【キマる】CBDの必需品、電子タバコ(VAPE)とは?【爆煙】

最近では、CBDアイテムが当たり前のように使われるようになりました。

さまざまなアイテムが日本市場へ投げ込まれ、かつてない盛り上がりを見せています。

本メディアのようなCBDを専門としたWEBサイトも登場し、勢いがとどまるところを知りません。

 

CBDを楽しむのであれば、やはり「リキッド」タイプ基本となります。

そしてリキッドを煙に変えて吸うために必要なのが、「電子タバコ(VAPE)」。

 

本記事では、CBDリキッドを吸うための電子タバコについて詳しく解説します。

なお、CBD(カンナビジオール)そのものについては、以下の記事を参考にしてください。

 

注目の大麻成分、「CBD」がもたらす驚くべき効果とは? 徹底的に解説します

CBDリキッドには、どんな効能がある? 秘められた力を解説します!

目次

CBDの電子タバコ(VAPE)とは

電子タバコ

CBDにおける電子タバコとは、一言で言えば「CBDリキッド」を吸うための加熱式VAPEです。

ヴェポライザー、などと呼ばれることもあります。

 

CBDリキッドは、適切な量を、適温で加熱しなければいけません。

でなければ、CBD成分自体が焼けてしまい、なくなってしまうからです。

しかしCBD用の電子タバコは、温度調整機能を搭載しており、CBDリキッドが適切に金されるように調整されています。

つまり、CBDリキッド専用にデザインされているわけですね。

 

電子タバコの選び方でCBDの効き目も変わるので、たいへん重要です。

基本的に長く使い続けるものなので、ここで妥協するべきではないのは明らかですね。

 

ちなみに、CBDと電子タバコともども違法性は一切ありません。

怪しい風に感じるかもしれませんが何も問題がないのは確実です。

 

また、健康的な面での害もほとんどありません。

CBDで電子タバコを吸う行為とは、要するに水蒸気を吸っているだけです。

当然ながらニコチンやタールも含まれていないので、依存性や発がん性も(少なくとも現時点では)認められていません。

 

CBDアイテムの中でもっともポピュラーなものであり、最近ではドン・キホーテなどでも売られるようになりました。

ただし、最近は変なものが多い点にも注意しましょう。

選択肢が増えるのはよいことですが、粗悪品が出回っているのも事実です。

こういったものは、絶対に選ばないようにしましょう。

 

関連記事:高濃度なCBDリキッドを選ぶべき理由とは?

CBD電子タバコ(VAPE)なら、Eleaf(イーリーフ)istick Pico


Ereaf istick Picoは、もっとも高性能なVAPEのひとつです。

まずはこの電子タバコから試してみることをおすすめします。

 

緻密な温度調整機能にコンパクトなデザイン、そして丸一日でも稼働し続られる長時間バッテリーが持ち味。

抵抗値などを自動測定し、コイルが傷まないように調整する機能も盛り込まれています。

 

パソコンに接続すれば、Ereafのソフトウェアを使って、本体のカスタマイズが可能です。

最大で75ワットの出力に達するので、大量の煙を出すのも、雰囲気を高めてくれます。

と、美点ばかりが目立つ素晴らしいアイテムです。

 

価格は6,000円足らずで、手に入れやすいのもポイント。

とにかくVAPEの中では、もっとも使いやすいアイテムだと言えるでしょう。

CBD 電子タバコ(VAPE) おすすめランキング3選

CBD用の電子タバコを手に入れたなら、次はCBDリキッドを手に入れましょう。

とはいえ、CBDリキッドは、電子タバコ以上にバラエティが多いジャンルです。

何を選べばよいかわからない、と感じている人も多いでしょう。

下記では、特におすすめできるCBDリキッドについて紹介します。

3位:月の葉リキッド エクストラグリーン


CBD濃度 10%
CBD含有量 1000mg
内容量 10ml
備考 フレーバー5種類

月の葉リキッドは、非常に人気が高いCBDリキッドです。

CBDリキッドとしてはやや高めなCBD濃度と、7,980円という安いプライスがポイント。

まったりとしたリラックス感と、心地よい眠気をもたらす素晴らしいアイテムです。

 

フレーバーは、ダブルマンゴーやハードメンソールなどの5種類。

いずれのフレーバーも味がよく、楽しく吸える点も評価されています。

2位:Pharma Hemp プレミアムブラック


CBD濃度 5%
CBD含有量 500mg
内容量 10ml
備考 フルスペクトラム

また、Pharma Hempのものもおすすめできます。

日本での知名度はまだ低めですが、海外ではきわめて有名なブランド。

洋服で言えば、アルマーニやルイヴィトン的な位置付けです。

 

海外では、「よくわからんけど、PharmaHempなら大丈夫っしょ」と、思考停止しながら購入されたりします。

CBD濃度は低めですが、初心者からしてみれば安心できる側面もあると言えるでしょう。

 

中でも上記で紹介しているプレミアムブラックは、もっとも人気が高い部類に入ります。

当たり前のようにフルスペクトラムなので、効き目もじゅうぶんに期待できるでしょう。

 

フルスペクトラムとは、本来であれば製造過程で分離されてしまう「CBDのサポート成分」を、分離せずにそのまま閉じ込めている状態のことですね。

これは技術的に難しいことなのですが、それを低単価で実現しています。

専用アトマイザー付きなので、最悪電子タバコを持っていなくても問題ありません。

1位:+WEED(プラスウィード)


CBD濃度 60%
CBD含有量 6g
内容量 10ml
備考 フルスペクトラム

CBD濃度が抜群に高いCBDリキッド。

60%ととんでもないCBD量であり、ガッチリとキマれるのがポイント。

だいたいのCBDリキッドが3%程度、と考えれば、いかに強力なCBDリキッドであるか分かってもらえると思います。

 

絶対に外したくないときは,+WEEDがおすすめです。

是非一度、機会があれば試してもらいたいところ。

CBDリキッドを電子タバコ(VAPE)で摂取するメリット

電子タバコ 女性

CBDを摂取する方法は、さまざま存在します。

中でもCBDリキッドと電子タバコの組み合わせは、一般的かつとても優れた方法です。

下記では、CBDリキッドを電子タバコで摂取するメリットについて開設します。

 

関連記事:注目の大麻成分、「CBD」がもたらす驚くべき効果とは? 徹底的に解説します

生体利用効率が高い

CBDリキッドをVAPEで吸う最大の理由は、「生体利用効率が高い」こと。

もっとわかりやすく言うと、「効きやすい」「キマやすい」というわけですね。

 

生体利用効率とは、「摂取うち、どれくらいを吸収できるか」を示すものです。

CBDに限らず、体内へ取り込まれた物質は、すべて吸収できるわけではありません。

一部は吸収され、大部分は体外へと排出されます。

つまり、貴重なCBD成分の大部分が無駄になっているわけですね。

 

CBDを経口摂取(飲む、食べる)した場合の生体利用効率は、最大でもわずか15%。

しかしリキッドを電子タバコで吸引した場合は40%まで跳ね上がると言われています。

つまりCBDを効かせやすくなり、効果を得られやすくなるわけです。

もし「CBDでキマりたい」と思うなら、CBDリキッドと電子タバコは必須と言えるでしょう。

煙が出る

また、煙が出るのも大きなポイントだと言えます。

やはりタバコやマリファナを吸うことには、煙の発生が欲しいところ。

煙を吸って吐くことは、人間にとってなんとなく満足で行為だと言えます。

 

CBDには、オイルやグミなどのバリエーションもありますが、当然ながら煙が出ません。

特に元から愛煙家だった人には、物足りない部分もあるでしょう。

 

しかし電子タバコであれば、水蒸気ではありますが、たっぷりと煙を発生させられます。

さらに電子タバコ本体の設定をカスタマイズすれば、いわゆる「爆煙」にすることも可能です。

 

禁煙にもなる

また、最近は禁煙の手段としても注目されています。

先ほども触れたとおり、CBDリキッドにはニコチンやタールが一切含まれていません。

もちろん、CBD自体にも依存性はなく、依存症になるリスクはほぼなし。

 

しかし、タバコと同じように

  • 口に咥え
  • 煙を吸い込み
  • 煙を吐く

という体験自体はあります。

 

ニコチンやタールを欲する気持ちと戦う必要はありますが、少なくとも口寂しいとか、そういった欲求は紛らわせられます。

そして電子タバコを使っている間にニコチン、タールへの依存が抜けて、禁煙に成功するわけです。

筆者も(CBD用ではないが)電子タバコを使うことで、15年以上吸っていたタバコと決別できています。

まとめ

生えている葉っぱ

CBDリキッドは、もっともポピュラーな大麻成分の楽しみ方です。

たいていの人はCBDリキッドから吸い始めて、そしてそのほかのアイテムへと進出していきます。

 

そのCBDリキッドをきちんと味わうために、電子タバコは絶対に欠かせません。

普通に飲むことと比較して、かなり高い確率でキマりやすくなるでしょう。

中でも、先ほど紹介したEleafはおすすめです。

ぜひ一度、試してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる