すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

【2021年度最新版!】CBDデバイスおすすめTOP5

最近では、CBDヴェポイライザー(デバイス)でCBDを楽しむことが当たり前になってきました。

そして2021年現在、新型のデバイス(VAPE・電子タバコ)も次々と登場しています。

CBDデバイスは毎年ものすごく進化しているので、最新式のものをゲットすることはとても重要です。

 

とはいえ、

  • どのデバイスを選べばよいかわからない
  • おすすめのデバイスを知りたい
  • 選び方で重要なポイントを知りたい
  • 最新型デバイスについて知りたい

と思っている人も多いでしょう。

 

本記事では、2021年最新版でCBDデバイスのおすすめや選び方を詳しく解説します。

なかなか最新式については、情報が出回らないんですよね。

良質なCBDデバイスをゲットしたい人は、ぜひ参考にしてください。

目次

CBDデバイスの選び方

CBDデバイス

まずは、CBDデバイスの選び方をおさえていきましょう。

ちなみに、下記の記事も参考になります。

関連記事:【キマる】CBDの必需品、電子タバコ(VAPE)とは?【爆煙】

価格

なんだかんだ言っても、価格は重要です。

ただし、これは「安ければよい」わけではありません。

CBDデバイスだけは、ややお金を出してでもよいものを購入したほうがよいでしょう。

 

なぜならCBDデバイスは、購入してからずっと使い続けるものだから(使い捨てタイプを除く)。

CBDデバイスが低品質なものだと、CBDリキッドの喫味も悪い状態が続きます。

だからこそ、CBDデバイスは、ある程度お金を出して良質なものを確保することが重要です。

 

とはいえ、何も数万円出さなければいけないわけではありません。

高くても10,000円台、あるいは5,000円前後でも手に入れられます。

使いやすさ

また、使いやすさについても調べておく必要があるでしょう。

CBDデバイスの使いやすさは、種類によってかなり違いがあります。

 

似たようなところで、調整機能についてもチェックしましょう。

CBDデバイスには、電力を調整する能力があります。

 

これをワッテージと呼びます。

ワッテージはできるだけ細かく調整できるものをおすすめ。

調整機能が貧弱だと、後悔するかもしれません。

 

なぜなら、

  • 煙の量がうまく減らせない
  • 電力が高すぎて、煙がやたらと熱い
  • アタック感や体感性(吸っているという実感が得られにくい)

といった問題が起こるかもしれないからです。

 

できる限り、細かな調整が効かせられるものをチョイスしましょう。

とはいえ調整機能についてはまだまだ研究・開発段階であるため、すぐれたデバイスが少ないのが実情だったりします。

タイプ

CBDデバイスには、

  • カートリッジ交換式
  • 使い捨て式
  • リキッド充填式

の3種類が存在します。

 

カートリッジ交換式とは、専用のカートリッジがあって、それを使い続けるCBDデバイスです。

リキッド充填式は、リキッドを適宜継ぎ足していくタイプ。

 

使い捨ては、そのままですね。

充填や補充をする能力はなく、吸い終わったらおしまいのCBDデバイスです。

できれば、バッテリータイプもチェックするようにしましょう。

 

基本的に使いやすさの順番としては、

使い捨て>カートリッジ交換式>リキッド充填式

という順番になっています。

ただし、使いやすい方になると価格が高くなる、コスパが落ちるといった側面も否めません。

このあたりは、お財布との兼ね合いになりそうです。

 

ちなみに、形状でも分類されています。

  • PENN
  • スティック
  • POD
  • BOX

基本的に形状で、CBDリキッドの喫味が大きく変わるわけではありません。

せいぜい手入れの頻度が少し異なる程度です。

この辺りは、見た目で選んでしまってもよいでしょう。

一般的なのは、BOXタイプだと考えて問題ありません。

関連記事:【キマる】CBDの必需品、電子タバコ(VAPE)とは?【爆煙】

バッテリーが交換できるか?

CBDデバイスを購入すなら、バッテリーが交換できるかもチェックしておきましょう。

バッテリーが交換できない場合、「新しいものを買い直し」という、面倒なパターンが待っているかもしれません。

バッテリーが容易に交換できる、あるいは修理サポートできる場合、新品を購入する必要はないわけです。

2021年度最新版! おすすめCBDデバイスランキングBEST5

上記のポイントをおさえておけば、基本的にCBDデバイス選びで失敗することはありません。

逆に言うと、上記から選び方が逸れてくると大失敗すること必至なので、注意してください。

 

とはいえ、

  • 「そんなこと言われても選び方がわからない」
  • 「知識が足りなくて、ちゃんと選べそうにない
  • 「探すのが面倒くさい」

 

と、感じている人も多いでしょう。

下記では、買っても後悔することのないおすすめなCBDデバイスについて紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

1位:Eleaf(イーリーフ) iStick Pico


  • 機能性:★★★★★
  • 手軽さ:★★★★★
  • 持ち運びやすさ:★★★★★
  • コスパ:★★★★★
  • デザイン性:★★★★★

1位に輝いたのは、本メディアでも何度も紹介しているEleafでした。

本メディア経由でもっとも購入されている経緯のあるCBDデバイスです。

Eleafの魅力は、やはり圧倒的な安さ、そしてそれに対して不釣り合いなほどの機能性にあります。

 

ワッテージは1〜200Wで調整可能。

温度レンジは100度から315度までと幅広くなっています。

 

デザイン性が高いのも特徴。

Eleafは自分好みのデザインにカスタマイズできる余地があり、ファッション性も抜群です。

今のところ、間違いなく最強のCBDデバイスだと言えるでしょう。

ぜひとも一度はELeafのCBDデバイスを使って欲しいところです。

2位:CANNERGY(カナジー) CG1


  • 機能性:★★★★☆
  • 手軽さ:★★★★★
  • 持ち運びやすさ:★★★★★
  • コスパ:★★★★☆
  • デザイン性:★★★★☆

2位では、CANNERGYのヴェポライザーをおすすめします。

CANNERGYのヴェポライザーは、シンプルでスタイリッシュなデザインです。

 

バッテリーは400mlで、フル充電すれば2日間使い続けられます。

二重の液漏れ防止機構も仕込まれており、トラブルは起きづらいでしょう。

サイズ感も小さく、重量はわずか27gと比較的軽量です。

 

6ヶ月間の品質保証がついているのもメリット。

3位 CHILLAXY CBD VAPE(チラクシー)


  • 機能性:★★★★☆
  • 手軽さ:★★★★☆
  • 持ち運びやすさ:★★★★☆
  • コスパ:★★★★☆
  • デザイン性:★★★★☆

CHILLAXYのプロダクトも、かなり優秀なCBDデバイスです。

非常にシンプルな温度設定機能と、ポケットにスッとおさまるコンパクトさが魅力。

また液漏れを防ぐ機構もあり、リキッドを無駄にしません。

スイッチの入れ方は、ただマウスピースから吸引するだけ。

これだけでスイッチが入るのは、使えば使うほど便利さを感じられるポイントです。

4位:Airis Tripod


機能性:★★★★★

手軽さ:★★★★☆

持ち運びやすさ:★★★★☆

コスパ:★★★★☆

デザイン性:★★★★★

Airis Tripodも、おすすめできるアイテムです。

丸っこくて可愛らしいデザインが、非常に魅力的。

 

カートリッジは3Way対応。

つまりリキッドだけではなく、ワックスと高濃度リキッドにも対応しています。

 

独自技術Qcellにより、CBDを効率的に燃焼させます。

つまりCBDを無駄に空気中へ放出せず、コスパよく吸引できるわけです。

リキッドを無駄にしたくない人は、ぜひ上記のCBDデバイスを試してみて下さい。

5位:AIRISTECH (アイリステック)VERTEX


機能性:★★★☆☆

手軽さ:★★★★★

持ち運びやすさ:★★★★★

コスパ:★★★★☆

デザイン性:★★★★★

 

5位では、AILISTECHのものをおすすめします。

いわゆるCBDペンに近い、かなりファッショナブルなCBDデバイス。

オシャレさも追求したいユーザーには、かなりフィットするでしょう。

価格も2,180円と、かなり手頃です。

あまりお金をかけたくないと考えている人には、特別おすすめできます。

まとめ:

CBDを吸う

CBDデバイスによって、CBDリキッドの喫煙の楽しさは、いくらでも変化します。

CBDデバイスを変えた途端、まったくもって新しい体験がもたらされるというのは、よくあることです。

今使っているCBDデバイスに満足できていないなら、本記事で紹介したものを試してみて下さい。

関連記事:【ほぼ確でむせない!】CBDリキッドでむせるのを防ぐ方法

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる