すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDは怖いもの? 依存症や中毒になったりするの?

最近では、男性も女性もCBDアイテムを当たり前に使うようになりました。

美容・睡眠・コンディション調整、あらゆる面でサポートしてくれるCBDは、今後もどんどん広がっていくでしょう。

 

とはいえ、

  • CBDって大麻由来の成分だし、怖い
  • 依存症や中毒になるんじゃないの?
  • そもそも違法では?

といった、ある意味で「怖い」気持ちを持っている人は多いでしょう。

本記事では、「CBDが怖いものなのかどうか?」という点について解説します。

目次

CBDの怖いもの?

大麻マーク

結論から言えば、CBDは「怖い」ものではありません。

なぜならCBDは、ものすごく人体に安全な成分だからです。

CBDを摂取したからといって、非合法な薬物のようなリスクはありません。

副作用は、まず考えられない

CBDについては、「副作用が怖い」と感じている人も多いのではないでしょうか?

結論から言えば、CBDに副作用はほとんどありません。

 

ごくまれに「体がだるくなる」などと言われますが、そういった報告はものすごく少ないのです。

あったとしても非常に軽い症状なので、大して心配いらないというのが大方の見解です。

依存症になる?

CBDは依存症になりそうだから怖い」という人もいます。

しかし、結論から言えばCBDを摂取したからといって、依存症になる可能性はほとんどありません。

もしCBDで依存症になるなら、今頃日本はCBD依存症患者だらけです。

 

筆者は、1日2粒しか食べてはいけないCBDfxグミを、1袋丸々食べたことがありました。

しかし、それでも依存症(を、はじめとした健康被害)は感じられないのを確認できています。

【吐く?】CBDグミを食べ過ぎると、何が起きるのか

CBDは違法で、捕まるかもしれない?

「CBDが怖い」という人の中には、「CBDは逮捕されるかもしれないから怖い」と感じているかもしれません。

しかし、結論から言えばそういった意味で「CBDが怖い」と考える必要はまったくないのです。

 

なぜなら、CBDは完全な合法だからです。

たしかにCBDは、日本では所持してはいけない大麻に由来した成分。

しかし日本で禁止されているのは「大麻やその樹脂などを”所有”すること」です。

つまり、大麻からの抽出物であるCBDを所有する法律なんて、日本には存在しません。

だから、CBDにおいて「違法性が怖い」という心配は必要ないのです。

【キマる?】CBDには、さまざまな効果とメリットがある! どんな感じになる?

元気そうな女の人

「CBDは怖い」という誤解が解けたところで、CBDのメリットや効果について触れていきましょう。

CBDへの誤解が解けた今、CBDのメリットや効果について知っておけば、なぜこれだけ流行しているのか理解できるはず。

CBDに興味を持っている人は、ぜひ参考にしてください。

気分をリフレッシュできる

CBDを吸ったところで「キマる」・「ハイになる」といった怖い効果はありません。

むしろCBDは、リラックスできて、気分をリフレッシュさせてくれます。

これは、CBDにおいてメインとも言える効果です。

イライラを解消できる

またCBDには、イライラを解消する効果もあります。

特に仕事や対人関係からくるイライラへ対処できるのは、大きなポイントだと言えるでしょう。

イライラしすぎて、コルチゾールを出して、肌を荒らすことのほうが怖いものです。

美容効果が期待できる

CBDには、美容効果があるという見方が強くなっています。

後述するCBDクリームなどは、スキンケアにぴったり。

これはCBDが、ECSという人体の特性が、正しく機能することにより起こると考えられています。

理屈の部分をより深く知りたいなら、誰にとっても重大! カンナビノイド欠乏症とは?

を、参考にしてください。

集中力・記憶力がアップする

CBDには、集中力や記憶力をアップさせる効果も期待できます。

ちなみに筆者は、集中力を保つ目的でCBDグミを摂取しています。

また今までの使用歴の中で、CBDによって怖い効果を感じたことは一度もありません。

心地よい睡眠がもたらされる

また、CBDなら心地よい睡眠も期待できます。

たとえば、

 

  • 目覚めが良くなる
  • 睡眠が深くなる
  • 結果としてやや短眠に近づく

 

といった効果が得られるかもしれません。

眠りの質が下がるのは怖いものなので、ぜひともCBDで睡眠を向上させましょう。

【美容・健康をサポート】怖い気持ちがなくなったら、CBDアイテムを試してみよう!

ここまで、

  • CBDが怖いものではないこと
  • CBDには多くのメリットがあること

といった点について解説しました。

 

CBDに対する「怖い」という気持ちが解消されたなら、ぜひ一度試してみましょう。

今回は、グッと安いプライスになっているCBDアイテムを紹介します。

CBDfx:CBDクリーム


美容効果を期待している人には、CBDクリームをおすすめしています。
CBDクリームとは、一言で言えばCBD入りの美容クリームです。
特にCBDfxのプロダクトは、日本でもっともよく知られています。
カミツレ油などの各種オイルをベースにCBDが含まれており、美容クリームとしては非常に頼れる存在。
また、シアバターや月見草などもふんだんに含まれています。
フレーバーはカモミールやラベンダーなど、たいへん心地よいものが揃っています。
CBDクリームを探しているなら、まずはCBDfxあたりから入ってみましょう。

CBD「クリーム」って何? 食べるもの? 塗るもの?

AZTEC(アステカ):CBDペン


また、CBDペンもかなりおすすめできるアイテムです。
CBDペンとは、筆記用具ではありません。
ペンの形をしたヴェポライザー、つまり「電子タバコ」のようなものだと考えてください。
AZTECのものは、ただ口を吸うだけでCBDが摂取できる、とてもお手軽なアイテム。
CBDヴェポライザーなどと違い、いちいちCBDリキッドを注ぎ足したりする必要がありません。
初心者にとっては、ものすごくとっつきやすいアイテムです。

しいて言うなら、CBDの怖いところは4つ

RISK

とはいえ、それでも「CBDは怖い感じがするな」と考えている人もいるでしょう。

先ほど、「ほんのわずかに怖いことがあるかもしれない」と解説しました。

あまり気にする必要はありませんが、以下の部分は、「怖い」とは言わないまでも「やっかい」だとは感じるかもしれません。

急に眠くなることがある

CBDが怖いと言われる理由として、「急に眠くなることがある」点が挙げられるでしょう。

先ほど触れましたが、CBDは心地よい睡眠をもたらすことがあります。

 

そしてその効果が夜寝る時ではなく、とつぜん訪れるケースもある様子。

つまり、運転前などにCBDを摂取すると、怖い思いをするかもしれません。

過集中してしまうことがある

また、CBDのせいで過集中してしまうのも、怖いところ言えるかもしれません。

過集中とは、簡単に言えば「時間を忘れて集中してしまう」というようなことです。

 

誰でも、「気づいたら4時間ぶっとおしでソシャゲをしていた」なんて経験がある人もいるのではないでしょうか?

もしかしたら、こういった過集中の現象が起こるかもしれません。

薬と合わせるな

上記までの点は、「CBDの怖い部分」といえども、あまり実害がでない部分です。

CBD単体で怖いことは少ないですが、絶対に薬と合わせてはいけません。

なぜならCBDと薬が一緒になると、予想だにしない副作用がもたらされるかもしれないから。

 

普通の薬でも、処方箋を見ると「この薬はアルコールや何やらと合わせるなよ」と書いてあったりします。

そして、CBDにも同様の注意が必要です。

 

また、一部の(ちょっとワルいタイプの)ラッパーは「処方された薬とアルコールを同時に摂取する」なんてことをしています。

これはコカインのような酩酊効果を求めるもので、一般人レベルで言うと「ものすごく怖いこと」なのです。

 

つまりCBDと薬を同時に摂取すると、ものすごく怖い効果が現れるかもしれません。

絶対にCBDと薬を合わせないように注意しましょう。

まとめ:CBDが怖いというのは、ちょっと考えすぎ

ハートマーク

CBDについては、大麻由来の成分であることから、

 

  • ハイになったりするんじゃないか
  • 依存症になるのでは
  • そもそも逮捕されるのではないか

 

といった怖い想像を持ってしまう人がいます。

しかし、結論から言えばCBDが怖いというのは、考えすぎたと言えるでしょう。

ハイにもならないし、依存症になることもほとんどありません。

ましてや、CBDは規制されている成分ではないので、逮捕される可能性などあるはずもないのです。

 

よってCBDは怖いものではないので、安心してください。

それよりもむしろ、CBDのもたらすメリットや効果について注目しましょう。

CBDなら、美容・睡眠・コンディション調整、あらゆる面で大きな効果が期待できます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる