CBDは、実際には効果ない? 本当に使う価値はあるのか

CBDアイテムが使われるようになってから、ずいぶんと経ちました。

リキッドやオイル、チョコレートやクッキー、多くの人が思い思いのスタイルでCBDを楽しんでいることでしょう。

 

しかし、「CBDを摂っても効果が得られない」と感じている人もいるはずです。

せっかくそこそこの金額を払って効果が得られないのでは、納得できませんよね。

「もういいわ」と、投げやりになってしまう人もいるかもしれませんね。

 

本記事では、「CBDの効果がない!」と感じている人に、その原因や解決方法を解説します。

せっかく手に入れたCBDアイテムをしっかり楽しめるよう、ぜひ参考にしてください。

また、「これからCBDアイテムを使い始める」という人にも、参考となるはずです。

目次

そもそも、CBDとは? 結局、効果はない?

大麻の葉っぱ

「CBDには何の効果もない」と感じている人も多いでしょうが、その可能性はほぼないでしょう。

CBDには、ほぼ確実に効果があると言えます。

なぜなら、CBDにはさまざまな効果があるとしている研究が、多数存在するからです。

たとえば、「日本臨床カンナビノイド学会」では、CBDのポテンシャルが研究され、いくつものポジティブな論文が公開されています。

 

さらに、「CBDを摂取して、効果が得られた」と述べる口コミやレビューも、多数存在します。

CBDには、(程度の差こそあれど)効果があると考えて問題ありません。

 

CBDがそもそもどういったものなのかおさらいしておきましょう。

CBDとは、厳密にはカンナビジオールと呼ばれる「大麻成分」です。

大麻成分ではありますが、日本では完全に合法(違法なのは”THC”のほう)。

CBDを摂取すれば、以下のような効果が得られると期待できます。

 

  • リラックスできる
  • 集中力が高まる
  • 睡眠の質が高まり、熟睡できる
  • 食欲が増す
  • イライラがおさえられる
  • 不安な気持ちが低減されるetc…

 

など、いかにも大麻っぽい効果が。

また、睡眠の質や食欲が向上するのは、健康的な効果としてとても重要です。

 

CBDは、リキッドやオイルなど、さまざまな形態で販売されています。

最近ではお菓子としても流通しており、味も美味しくなってきました。

とても楽しく、大麻成分であるCBDを摂取できるでしょう。

 

大麻成分と言ったら、何かしら害があるように感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、CBDに依存性や危険性は一切なく、安心して利用することが可能です。

 

関連記事:注目の大麻成分、「CBD」がもたらす驚くべき効果とは? 徹底的に解説します

CBDの効果がない、感じない原因はなに?

CBDオイルを舐める

CBDの効果がすぐれていることは、間違いないでしょう。

しかし、CBDで効果が得られないケースも、ときどき聞かれます。

原因としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

CBDが含まれていない、あるいは少なすぎる

まず、CBDの量に問題があるかもしれません。

いくら素晴らしい効果を持っていても、量が足りてなければ効果が出ない可能性はあります。

 

CBDアイテムの中には、CBD濃度が1%程度しかないものもあります。

1%で効果が出ない、と決まっているわけではありませんが、効果を得づらくなるのは事実です。

 

さらに、悪質な場合は「CBDが含まれていないケース」も存在します。

要するに、CBDアイテムのフリをして、搾取してやろうと考えているメーカーがいるわけです。

名前が知られていない変なメーカーには、こういったものも紛れています。

 

つまり、CBD濃度が少ないなら、CBD濃度の高いものへ乗り換えましょう。

あるいは、もっと有名なメーカーのCBDアイテムへ切り替えるのがおすすめです。

摂取量が少なかった

また、摂取量が少なかったケースもあります。

 

いくら濃度が高くても、効果を得られるだけの摂取量がなければ、期待どおりには行きません。

たとえばCBDオイルなら、推奨されるCBDオイルは1日15mg程度。

これを下回っていると、なかなか効果は得られないでしょう。

 

また、効果を得られるまでに必要な摂取量には個人差があります。

もしかしたら、人よりもたくさんのCBDが必要な体質なのかもしれません。

摂取方法を間違っている

摂取方法に問題があるケースもあります。

CBDを楽しむ習慣は、まだまだよく知られていないものです。

よって、正しい方法を知らず、意外と間違った摂取方法を実践しているのかもしれません。

CBDヴェポライザーであれば、温度設定を間違っている、といった類のことですね。

 

一度、正しい摂取方法を実践できているか確認してみましょう。

また、体質的に経口摂取(煙として吸うなど)が合っていないケースもあります。

体質的に合っていない

もしくは、体質的に使っているCBDが合っていない可能性もあるでしょう。

何を持ってしてCBDが体質にフィットするかは研究途上ですが、明らかに「CBDアイテムとの相性」のようなものは存在します。

たとえば、「ヴェポライザーはダメだけど、グミなら相性がよい」といったところです。

体質に合わないものを摂取し続けていると、なかなか効果が得られないかもしれません。

体質的に時間がかかる

また、体質的に効果が得られるまで時間を要するケースもあるでしょう。

CBDが吸収された効果をもたらすまでの時間は、人によって異なります。

30分くらいで何かを感じる人もいれば、2時間経っても効果が出てこない人も。

また、グミやチョコレートなどの固形物については、効果が得られるまで時間を要する傾向があります。

CBDの効果がないとき、感じないときに試して欲しいこと

CBDビン

もし、CBDの効果を感じられないなら、以下のような方法を試してみましょう。

下記のことを試してみれば、確実に正しい効果が得られるはずです。

濃度の高いアイテムに変えてみる

もっとも確実で手っ取り早いのは、より濃度の高いCBDアイテムに切り替えること。

CBD濃度が高ければ、たいてい「効果が出ない問題」は解決できます。

特にCBD濃度が低いアイテムを使っている人は、是非とも試してみましょう。

 

濃度の高いものCBDアイテムであれば以下のものが挙げられます。

仮に今1%のCBDアイテムを使っているのであれば、なんと数十倍の濃度が得られるものばかりです。

おすすめ①AZTEC(アズテック)CBD クリスタル アイソレート パウダー



実は、CBD濃度99%のCBDアイテムがあります。

そのひとつが、AZTECのCBDクリスタル。

 

CBDクリスタルは、CBDを結晶化させたものです。

海水から塩分を集めて固めているのと、似たような使い方ですね。

要するにCBDアイテムというよりも、「CBDそのもの」で、効かないはずがないと思わせるアイテムと言えるでしょう。

 

CBDの効き目をサポートするテルペンなどの成分もそのまま含まれており、効き目への期待はじゅうぶん。

これにより、CBD体験では重要な「アントラージュ効果」が生まれるかもしれません。

 

「コレでダメなら、CBDは体質的に向いていない!」と言えてしまうほど、協力はCBDアイテムです。

確実に効果が欲しいなら、AZTECのCBDアイテムを使ってみましょう。

関連記事:新しい大麻成分の楽しみ方、「CBDクリスタル」とは?

おすすめ②+WEED(プラスウィード)フルスペクトラム カートリッジ


CBDリキッドからであれば、+WEEDのものをおすすめします。

CBDリキッドといえば、CBD濃度はだいたい5%から10%。

しかしこのアイテムは、CBD濃度が60%ととんでもない数値になっています。

 

CBDのはたらきを助ける成分が含まれている「フルスペクトラム仕様」であることもポイント。

ほんのりとした柑橘系の香りであり、とても吸いやすいのも特徴です。

CBDリキッドでガッチリとキマるものが欲しい人は、ぜひ一度試してみてください。

関連記事:【最強】CBDワックスの効果やおすすめブランドを、総まとめしました

おすすめ③Canna Tech CBDシャッターワックス


ワックスタイプのものもおすすめです。

現状での知名度はやや低めですが、今後は間違いなく人気商品になるであろうフルスペクトラムCBDワックス。

CBD濃度は90%と、やはり圧倒的な数字です。

 

とにかく効果時間が長く一度吸えば半日くらいはキマり続けている場合も。

効果も強力で、吸ってすぐにして寝落ちした、なんて人もいます。

摂取量を増やしてみる

効き目がないと感じたら、摂取量を増やしてみましょう。

単純によりたくさんのCBDを摂取すれば、効果も得られやすくなるわけです。

 

だいたいのCBDアイテムには摂取量目安が記載されていますが、一度無視して構いません。

あくまで目安は目安であり、それがベストだとは限らないのです。

また、少々多く摂取したからといって、体調を悪くする可能性もほとんどありません。

 

ただし、摂取量を増やしすぎるとコスパが悪くなる側面も。

できるだけリーズナブルなCBDアイテムで試すことをお勧めします。

摂取方法を変えてみる

摂取方法を変えてみるのもよいでしょう。

CBDの摂取方法には「舌下(舌の下に垂らす)と「経口(飲む、吸う)」、「外皮(肌に塗る)の3種類が存在します。

摂取方法を変えるだけで、突然高い効果が出てくるかもしれません。

 

基本的には「舌下摂取」が、もっとも効果を得られやすいと言われています。

もし経口、あるいは外皮摂取しているなら、舌下摂取を試してみましょう。

まとめ:CBDは効果がないのは間違い

CBD効果表現

CBDは、日本では比較的新しい成分です。

わからないことが多いからこそ、「CBDは効果がないのでは?」と思ってしまう人も多いでしょう。

しかし、CBDに効果があると言える根拠は、論文やレビューなどで数多く述べられています。

 

CBDの効果が得られないのは、体質や使い方、あるいは濃度の問題があることが大半です。

ぜひ一度、自分に合った高濃度なCBDアイテムを見つけてください。

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる