すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBD炭酸水、ドリンクとは? 爽快感とCBDの効果を楽しもう

CBD炭酸水ってなんだろう?」と、思っている人は多いのではないでしょうか?

最近になって、誰でもCBDアイテムを入手できる時代となりました。

 

ひと昔前はCBDも貴重な存在だったので、便利な世の中になったものです。

そんな中、「CBD炭酸水」という新しいアイテムも、見掛けられるようになりました。

 

本記事では、

  • CBD炭酸水とは?
  • おすすめできるCBD炭酸水とドリンク
  • CBD炭酸水のメリットや注意点

 

などについて、詳しく解説します。

本記事を読めば、CBD炭酸水、あるいはCBDの魅力や意味がよくわかるはずです。

目次

CBD炭酸水(スパークリング)&ドリンクとは

炭酸水2

CBD炭酸水とは、炭酸水に大麻由来の成分であるCBDをミックスした、特別なドリンクのこと。

CBDの効果を、炭酸水のさわやかさとともに楽しめる、たいへん貴重なアイテムです。

CBDが入っているにもかかわらず、大麻特有の青臭さや渋みがなく、ウィルキンソン感覚で飲めます。

また多くの場合は(三ツ矢サイダーと同じ)”純水仕上げ”であり、余計な添加物はどはいっさい入っていません。

CBD炭酸水はコスパ悪い? 価格は高いの?

CBD炭酸のコスパや価格について解説します。

一言で言うと、「ちょっとだけ高いけれど、結局コスパはよいのでお得」といったところです。

500ml/1,200円〜1,500円くらいが、CBD炭酸水の相場。

 

ただしCBD炭酸水は、開けて一気飲みするものではありません。

毎日100mlくらい、少しずつ飲んでいくものです。

 

そう考えれば1日200円くらいなので、無茶なコスパでは無いでしょう。

あんまり少しずつだと炭酸が抜けていくので注意してください。

そもそも、CBDとは?

CBD炭酸水の前に、CBDが何かわからないという人も多いはず。

「何をそんなCBDで、みんな騒いでいるのだろう」と感じている人も多いでしょう。

CBDは、大麻草に含まれている”天然化合物”の一種です。

正式には、カンナビジオールと呼ばれます。

法律的に禁止されているTHC(テトラヒドロカンナノール)とはまったく違うもので、「精神的にぶっとぶ」ということはあり得ません。

CBD炭酸水、もといCBDには、以下のような効果が期待されます。

  • リラックスできる
  • 肌の調子を整える
  • 不安やイライラをおさえる
  • 自律神経を整える
  • 集中力を高める
  • 睡眠の質を高める
  • 入眠しやすくなる

こういった効果が認められ、CBDは現在において、食品や医療、あるいは美容といった範囲で、急速に普及しています。

「大麻は危ない」という誤解をクリアした、次世代の栄養成分だと言えるでしょう。

 

ちなみにCBDは違法ではないので、安心してください。

禁止されているのはTHCが含まれている大麻そのものです。

 

また、依存性や健康被害などを心配する人もいるでしょう。

しかしCBDには、依存性や健康への悪影響はほとんどありません。

これは、国連、つまりWHOによっても証明されています。

よって、CBDが体に悪いことを心配する必要はほぼありません。

おすすめのCBD炭酸水(スパークリング)&ドリンク3選

CBD炭酸水に興味を持っている人も多いでしょう。

しかし、

 

  • CBD炭酸水がどこで手に入るかわからない
  • 何を選べばよいかわからない
  • 怪しいメーカーのものは掴みたくない

 

という部分も、きっとあるはずです。

下記では、信頼できるメーカーのCBD炭酸水について紹介するので、参考にしてください。

①CANOVYウォーター

CBD炭酸水といえば、CANOVYウォーターがおすすめ。
今現在、もっとも日本で知名度が高いCBD炭酸水です。
完全国内生産で、安全性はピカイチ。
特殊な製法によりCBDの匂いを完全におさえられているので、飲み心地にもすぐれています。
濃度99%の24mgのCBDを配合しており、甘味料や香料はいっさいなし。
1本あたり1,000円ほどと値段も安く、CBD炭酸水の中では最もお勧めできます。

PRIORITY(プライオリティ)CBD sparklingウォーター

こちらのCBD炭酸水も有名ですね。
純度100%に近いCBDを24mg配合しており、しっかりとした濃度、及び効果が期待できます。
もっとも大麻の研究が進んでいるスイスで製造されているものであり、品質は抜群。
また第三者による安全検査なども徹底して実施されているので、かなり安心できます。
またCBD炭酸水にしては珍しく、
  • ビールフレーバー
  • ハイボールフレバー
がラインナップされているのもポイント。
「ただの水じゃイヤ」という人にも、かなりおすすめできるプロダクトです。

もちろん純水仕立てであり、不純物がなく、ピュアなCBDを摂取するうえでとても役立ちます。

注目度は非常に高く、リンク先のとおり女性誌で特集が組まれたことも。

是非ともブームに乗っかりたいところです。

なぜCBD炭酸水が注目されるのか?そのメリット3つ

炭酸水とストロー

CBD炭酸水は、医療や美容、健康やリラックスといったあらゆる部分において、世界中で注目されています。

なぜここまで注目されているのか、不思議に思っている人も多いでしょう。

その理由としては、以下3点が挙げられます。

 

  • おいしい
  • 煙を吸わなくてもよい
  • CBDを摂取するのがとてもカンタン

 

それぞれについて、下記で詳しく解説します。

おいしい

まず、CBD炭酸水はおいしいのがメリットです。

炭酸によってCBDの青臭い匂いは隠され、同時に爽快感が得られます。

またCBDグミのようなお菓子とは違ってカロリーやその他成分もなく、ピュアなバランスなのもポイントです。

煙を吸わなくてもよい

CBD炭酸水は、「煙を吸わなくてもCBDが摂取できる」というのがポイント。

CBDについては、ペンやリキッドなど、「あたためて煙にして吸い込む」摂取方法が、今のところ主流です。

 

タバコや(こっそり)大麻を吸っている人は、それで問題ありません。

しかし、特に女性はそもそもタバコを吸わず、「煙はイヤ」ということも多いはずです。

 

しかしCBD炭酸水なら、けむたい思いをすることもなく、さわやかにCBDを摂取できます。

CBDを煙で吸うと渋みやエグみを感じることもありますが、CBD炭酸水にはそういったこともありません。

また、食事と合わせてウィルキンソン感覚で楽しむことも可能です。

CBDを摂取するのがとてもカンタン

CBD炭酸水は、「CBDの摂取がとてもカンタン」というメリットも持っています。

CBDを摂取するには、

 

  • CBDリキッドを効かさせる
  • いちいちヴェポライザーの出力を調整しないといけない
  • 計量しないといけない

 

といった面倒があったりします。

これが苦痛だったり懸念だったりで、CBDを習慣として取り入れられない人は多いもの。

また、「せっかく買ったもののめんどくさくて使ってない」というパターンもあります。

 

しかしCBD炭酸水の場合は、ただ飲むだけ。

今のところ、もっとも手軽にCBDを摂取できる方法だといえます。

CBD炭酸水の注意点とデメリット

金色の炭酸水

ただしCBD炭酸水には、当然ながら悪いこともあります。

  • お酒と混ぜるなキケン
  • まだ数が少ない

上記二点について、詳しく解説します。

お酒と混ぜるなキケン

CBD炭酸水は、お酒と混ぜてはいけません。

なぜなら、CBDとアルコールが組み合わさるのは、危険だからです。

CBDとアルコールが混ざっても人体に影響はないか、まだはっきりとしていません。

もしかしたら想像にもよらない、とんでもない悪影響が出るかもしれないのです。

 

炭酸水なので、ついついレモンベースのカクテルと混ぜてみたくなります。

しかしCBD炭酸水とお酒の組み合わせだけは、絶対にやってはいけません。

まだ数が少ない

CBD炭酸水は、まだ数が少ないのもデメリット。

CBDアイテムの定番と言えば、

  • リキッド
  • ペン
  • オイル

などで、炭酸水はまだそのレベルではありません。

 

リキッドなどのアイテムは(ようやく)ラインナップが出揃い、消費者にも選ぶ権利が与えられました。

しかしCBD炭酸水はまだまだ始まったばかりのバリエーション。

 

だからラインナップが貧相で、(少なくとも日本では)あまり選択の余地はありません。

このあたりについては、CBD炭酸水およびドリンクの普及が待たれるところです。

CBD炭酸水以外のおすすめアイテム3選

CBD炭酸水とドリンクについて、ここまで詳しく解説しました。

しかし、読んだうえで「CBD炭酸水はピンと来ないなー」という人もいるでしょう。

だとしたら、以下のようなアイテムがおすすめです。

 

  • CBDオイル
  • CBDペン
  • CBDグミ

 

これなら、CBD炭酸水とはまた違って使い勝手で、気軽にコスパ良くCBDを摂取できます。

CBD炭酸水がマッチしない人は、こういったところもチェックしておくと、CBDを習慣化しやすいでしょう。

CBDオイル:AZTEC(アステカ)

CBDオイルなら、AZTEC(アステカ)のものがおすすめ。
AZTECは、CBDオイルにおいて2010年代から人気を保ち続けている老舗ブランドです。
各種ECサイトでは常に上位を独占し、CBDオイルといえばAZTEC、という空気すら漂っています。
今回紹介しているのは、CBD濃度5%と、初心者向けの薄味なタイプ。
とはいえ効果や吸いごたえはじゅうぶんに期待でき、パンチあるCBD体験が楽しめるでしょう。
CBDの効果をより発揮できるフルスペクトラム仕様であり、とにかく優秀な出来栄え。
本格的にCBDを楽しみたい人には、かなりおすすめです。
ぜひ一度、試してみてください。

CBDペン:Allo Vapor CBDミントフレーバー

CBD炭酸水がピンとこないなら、CBDペンをおすすめします。

CBDペンとは、一言で言えば「スイッチを入れるだけ吸える、使い捨て」というアイテム。

リキッドなどを補充する手間はなく、アイコスなどと同じ感覚で楽しめます。

さらに吸い終わったら捨てられるので、たいへん便利です。

 

Allo VaporのものはCBDがたっぷり100mg入っており、1本あたり300回パフ(吸引)できます。

今回の場合だと1本あたり733円から購入可能。

いきなり高額を出したくない初心者にも、おすすめできるアイテムです。

CBDグミ:CBDfx

CBDグミなら、やはりCBDfxのものをおすすめします。
CBDfxのグミは、一粒あたり25mgのCBDを配合した、パンチあるプロダクトです。
もちろん効果の方は抜群で、リラックスや集中力といった部分が期待できるでしょう。
味もよく、普通のハリボーグミなどと比較してもよい勝負をしています。
見た目はまんまグミなので、デスクなどにおいても気にはなりません。
いわゆるブロードスペクトラムという規格に合わせられており、不純物などはいっさい入っていません。
ピュアなCBDを楽しめる、おいしくて優秀なグミだと言えるでしょう。
ちなみにCBDグミの効果については、「CBDグミとは一体なんなのか?  効果やメリット、入手方法を詳しく解説します」を参考にしてください。

CBDドリンクはある?


CBD炭酸水に似たようなものとして、CBDドリンクというものも存在します。

しかし、今のところCBDドリンクも、かなり手に入れづらいところ。

先ほど紹介したMEGUMIOくらいしか、安心して飲めないというのが正直なところです。

このあたりも、CBDドリンクの開発が待たれるところ(筆者もすごく楽しみです)。

まとめ:CBD炭酸水とドリンクで新しい栄養成分を

弾ける炭酸水

CBD炭酸水は、手軽にCBDを摂取できるすぐれた方法です。

CBDに期待できる健康効果は非常に幅広く、次世代の栄養成分だと言えるでしょう。

煙を吸う必要もないし、変な味もせず、それでいて爽快感があります。

仕事場のデスクに置いていてもとがめられないし、コスパも決して悪くありません。

価格も1本1,000円程度で、非常にリーズナブルです。

ぜひ一度、気軽に試してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる