すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

舐達麻逮捕! 大麻栽培してた? バダサイはなぜ捕まらない?

2021年4月16日、「舐達麻」のメンバー2名を含む男女7名が逮捕されるという、とんでもないニュースが飛び込んできました。

人気絶頂にあった舐達麻のメンバーが逮捕されたことには、驚きを隠せなかった人も多いでしょう。

 

本記事では、

  • 舐達麻のメンバーが逮捕された経緯
  • 大麻栽培をやっていたのかどうか
  • なぜバダサイだけは逮捕を免れているのか
  • 他のラッパーたちの大麻事情

 

などについて、詳しく解説します。

目次

【実名あり】舐達麻のメンバーが逮捕!大麻栽培やってた?

今回逮捕されてしまったのは、

  • GPLANTS(ジープランツ)<本多勇翔>
    DELTA9KID(デルタナインキッド)<広井大輔>
  • の二人。

 

今やHIPHOPの世界では、知らない人はいないほどのビッグネームです。

逮捕の要件としては、両方とも自宅で乾燥大麻を所持していたということでした。

また、大麻クッキーなども所有していたとのこと。

 

どうやってその事実がめくれたかは分かりませんが、不良の世界にありがちな対立が原因で「ハメられた」「チクれられた」といった噂も立っています。

大麻栽培はやってたの?

今回逮捕された二人には、「付き人に対して、大麻栽培や大麻クッキーの製造・販売を支持していた」という疑いもかかっているそうです。

だから、舐達麻の二人が大麻栽培をやっている可能性はあります。

ただしあくまでも「疑い」のレベルであり、裁判で結果が出るまではなんとも言えません。

 

ただ、Twitterでは以下のようなコメントも見受けられました。

栽培

舐達麻の大麻に対する情熱は、農家そのものとも言われているそうです。

なんで、バダサイ(BADASAIIKUSH)だけは捕まっていない?

大麻栽培はさておき、舐達麻メンバーの一員であるバダサイだけは、逮捕されていません。

捕まってほしい、とかそういうことでなく、「なんで彼は捕まらないんだろう?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

一緒に大麻を吸ったり、大麻栽培したりしていてもおかしくないですよね。

 

どうやらバダサイは、自分で大麻を所持しないというスタンスを取っていたようです。

真偽は不明ですが、Kenny Gとのビーフで「バダサイは大麻をG-PlantsとDELTA9KIDに持ってもらってる」という話もありました。

 

バダサイは過去、大麻所持で逮捕されている経緯があります。

この時の経験を活かして、所持しないようにしていたのかもしれません。

DELTA9KIDの過去と、裁判の行方

ところでDELTA9KIDは、2018年にも大麻で逮捕された経緯があります。

さらに2009年には、バダサイとともに金庫荒らしで失敗し、少年院に入ったことも。

 

彼らは「警備会社が到着する1分45秒までに金庫が開けなければ逃げる」というルールを敷いていました。

しかし、いつしかそのルールを放棄した結果、逮捕に至ったそうです。

 

DELTA9KIDは、今回で都合三回目の逮捕となるはずです。

なんとなく実刑になりそうな感じもしますが、少なくとも現時点では釈放されている様子です。

釈放

(引用:Instagram

上記はバダサイによる、2021年5月4日、つまりDELTA9KIDが逮捕された後の投稿。

DELTA9KIDが映っているので、釈放されたと見て問題ないでしょう。

 

ちなみに、G-PLANTSのほうは姿を表しておらず、釈放されていない可能性があります。

大麻栽培は微妙。というか、舐達麻ってどんな人たち?

今回の報道で、舐達麻を初めて知った人も多いでしょう。

彼らは3MC’sのHIPHOPクルーであり、「MSC(漢さんの率いる伝説のグループの再来」と言われるほどの人気を誇ります。

アンダーグラウンドな人たちなので世間一般ではあまり見かけられません。

しかしアンダーグラウンドでは、「知らない人なんていない」と言われるくらいの知名度を持っています。

 

大麻所持、大麻栽培として、舐達麻がクソほどかっこいいのは事実です。

音源はもとよりHIP-HOPでの成功を具現化したような人たちで、触発される部分もあるのではないでしょうか?

舐達麻のマネで大麻栽培はもってのほか!CBDを楽しもう!

これだけクソほどかっこいい舐達麻なので、マネしたいと思っている人も多いでしょう。

しかし、舐達麻のマネをしていると、同じように警察に逮捕されることもあります。

彼らはHIPHOPの世界で生きていく決意を固めている集団なので、大麻所持・大麻栽培で逮捕されても痛くはありません。

しかし、ほとんどの人は、表の社会で生きていくわけで、基本的に逮捕されると終わりです。

 

それでも大麻を楽しみたいと思うなら、各種CBDアイテムを楽しみましょう。

ホンチャンの大麻を吸いたいなら、カナダ全域やアムステルダムなど、「吸っても良い場所」へいって体験しましょう。

CBDペン

一番のおすすめは、CBDペン。
これは、使い捨てタイプで、オイルやリキッドなどを一切補充することなく気軽に使えるアイテムです。
とりあえず初心者はCBDペンから入れば問題ありません。
こちらのものは見た目もオシャレなので、吸っているだけでカッコイイです。
慣れてきたら、あるいは物足りなくなったら、CBDリキッドやヴェポライザーへ移行するのがおすすめ。

CBD:CBDヴェポライザー


ちなみにCBDリキッドを吸うなら、CBDヴェポライザーも必要です。
CBDヴェポライザーとは、CBDリキッドを蒸気にして、ジョイントみたいに吸うためのアイテム。
これがないと、CBDによる喫煙体験は始まりません(ペンは別として)。
CBDヴェポライザーはバカみたいに高いものもありますが、こちらのプロダクトは鬼安いのでおすすめです。
CBDリキッドについては、以下を参考にしてみてください。

CBDクリスタル


はっきりとした効果を感じたいなら、CBDクリスタルがおすすめ。

CBDクリスタルとは、CBDを結晶化させたもの。

CBDそのもの、つまり純度は限りなく100%に近い強烈なパンチのアイテムです。

純度が高いアイテムはたいへん貴重なので、よく覚えておいてくださいい。

 

クリスタルも、CBDヴェポライザーで炙って吸うのが主流。

CBDに慣れてきたら、ぜひ一度試してみてください。

舐達麻以外の大麻愛好者ラッパーは、なぜ逮捕されないの?

ラッパー

正直な話、HIPHOPシーンで活躍している人の多くは、大麻を吸うか、大麻栽培しています。

何も舐達麻だけがやっているわけではありません。

 

だから、彼らだけが逮捕されているのは不公平かつ不愉快な話です

楽曲で「420(大麻の意味)がどーのこーの」と言っているラッパーは、だいたい吸っています。

 

バトルで「俺は大麻でフライアウェイ、昨日もバッツを砕いたぜ」とか言っている人も同様です。

実際、RAWAXXX(mol53)も、大麻でしょっぴかれて大会を自体するということもありました。

 

しかし、明確な事例といえばRAWAXXXくらいのもので、他のラッパーはあまり逮捕されません。

これは、「大麻所持の立件がクソむずかしい」という背景があります。

 

大麻は、使用していただけでは違法にはなりません。

舐達麻と同じように逮捕するなら、「大麻栽培の現場か、大麻所持のタイミング」をとっ捕まえるしか無いのです。

そして警察もヒマではなく、相当なビッグネームが容疑者でないと、基本的には動きません。

だから、彼らはリリックで大麻の使用を匂わせている(というか断言している)のに、逮捕されないわけです。

【大麻栽培・所持etc…】舐達麻以外で、やばいラッパーのエピソード

大麻

HIPHOPアーティストが「大麻をやっている、やっていない」という話には、多くの人が興味を持っているでしょう。

実際、YouTubeでチェックできるバトルMCとして活躍している人の中にも吸っている人はバンバンいるし、具体的にそのエピソードを語る人もいます。

特にSILENT KILLA JOINTのエピソードがエグすぎました。

バカみたいな量の大麻を持ち歩いたりして、ヒヤヒヤしたことがあるようです。

呂布カルマのトークからも、だいたいラッパーの大麻事情は理解できるでしょう。

まとめ:舐達麻

大麻2

圧倒的な人気を誇っていた舐達麻でしたが、やはり大麻への愛情は強すぎたようです。

それが彼らの魅力ではありますが…

 

今回は残念ながらバダサイ以外が逮捕されてるという、ちょっとショッキングな状態になりました。

DELTA9KIDは帰ってきましたが、G-PLANTSも、実刑ではなく執行猶予か不起訴で、早期に戻ってきて欲しいところです。

 

最終的に言いたいのは、「とっとと合法化しろ」という話ですね。

つまらない利権を守るために彼らのような才能が逮捕されるのは、本当におかしな話です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる