらメーカー側には、「めちゃくちゃ安い」という長所があるかもしれませんが、買う側で考えると、特に何もないのです。

一方でデメリットとしては、「ブタン」や「プロパン」などを使っていて、「これがCBDと一緒に混ざっていないかが心配」というところ。

もしかしたら今後、新しい抽出方法になるかもしれませんが、やはり今のところはスルーしてもOKです。

関連記事:【2021年最新】日本においてCBDは規制されるのか?

CBDアイテムを選ぶなら、抽出方法は「CO2」がおすすめ!

というようにCBDには、いろんな抽出方法があります。

そしてCBDアイテムを購入するときは、「CO2抽出」を使っているものがおすすめ。

なぜなら、もっともクオリティが高いからですね。

たとえば以下のようなCBDアイテムは、最新鋭のCO2抽出法を使ったものです。



これらのCBDはCO2抽出法で、
  • 不純物が入っていない
  • CBD純度が高い
  • CBDのはたらきを助けるテルペンがたっぷり入っている

という特徴を持っています。

これなら、CBD感もガッツリと感じることが可能です。

ただ、「高っけぇな!」と思った人も多いでしょう。

だとしたら、別なCBDの抽出方法を使ったものでもOK。


これなら1本たった3,000円前後と、まったく現実的な価格で手に入ります。
アルコール抽出法なので、一定の安全性とCBD感は保証されているので、問題ありません。

 

関連記事:CBDペンに効果はある? 使い方やおすすめを紹介

高品質のCBDやCBDオイルを見つける正しい選び方

選ぶ

抽出方法として、CO2抽出を使っているCBDアイテムはおすすめです。

ただしCBDを選ぶときにポイントになるのは、抽出方法だけではありません。

以下のようなポイントも、チェックしておくことが大切です。

  • 効き目を求めるならCBD濃度5%以上
  • 第三者機関の検査をクリアしている
  • オーガニック栽培されている
  • THCには要注意!
  • フルスペクトラムのものだとなおよし!

これらのポイントをチェックして、高品質なCBDアイテムをゲットしましょう!

効き目を求めるならCBD濃度5%以上

CBDにおいて、抽出方法はとても大切なポイントです。

しかし抽出方法よりも、何よりも大切なのはCBD濃度。

つまり何%CBDが入っているか、ということですね。

 

CBD濃度が高ければ高いほど、しっかりとしたCBD感を感じられます。

個人差はありますが、基本的に5%以上のCBD濃度は欲しいところです。

抽出方法よりもまずは、CBD濃度が5%以上かどうかをチェックしましょう。

第三者機関の検査をクリアしている

CBDの抽出方法とともに、「第三者機関の検査」をクリアしているかどうかもチェックしましょう。

CBDを販売するうえでは、いろんなルールがあります。

その中に、大学や分析機関などの第三者機関の検査というものがあるのです。

販売ページをよく読み、第三者機関の検査をクリアした証明書などがないか、きちんと確認しておきましょう。

ただしCO2抽出をはじめとした抽出方法ができるくらい、ちゃんとしているブランドなら、第三者機関の検査もきちんとクリアしているはずです。

オーガニック栽培されている

オーガニック栽培されているものなら、もっと安心できます。

できるだけオーガニック栽培されているものを選ぶようにしましょう。

オーガニックとは、つまり農薬などを使っていない状態のことですね。

 

CBDの抽出方法がいかにすぐれていても、農薬までは落とせないケースがあります。

CBDに限定した話ではありませんが、農薬というのはシャレにならないくらいヤバイものです。

体の中で蓄積され、将来的に大きな悪影響が出るかもしれません。

さらに自分の子世代、孫世代に悪い影響が引き継がれるケースもあります。

 

CBDを摂取するなら、リラックスや美容効果を求めている人も多いでしょうが、やはり健康への影響について考えるのも大切です。

とにかく安くて濃度が高いものを選べばよい、と言うわけでもありません。

CBDの抽出方法とともに、オーガニック栽培されているか確認しておきましょう。

THCには要注意!

CBDアイテムを選ぶとき、THCが入っているという問題には注意しましょう。

CBDアイテムは、いい加減な抽出方法で作られていると、日本では違法なTHCという成分が混ざっていたりします。

THCが入っているCBDを持っていると、ヘタすれば逮捕されるかもしれません。

 

かならず、THCフリーのものを選ぶようにしましょう。

ちなみに「THCが入っているかどうか」は、第三者機関の検査がクリアできていれば、問題ないと考えて問題ありません。

関連記事:大麻におけるTHCとCBDとはいったいなんなのか?  徹底解説します

フルスペクトラムのものだとなおよし!

CBDには、

  • フルスペクトラム
  • ブロードスペクトラム
  • アイソレート

など、いくつかの種類があります。

そしてえ、できればフルスペクトラムのものを選びましょう。

フルスペクトラムとは、「CBDの効き目を得るために必要な成分を、そのまま守った状態」という意味です。

つまりフルスペクトラムのCBDなら、より高い効果を期待できるわけですね。

フルスペクトラムCBDは、かつて高価だったのですが、最近ではかなり安くなっています。

抽出方法も見つつ、フルスペクトラムかどうかも確認しておきましょう。

関連記事:フルスペクトラムって違法じゃないの?ガッツリキマれる?

補足:副作用に注意しよう

というようにCBDには、抽出方法以外にも注目すべきポイントがあります。

しっかりとポイントをチェックして、高品質なCBDアイテムを見つけましょう。

ただしCBDについては、副作用に少しだけ注意が必要です。

医薬品を飲んだときほど大きな副作用があるわけではありません。

 

ただ、

  • 必要以上に眠くなってしまう
  • 倦怠感(だるさ)を感じる
  • 少し頭痛がする

といったことは、可能性として考えておく必要があります。

CBDにおける副作用は、抽出方法によってなくせるわけではありません。

何の抽出方法で作られたCBDを使うにしても、副作用は無関係ではないので、注意してください。

関連記事:CBDオイルって危険性のかたまり? やっぱり使うとまずい?

まとめ

CBD分析

CBDアイテムを作るうえでは、さまざまな抽出方法が使われています。

むずかしく聞こえるかもしれませんが、要するに大麻草からCBDを取り出すときに、

 

  • アルコールを使っているのか
  • CO2(二酸化炭素)を使っているのか
  • それとも、別のものを使っているのか

という話です。

 

そしてCBDアイテムを買う側としては、「CO2抽出」を抽出方法として採用しているものがおすすめです。

CO2を使った抽出方法は、もっともピュアなCBDを取り出せる方法。

さらに二酸化炭素しか使わないので、カラダにとってもたいへん安全です。

もちろん効き目についても、かなり期待できるでしょう。

 

昔はCO2抽出したCBDアイテムは高かったのですが、最近ではかなり安くなっています。

ぜひCO2抽出のCBDアイテムを探してみましょう。

もちろん、アルコールなどを使ったCBD抽出方法が、悪いわけではありません。

価格と相談して、フィットするCBDアイテムを使い続けることが大切です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる