すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

注目の大麻成分、「CBD」がもたらす驚くべき効果とは? 徹底的に解説します

近年になって、大麻成分の一種である「CBD」が、注目を浴びるようになりました。

とても安全で、なおかつ有効な効果を示すとされ、さまざまな目的で使われています。

 

とはいえ、「CBD」について、詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか?

普及し始めているとはいえ、まだまだマイナーな存在なので、情報もあまり出回っていません。

 

本記事では、CBDの概要や、もたらされる効果について詳しく解説します。

本記事を読めば、CBDによる効果は、ほとんど理解できるはずです。

目次

そもそもCBDとはなんなのか? 

CBDは、大麻に含まれる成分の一種です。

正式には、「カンナビジオール」と呼ばれます。

同じく大麻に含まれているTHC(テトラヒドロカンナビノール)と違い、大麻取締法で取り締まられていません。

つまり、日本においては、「完全な合法」です。

CBDを使ったら(所持したら)捕まるのでは?」と懸念している人も多いでしょうが、現行の法律では絶対にあり得ません。

 

CBDは、極めて安全性が高い成分として知られています。

危険な効果や副作用がなく、安心して摂取できます。

CBDがもたらす効果とは?

CBDについては、さまざまな効果が期待できます。

期待される効果

CBDに期待される効果としては、以下のようなものが挙げられます。

  • リラックス
  • 不安感を薄くする
  • 眠りが深くなる
  • 鎮痛
  • 食欲が増す
  • 集中力が増す

といったところが、主な効果です。

ただし、効果の強さは、体質やタイミングによって変化します。

人によっては、上記以外の効果が訪れるかもしれません。

軽微だが、副作用もある

ただし、軽微ではあるものの、副作用が出ることもあります。

副作用として挙げられるのは、

  • 吐き気
  • 過敏性
  • 疲労感

3種が挙げられます。

ただし、よほど体質的に合わない、大量摂取するということがない限り起こりません。

依存性はどれほどのものなのか?

CBDは、依存性は非常に低いことがわかっています。

煙草やコーヒーにすら、遠く及びません。

 

そもそも、依存性自体がないという向きもあり、心配する必要はまずありません。

依存性の低さについては、WHOが調査して、レポートとして上げています。

(参考:カンナビジオール(CBD事前審査報告書

CBDの効果が得られるアイテムとは?

CBDは、さまざまな方法で摂取することが可能です。

下記では、CBDを摂取できる代表的なアイテムについて解説します。

リキッドオイル

もっとも一般的な、CBDの摂取方法です。

オイルにCBDを混ぜ込む形で、製造されています。

基本的にはリキッドオイルを気化させて、吸引するという方法で摂取します。

 

リキッドオイルを吸引するためには、「ベイプ」や「ヴェポライザー」といった、いわゆる吸引具が必要です

吸引具を使って気化させ、発生した煙を吸い込む、というわけです。

たいていは吸引具を口に咥えて、煙草のように吸い込みます。

 

さまざまなメーカーがリキッドオイルを製造しており、バリエーションも相当なもの。

吸引具を合わせても10,000円あれば、CBDを摂取できるようになります。

 

効き目を感じられるのが早く、吸引して10分程度で効果を感じられます。

ただし煙が立つので、「煙草が嫌い」という人にはおすすめできません。

グミ

最近になって注目されている摂取方法です。

名前のとおり、グミにCBD成分を混ぜ込んでいます。

 

リキッドオイルと違い、喫煙(吸入)具を用意する必要がありません。

また、いちいち気化させる手間もなく、手軽にCBDを摂取できます。

全体的に精神作用が強いのも特徴です。

 

ミックスベリーやチェリーなど、さまざまな味のバリエーションが存在します。

味も一般的なグミそのものであり、大麻やCBDにありがちな苦味がありません。

見た目もお菓子としてしか映らないので、場所を選ばず気軽に楽しめるのも、CBDグミの利点です。

 

経口摂取なので、効果が出るまでおよそ1時間程度を要します。

ただし、効果も5,6時間と、リキッドオイルと比較すると長く続きます。

クッキー

クッキーの生地に、CBD成分を混ぜ込んだものです。

ちなみにグミを含め、CBDが含まれている食物は「エディブル」と呼ばれます。

味が優れており、普通のクッキーとして美味しく食べられます。

 

日本ではあまり普及していませんが、海外では非常にポピュラーな存在。

日本からでも、容易に入手できます。

 

効き目については、グミとさほど違わなく、強い部類に入ります。

やはり経口摂取なので、効果が出るまで1時間ほどかかりますが、持続時間も長い摂取方法です。

飲料

海外では、CBD入りの飲料も普及しつつあります。

オーガニックビールやミルク、プロテイン などの流通が、現時点で確認できています。

特にミルクは、ここ数年でアメリカにて、爆発的な勢いで普及しました。

 

日本でも、「mellow」というCBD入り炭酸飲料が、日本籍の企業によって開発されています。

サプリメント

変わったところで言えば、サプリメントとして接種する方法もあります。

錠剤やカプセルの形をしており、一般的なサプリメントと比べて外見的な違いはありません。

リラックスや健康補助を目的として、摂取されることが多くあります。

実際にCBD製品を使って、得られた効果

筆者は実際に、CBDグミ(CBDfx製)を食べたことがあります。

CBDグミを食べて得られた効果は、おおむね以下のようなものでした。 

  • リラックス
  • 不安感が薄れる
  • 眠りが深くなり、疲れがよく取れる
  • 食欲が増す
  • 食べ物が美味しく感じられるようになる

というような効果が得られました。

特に食欲と食べ物が美味しく感じられるという効果は、かなり強力でした。

何を食べても美味しくて、感動するほどです。

 

ただしCBDの効果には個人差があります。

同じものを食べても、得られる効果も変わってきます。 

CBDの効果が得られるアイテムは、どこで手に入れられるのか?

CBDを含むアイテムは、日本でも容易に入手できます。

おおむね、以下のような方法で手に入れることとなるでしょう。 

実店舗

すでに日本では、CBDが含まれているアイテムを取り扱うお店が登場しています。

大麻堂やフルレをはじめとした店舗が、数は少ないながらも展開されています。

またデパートや百貨店にテナントを出していることも、今では珍しくありません。

 

実店舗であれば、店員に直接、疑問点を問い合わせることも可能です。

ネットショップ

また、ネットショップで入手することも可能です。

楽天やAmazonなどのECサイトで、簡単に見つけられます。

ラインナップも相当なものであり、ありとあらゆる形態の食品・飲料・オイルが選べます。

日本におけるCBDの現状と将来性

残念ながら日本において、CBDへの理解は進んでいません。

いまだに「大麻成分=危険なもの」という認識が根強く、今後もしばらくそのような情勢が続くと予想されています。

 

娯楽目的のCBDはおろか、「医療大麻」さえも、使用を認められていないのが現状です。

とはいえCBD自体を規制する法律はなく、使用することに不便は伴いません。

ただし社会通念を考えるなら、「CBDを摂取している」ということは、周囲に知られないほうがよいでしょう。

 

とはいえ世界情勢を見れば、CBDが日本でも普及する可能性は大いにあるでしょう。

諸外国では大麻草そのものが、次々に非犯罪化、合法化されています。

医療大麻も続々と解禁され、大麻やそれが含んでいる成分への理解は、着実に広がりつつあります。

5年・10年後と先の話ではありますが、日本でもCBDが受け入れられるようになるかもしれません。

海外におけるCBDの現状

海外では、CBDが日本よりも広く普及しています。

特に「大麻そのもの」が規制されていない地域では、ごくごく一般的な存在です。

スウェーデンなどでは、スーパーなどで当たり前に販売されています。

 

また、CBDの専門店も、相当な数に登っています。

特にアメリカでは、爆発的な勢いで専門店の店舗数が増加中。

目覚ましい勢いで、市場が拡大しています。

 

そもそも多くの国が日本と違って大麻に対して寛容です。

したがって、CBDが受け入れられて普及するのは、ある意味で自然なことだと言えます。

まとめ

  • CBDとは、大麻に含まれている成分のひとつ
  • CBDを摂取すると、リラックスしたり、不安が和らいだりする
  • 副作用として考えられるものはわずかであり、強度もさほど強くない
  • CBDは、リキッドオイルやグミ、さまざまん形で摂取できる
  • 入手は容易であり、実店舗やオンラインですぐに手に入れられる
  • 日本ではまだ一般的ではないが、これから広がっていく可能性もじゅうぶんにある

 

「大麻」という言葉から、危険な印象を(特に日本人は)抱きがちです。

しかし、CBDは非常に安全性の高い成分であり、また、好ましい精神作用をもたらします。

もし使うか否か迷っているのであれば、できるだけすぐに試してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる