すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

フルスペクトラムって違法じゃないの?ガッツリキマれる?

CBDアイテムには、「フルスペクトラム(Hull Spectrum)」と呼ばれるものがあります。

これは、「CBD以外の大麻成分も、いっさい取り除かず抽出した状態」という意味です。

当然、日本で禁止されているはずのTHC(テトラヒドロカンナビノール)も、一緒に入っています。

その背景を知っている人は、

  • 話を聞くかぎり、違法なんじゃないか?
  • フルスペクトラムはガッツリキマると聞いたけれど、本当か?
  • ブロードスペクトラムやアイソレートとの違いは何か?

といった疑問を持っている人も多いでしょう。

もし違法だとしたら、何かの間違いで逮捕されるのが怖いですね。

今回はフルスペクトラムについて詳しく解説するので、参考にしてください。

目次

フルスペクトラムって違法じゃないの?

結論から言うと、日本で手に入るフルスペクトラムのCBDアイテムは違法ではありません。

なぜなら、「フルスペクトラム」という言葉の定義が、海外と比較して異なるからです。

 

海外から持ち込まれた「Hul lSpectrum」の元々の意味は、「THCをはじめとした成分を含んでいる」というものです。

しかし日本における「フルスペクトラム」とは、「THCだけはちゃんと取り除いている状態」を指しているのです。

禁止されているTHCが入っていないのだから、当然ながら違法ではありません。

 

日本で出回っているフルスペクトラムのCBDは、ちゃんと違法性をクリアしています。

よほど怪しいメーカーから買っているなら別ですが、基本的に違法性を心配する必要はありません。

では、ブロードスペクトラムとは?

フルスペクトラムと同様に、ブロードスペクトラムという言葉も、よく聞かれます。

ブロードスペクトラムの定義は、はっきりとはしていません。

ただ、基本的には以下いずれかの意味で使われます。

 

  • THCだけを取り除いたCBDアイテム
  • CBDと何かしらの合法的な大麻成分を含んだCBDアイテム

 

少なくとも、「CBD以外にも大麻成分が何かしら入っている」のが、ブロードスペクトラムです。

大麻には、CBD以外にも、「CBDのはたらきを援助する成分」がさまざま含まれています。

つまりブロードスペクトラムやフルスペクトラムなら、CBDの効果をよりよく感じられる期待があるわけですね。

もちろんブロードスペクトラムには、THCは含まれていないので、違法性はありません。

関連記事:CBDが効かない!そんな時はブロードスペクトラムに注目

アイソレートは?

フルスペクトラムと同様に、アイソレートという用語も使われます。

アイソレートとは、「THC以外の成分を全部取り除いた状態」です。

アイソレートと書かれているCBDアイテムには、CBDしか入っていません。

もちろん日本におけるフルスペクトラムと同様、違法ではないので安心してください。

アイソレートのCBDアイテムは油に溶け込むので、料理などでも使われます。

フルスペクトラムが違法じゃない! 効果はガッツリキマれる?

日本に出回っているフルスペクトラムのCBDアイテムが、違法ではないことを解説しました。

もう一つの疑問として、「フルスペクトラムのCBDアイテムは、効果があるのか?」という点が挙げられます。

つまり「ガッツリキマるのか」ということですね。

 

結論から言うと、フルスペクトラムのCBDアイテムには、相当な効果を期待できるでしょう。

筆者もフルスペクトラムのCBDアイテムを使っていますが、効果はしっかりと感じられています。

絶対に「キマる」とまでは言いませんが、CBDの力を感じられるはずです。

アントラージュ効果で効き目アップ

違法でないフルスペクトラムに効果が期待できる理由は、「アントラージュ効果」にあります。

アントラージュ効果とは、一言で言えば「CBDと、CBD以外の大麻成分が組み合わせること」です。

相乗効果のことですね。

これにより、CBDの効果はグッと強まると言われています。

だからフルスペクトラムのCBDアイテムは、効果を期待できるわけですね。

(引用:Project CBD

フルスペクトラム初心者の人は、少しずつ使ったほうがよい

ただし、違法か合法か以前に、フルスペクトラム初心者の人は使い方に注意しましょう。

とにかくフルスペクトラムはもっとも強い影響が期待されるので、いきなりたくさん使うのはおすすめできません。

フルスペクトラムは違法じゃない、おすすめのCBDアイテムを解説

日本で手に入るフルスペクトラムは、違法ではありません。

ただし、いい加減なメーカーが作っているCBDアイテムは、法的に問題がある可能性も。

つまり、「まともで、有名なメーカー」から購入することが重要です。

たとえば下記のようなメーカーは高品質で安全なフルスペクトラムを販売しています。

AZTEC(アステカ)

AZTECは、ヨーロッパでもっとも人気の高いメーカーのひとつ。

英国で一番最初にフルスペクトラム製法を導入した、ある意味での「権威」とも呼ばれるブランドです。


農薬などをいっさい使わないオーガニックな大麻だけを使っており、安全性は抜群。

もちろん、税関へ成分表を提出しており、違法ではないフルスペクトラムであることが確認されています。

安全かつ効果を期待できるAZTECは、ぜひとも一度利用したいところ。

ちなみに全体的にパンチのあるフレーバーがそろっています。

+WEED(プラスウィード)

+WEEDは(プラスウィード)も、おすすめできるCBDメーカー。

ボブ・サップの広告で見かけたことがある人も、いるのではないでしょうか?



+WEEDは、たいへん貴重な日本発ブランド。

これだけでも、安心できるポイントだと言えるでしょう。

安全性については、日本食品分析センターで、分析試験成績書を取得しています。

CBD濃度50%にもおよぶ高濃度のフルスペクトラムも用意しており、効果という面ではもっとも期待できるブランドです。

PharmaHemp(ファーマヘンプ)

PharmaHemp(ファーマヘンプ)も、頼りになるCBDメーカーだと言えるでしょう。

1965年、スロベニアで設立されて現在まで業界の中心を担う、老舗ブランドです。


常に高品質かつ安全なCBDアイテムを送り出し、圧倒的な信頼を得ています。

古くから伝わる有機栽培農法で作られた、オーガニックなヘンプを使用。

安全性と合法性については、品質証明書などで確認されています。

補足:違法性のない安全なフルスペクトラムCBDアイテムの選び方とは?

違法性なフルスペクトラムかどうかを見分けることは、とても重要です。

先ほども触れましたが、いい加減なCBDメーカーのものは、いろんな意味で信頼できません。

見分けるには、以下のようなポイントをおさえておきましょう。

品質証明書や検査証明書があるか?

フルスペクトラムCBDが違法でないか、安全かを見分けるには、とにかくしかるべき書類が提出されているかが重要です。

つまり販売元が、

  • 品質証明書
  • 検査証明書
  • 食品等輸入届出書

などを提出しているか、確認しましょう。

これらの書類を提示していないメーカーからは、購入してはいけません。

どうしても心配ならアイソレートCBD

いくら「フルスペクトラムは違法ではない」と言っても、やはりどこかで不安を感じる人もいるでしょう。

しかしCBDアイテムは、フルスペクトラムのものしかないわけではありません。

「アイソレート」であれば、CBD以外のものは、絶対に入っていないわけです。


これなら違法性について心配せず、安心して利用できます。

違法性なしのフルスペクトラムは、一度でいいから試してみたい

先ほども少し触れましたが、筆者は違法性なしのフルスペクトラムのCBDリキッドを使ったことがあります。

先ほど紹介した「Pharma Hempプレミアムブラック」を、一時期使っていましたが、

  • すごくリラックスできる
  • 集中力が上がる
  • 不安が軽減される

といった効果が、控えめに言っても感じられました。

もちろん効果については、「絶対に出る」わけではありません。

まして、「確実にガッツリキマる」とも言えない部分はあります。

しかし筆者のようにフルスペクトラムCBDがフィットすれば、かなり満足できるでしょう。

関連記事:最強にキマる!CBDワックスランキング5選

まとめ:フルスペクトラムは違法ではないので安心して使おう

違法だと言われがちな、フルスペクトラム。

しかし日本で出回っている「フルスペクトラム」は、「違法なTHCだけは取り除かれている状態」という意味です。

つまり違法性はないので、安心してください。

 

フルスペクトラムは、CBDアイテムの中でもっとも効果を期待できるもの。

筆者もフルスペクトラムのCBDリキッドを吸ったことがありますが、ものすごくリラックスできました。

さらに集中力の高まりや、不安の低減も感じられました(あくまで個人の感想です)。

興味がある人は、ぜひ一度フルスペクトラムのCBDを使ってみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる