すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDはADHDを治す特効薬? 効果はあるのか?

  • CBDという成分がADHDに効くらしいが、本当か?
  • 子供に摂取させても大丈夫なのか?
  • 摂取するなら、現実的にどうすればよいか?

CBDについては、上記のような悩みを持っている人は多いでしょう。

結論から言えば、CBDがADHDにもたらす効果は研究段階で、まだ何とも言えません。

ただし、今後研究が進めば、CBDがADHDの治療薬として、効果的に使われる可能性はあります。

今回は、

  • CBDとADHD
  • CBDがADHDにもたらす効果
  • 子供にあたえてもよいのか?
  • どのようにすればCBDを摂取できるか?

といった点について解説します。

目次

そもそもCBD、ADHDとは?

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草に含まれている合法的かつ安全な成分のことです。

ADHDとは、いわゆる「注意欠陥・多動性障害」と呼ばれる障害のことですね。

それぞれについてもう少し掘り下げておくので、参考としてください。

CBDとは

cbd

CBDとは、大麻草に含まれている、天然化合物の一種です。

正式には「カンナビジオール」と呼ばれています。

ADHDはさておき、CBDには以下のような効果が期待されるのです。

 

  • 集中力を高める
  • 睡眠の質を高める
  • 入眠しやすくする
  • 食欲を増進する
  • エンドカンナビノイドシステムの調子を整える
  • 不安をやわらげる
  • リラックスさせる
  • 美容をサポートする

 

米国でCBDの研究が進んだ結果上記のような効果可能性が見つかって、今では日本ですら幅広く使われるようになりました。

この効果については実際に摂取したレポートがあるので、参考としてください。

関連記事:CBDグミとは一体なんなのか?  効果やメリット、入手方法を詳しく解説します

 

大麻草由来とはいえ、違法性はありません。

日本では大麻草やその樹脂を取り締まってはいますが、CBDを取り締まる法律は存在しないのです。

 

また、中毒性や危険性といったことも、非常に低いと知られています。

「CBDに中毒性や危険性が、ほとんどない」という点については、あらゆる研究で何度も繰り返し確認されました。

さらにはWHOも、「CBDは安全なものである」と報告しています。

 

上記Forbes、およびJCACの言っていることを簡単にまとめると、

 

1.WHOは、以下のような点について確認している

2.CBDを摂取したからといって依存・中毒になることはない

3.大麻とはまったく別物で、ハイになったりはしない

4.副作用がないとは言えないが、確率は低いし、あったとしても軽度

 

ということです。

とにかくCBDは、大麻草由来でありながらたいへん安全なものです。

またADHDの治療を別としても、人間にとって好ましい効果が多々あり、新世代の栄養成分というふうに評価されています。

ADHDとは

adhd

ADHDとは、「注意欠陥多動性障害」と呼ばれる、脳障害のひとつです。

先天的にもって生まれるものであり、外的要因から発症するものではありません。

 

日本人では児童全体のうち、3~7%がADHDの当事者だと言われています。

ADHDの症状としては、以下のようなものが挙げられます。

 

<不注意分野>

  • 不注意が多く、忘れ物や無くし物をしやすい
  • 勉強や運動に集中できない
  • 気が散りやすい
  • 順序立てて活動するのが難しい

<多動分野>

  • じっとしているのがとにかく苦手
  • 順番を待つのが苦手
  • 静かに過ごすのがむずかしい
  • リラックスするのがむずかしい

 

というように、仕事や学校生活ではちょっと困った症状があります。

これらに深く悩んだ結果、CBDを試してみようと思っている人も多いのでしょう。

 

ちなみに自分、あるいは子供がADHDかどうかは、診断サイトである程度確認できます。

診断結果でADHDであることを示唆された場合、より厳密な検査を要するかもしれません。

CBDはADHDの治療に効果がある?

cbd

結論から言うと、「効果があるかもしれない」というところです。

なぜ断言できないかというと、「ADHDの治療に、CBDは効果がある」という研究成果、今のところ出ていないから。

 

2017年ごろからちらほら研究内容が上がってきますが、「効き目がありました」と報告しているものはありません。

よってCBDでADHDに治療効果が発揮されるかどうかは、まだわからないのです。

 

ただ個人的な感想を述べると、「CBDの効果は、ADHDにおける問題行動をおさえる方向へ作用している」とは感じます。

CBDの効果と、一般的に言われているADHDの症状を比較してみましょう。

ADHDの症状 それに対応しそうなCBDの効果
集中力が続かない 集中力を高める
気が散りやすい 集中力を高める
順序立てて活動するのがむずかしい 集中力を高める?
じっとしているのが苦手 リラックス、不安をやわらげる
順番を待つのが苦手 リラックス、不安をやわらげる
静かにすごすのがむずかしい リラックス
リラックスするのがむずかしい リラックス

というように、ADHDに対してCBDの効果がフィットしそうなようには見えます(あくまで筆者の摂取経験から来る感想です)。

ただし、CBDの効果が弱すぎて、大して改善しない場合もあるでしょう。

また、CBDを摂取して、根本的にADHDが治るといったことが期待できるようなデータでもありません。

 

あくまでも研究段階なので、「CBDでADHDが絶対に治る」とは断言できないわけです。

今はまだ、現行薬であるコンサータなどのほうが、ADHDの治療薬としては適切だと言えます。

CBDが、ADHDの治療に期待されている理由

研究者

なぜCBDが、ADHDを含む障害や疾患に対して効果を期待されているか。

それには、「てんかん」の治療薬としての可能性が、CBDに見出されたからです。

 

米国に、重いてんかんをわずらっている少女がいました。

一般的なてんかん薬では改善しなかったものの、「CBDによって症状が劇的なまでに緩和された」という趣旨のドキュメンタリがー、米国で放送されたのです。

 

そして全米が「CBDには、すさまじい効果があるのでは?」と考えられるようになり、CBDは医薬品として次々と普及しました。

現在、米国では、2歳以上の小児にはCBDが含まれている医薬品を処方することが可能です。

さらには日本でも、CBDを医薬品として使う流れが、少しずつ強まっています。

 

ただし、米国の医療現場で利用されているのは、まだまだ医療大麻が主流。

CBD単体を現場で見かけるケースは、あまり多くありません。

なぜならCBDは、大麻そのものと比較して、化学的な実験があまり進められていないから。

 

逆を言えば、今後CBDに対する研究が進められれば、米国のみならず日本でも医薬品として活用されるかも知れません。

もちろん、ADHDの治療薬として、CBDが使われるようになる可能性もあります。

CBDオイルをはじめよう

というように、「CBDが、確実にADHDを治すという根拠は、まだ見つかっていない」ところです。

各種研究で「もしかしたらCBDには、ADHDを治療する効果があるかも?」という部分まではきていますが、まだまだ裏付けが足りません。

とはいえ、

 

  • CBDの効果は、ADHDにとってよさそうだ
  • ADHD治療のみならず、シンプルに他の効果が魅力的だ
  • 安いものなら、一度試してみたい

 

と考える人もいるでしょう。

下記ではADHDはさておき、さまざまな効果が期待できるCBD”オイル”について解説します。

関連記事:CBDオイルとは何か?秘められた効果や入手方法まで、詳しく解説します

アメリカでは当たり前。PharmahempのCBDオイル


最初におすすめするのは、アメリカでは当たり前に見かけられる「Pharmahemp(パーマヘンプ)」のCBDオイル。
このメーカーのグミは、アメリカでは普通に食卓に置かれているそうです。
1965年から製品製造をしており、その技術や安全性は、アメリカでもトップクラス。
厚生労働省をはじめとするあらゆる機関からの検査をクリアしており、安心して使えます。
効果のレベルは高く、集中力の向上やリラックス効果などを感じている人が続々と現れています。
米国でもその評判は高く、もっとも信頼できるCBDオイルのひとつだと言えるでしょう。
フルスペクトラム、という、「CBDとテルペンをいっさい取りこぼさず、効果の高い成分」になっているというのもポイントです。
迷ったら、PharmahempのCBDオイルを試してみましょう。

初心者向けにデザインされたサプリプラスCBDオイル


初心者がもっとも安心して使えるCBDオイルと言えば、やはり「サプリプラス」のものです。

サプリプラスのCBDオイルは、抽出方法としてもっともすぐれている「CO2抽出法」を採用。

余計な成分をカットし、CBDなど必要な成分だけが抽出された、ピュアなアイテムです。

 

CBDオイル特有の青臭い匂いがおさえられており、毎日ストレスなく飲めるのが特徴。

これなら、CBDオイルの摂取を習慣化することもカンタンです。

 

しっかりとしたリラックス効果が期待され、たいへんゆったりとした時間を作り出してくれます。

CBD濃度は4%とひかえめで、「濃度が高いものはコワイ」と感じている人にもおすすめです。

リーズナブルにCBDを試したいなら、ブリスカンナ


とりあえず安いものから試したい、と考えるなら、ブリスカンナのものがおすすめ。
一本あたり2,000円程度で購入できる、初心者にもとっつきやすい価格帯です。
提携農場にて無農薬で育てられた大麻を原料としており、やはり安全性は抜群です。
さらには日本国内に到着してからもきわめて厳重に冷蔵保管されており、リスクはほとんどありません。
まずはリーズナブルに、ADHDに対してどのようにはたらくのか、チェックしてみるのがよいでしょう。
継続的に利用するうえでも、もともとの値段が安いので、無理なく続けられます。
ここからPharmahempなど、より本格的なCBDオイルへ進むという方向性もあるでしょう。

子供

結論から言うと、ADHDを持つ子供には、まだCBDは与えられる段階ではありません。

なぜなら、(ADHDの)子供がCBDを摂取した場合、どのような効果や副作用があるのか、ほとんど研究されていないから。

 

もしかしたら、何かしらの健康を害するような効果があるかも知れません。

一部では3歳くらいからCBDをあたえているケースも見受けられますが、ちょっと危険なことです。

 

よって「CBDは、ADHDに対して効果がある」「CBDは、子供が摂取しても問題ない」という研究結果が出るまでは、子供にはあたえるべきではありません。

たしかにWHOの報告を見る限り、あるいは実際に子供にあたえる親の意見を知る限り、大きな問題はなさそうです。

ただ、これは素人が判断してよいものではありません。

まとめ:CBDをはじめよう

CBD使用

CBDが、ADHDを治療する効果があるかどうかは、まだ研究途上です。

ただしいくつかの研究では「ADHDを治療するきざしが見られる」というように報告されています。

今後はADHDの治療薬として、CBDが活用されるかもしれません。

 

ただ、ADHDを持つ子供にあたえるのは、少なくとも今の段階では避けるべきです。

なぜなら「ADHDを持つ子供にCBDを与えられた場合、安全か?」というのが、ほとんど研究されていないから。

よってえ、今はまだ、ADHDを持つ子供にCBDをあたえるわけではありません。

 

とはいえ筆者としても、「自分が体感したCBD効果は、ADHD治療で求められる部分と噛み合っている」とは感じます。

WHOがいうようにCBDは中毒性や依存性がほとんどなく、日本では違法でもなんでもありません。

そういった意味では、「効果があるかどうか確かめる」という意味合いいで、CBDオイルあたりから試してみるのがよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる