すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDオイルって危険性のかたまり? やっぱり使うとまずい?

最近になって、CBDオイルが当たり前に使われるようになりました。

特に若い女性にはたいへん人気で、健康・美容目的で幅広く愛用されています。


 

しかしCBDオイルについては、

  • 危険性があるのでは?
  • 中毒性や依存性があるのでは?

と思っている人も多いはずです。

そもそもCBDは大麻から作られるものなので、不安に思う部分もありますよね。

 

今回は、

  • CBDオイルの危険性やデメリット
  • CBDオイルのメリット
  • おすすめできるCBDオイル

について、詳しく解説します。

目次

CBDオイルの危険性は低いけれど、デメリットを知っておこう?

結論から言うと、CBDオイルの危険性は低いレベルと考えられるでしょう。

少なくとも、違法薬物のような中毒性や依存性はないし、大麻のようにハイになる効果もいっさいありません。

CBDの危険性については、WHOが以下のように発表しています。

 

  • CBDオイルに中毒性はなく、依存症になることはない
  • 国際的に規制する必要はない
  • 良好で安全な物質で、安心して使える

(参考文献:WHOカンナビジオール事前審査報告書

 

と言うようにWHO、つまり「国連」が、安心して利用できると報告しているわけです。

実際、英国や米国はWHOの報告を受けて、CBDオイルに対する規制を大幅に緩和しています。

また米国の食品医薬品局(FDA)は、CBDが含まれた医薬品を認可。

CBD研究の日本における第一人者、佐藤均昭和大学薬学部教授も、「適切に摂取すれば安全な成分」だと語ります。

むしろ、「不安低減」や「自律神経の調整」をはじめとした、健康的な効果ばかりが、各種論文で指摘されています。

危険性があるどころか、健康・美容などの効果を期待されています。

 

とにかくCBDオイルは、権威ある組織や人物が、安全性について認めているわけです。

CBDオイルを摂取して、大きな害をこうむることは、まずないと言えるでしょう。

 

ただし、CBDにも何ひとつ危険性がないわけではありません。

以下のようなデメリットと副作用については、理解しておく必要があるでしょう。

副作用として、頭痛があるかもしれない

CBDオイルを摂取した場合、副作用として頭痛があるかもしれません。

危険性というほどではありませんが、頭痛の副作用は、WHOが「薬との飲み合わせしだいでありうる」と報告しています。

ただ、CBDオイル単独で頭痛があるとは、あまり考えられていないようです。

一方、CBDによって「偏頭痛が緩和される」という報告もあります。

発がん性があるかもしれない

CBDオイルではなくCBDリキッドの場合、発がん性があるかもしれないと指摘されています。

発がん性は、大きな危険性のひとつとして捉える人が多いでしょう。

CBDリキッドの場合、特に「プロピレングリコール」という成分が危険性のある成分です。

プロピレングリコールは、加熱によって発がん性の高い「ホルムアルデヒトド」に変化します。

CBDオイルではなくCBDリキッドを使う場合、この危険性について知っておかなければいけません。

飲み合わせにも注意

CBDオイルについて絵は、薬との飲み合わせについて注意しなければいけません。

なぜならCBDオイルと薬において、「薬物間相互作用」を起こす可能性があるからです。

要するに、「飲み合わせが悪い」という危険性ですね。

先ほど触れたWHOによる報告では、「CBDと薬の飲み合わせると、副作用が起こるかもしれない」と語られています。

CBDの安全性を積極的に認めている報告でも、このことは指摘されているのです。

CBDオイルを使うなら、他の薬との飲み合わせる危険性について、知っておかなければいけません。

関連記事:絶対に触れてはいけない、CBDオイルの禁忌とは?

そもそもCBDオイルに含まれている成分とは? 危険性が高い?

そもそも、CBDオイルには何が含まれているのか、確認しておきましょう。

具体的には、以下のような成分が含まれています。

 

  • CBD
  • CBDを除く「カンナビノイド」
  • テルペン
  • キャリアオイル

 

いずれも、これといって危険性の高い成分ではないと考えられています。

特にCBDを除くカンナビノイドやテルペンは、CBDの効果をより強く引き出す(アントラージュ効果)。

 

キャリアオイルについてはオリーブオイルなどが使われているので、大麻や薬物のような症状を引き起こすものではありません。

むしろオリーブオイルなどは健康に貢献する成分を含まれているので、CBDオイルにおいて危険性というよりも好ましいものだと言えます。

もちろんCBDオイルのメリットにはメリットもある

ここまで、CBDオイルの危険性が、さほどでもないことを解説しました。

ネガティブな話ばかりしましたが、CBDオイルにはもちろんメリットもあります。

特に先述のWHOや佐藤均教授はじめ、あらゆる論文や報告では、以下のようなメリットがあると語られています。

  • 不安を低減させる
  • イライラをおさえる
  • 偏頭痛をおさえる
  • 疼痛をおさえる
  • 免疫機能の調整
  • 炎症をおさえる
  • てんかんをおさえる
  • 眠りの質を高めるetc…

 

というようにCBDオイルには危険性は元より、さまざまなメリットがあります。

関連記事:CBDオイルとは何か?秘められた効果や入手方法まで、詳しく解説します

参考文献:臨床CBDオイル研究会

危険性を理解したうえで、おすすめできるCBDオイル3選

ここまでの危険性を理解したうえで、おすすめできるCBDオイルがいくつかあります。

以下のようなCBDオイルは、きちんとしたメーカーから発売されており、安全性の高いものです。

そして効果のほども優れていると評価されているので、かなり期待できるでしょう。

関連記事:CBDオイルとは何か?秘められた効果や入手方法まで、詳しく解説します

Pharma Hemp CBDプレミアムブラックオイル(CBD濃度12%)


CBDオイルといえば、やはりPharma Hempのものがおすすめ。
Pharma Hempは、世界でもっとも有名なCBDメーカーのひとつです。
厳正な安全管理や、徹底した衛生対策により、安全性という面では世界で最も信頼されています。
さらにCBD濃度が12%と高く、効果のほどにもじゅうぶんな期待が持てるでしょう。

roun CBDオイル(CBD濃度5%)


rounのCBDオイルは、CBD濃度が5%と、かなり控えめなCBDオイル。
rounは、欧米ではもっとも安全なCBDメーカーとして認識されており、危険性を心配する必要性は、ほぼありません。
また、「濃度が高いと効果が強そうで怖い」という人にも、安心して使えるCBDオイルです。

CBDオイルでないならCBDグミがおすすめ


CBDオイルの危険性が気になるなら、CBDグミがおすすめ。
CBDグミは、お菓子感覚でCBDを摂取できるアイテムです。
CBDグミで筆者が得られた効果については、こちらで解説しているので、参考にしてください。

CBDを使ううえで、理解しておくべきこと

CBDオイルを使ううえでは、危険性というレベルではないものの、いくつか注意しておきたいことがあります。

特に以下のような点については、理解しておきましょう。

CBDオイルの効果は、個人差がある

CBDオイルにさまざまな効果やメリットがあるのは、各方面から指摘されていることです。

しかし、あらゆるものがそうであるようにCBDオイルの効果には個人差があります。

危険性は別にしても、「うまく効果が得られない」ということもあるのです。

 

もしCBDオイルの効果を得たいなら、CBD濃度が高いものを優先して選ぶのが大切。

特に15%以上のCBD濃度があれば、効果のほどにも期待できます。

ちゃんと安全なものを選ぶのが大切

CBDオイルは、基本的に安全なものですが、これは「正しく選んだ場合」です。

特に聞いたこともないようなメーカーの作っているCBDオイルは、危険性があると言えます。

先ほど触れたPharmaHempなどのように、すでに信頼を得ているメーカーから、選ぶようにしましょう。

薬にはならない

CBDオイルに、さまざまな効果が期待できるのは事実です。

そして、危険性も大麻ほどではありません。

ただしCBDオイルは、薬にはならないことに注意しましょう。

 

CBDには、たしかに「てんかん」や「アトピー」を治す力があると言われています。

米国ではCBDが、それらの治療薬として使われていますが、あくまでも「治療薬」として開発されているからこその話です。

市販のCBDオイルを飲んで危険性がないにしても、治療効果はあるとは言えません。

日本ではCBDが治療薬として認可されていないので、治療を目的とするなら、れっきとした診断と処方箋が必要です。

まとめ

cbd

CBDオイルの危険性は、WHOやFDA、あるいは専門家の意見によれば、決して高いものではありません。

 

少なくとも、CBDオイルを摂取したからといって、

  • 中毒・依存症になる
  • 体がボロボロになる
  • ハイになってぶっ飛ぶ

なんてことはあり得ません。

 

危険性については心配せず、CBDを使いましょう。

唯一注意するとすれば、「CBDと薬を飲み合わせてしまう」というケース。

この場合、薬物間相互作用によって、まだ発見されていない副作用が起こるかもしれません。

CBDオイルを摂取するときは、薬に対して変なシナジーを生み出す危険性に注意しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる