すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDとお酒、同時摂取したら何が起きるのか?

最近になって注目を集めている、大麻成分のCBD(カンナビジオール)。

リラックス効果や集中力の向上、あるいは美容効果が期待され、日本でも当たり前に見かけるようになりました。

 

そして、

  • CBDとお酒を同時に摂取すると、何が起こるのか
  • どのような効果があるのか
  • 危険ではないのか?

というところに興味を持っている人も多いでしょう。

 

今回は、

  • CBDとお酒を同時に摂取すると起こること
  • CBDとお酒を同時に摂取する危険性
  • おすすめできるCBD入りのお酒

などについて、詳しく解説します。

目次

CBDとお酒を、同時に摂取すると何が起こるか?

乾杯

CBDとお酒を同時に摂取すると、飲酒による悪い効果がおさえられると言われています。

具体的には、

 

  • 二日酔いがおさえられるかもしれない
  • 脳へのダメージをおさえられるかもしれない

というように言われているのです。

(参考:CBD May Cure That Hangover

 

ただしCBDについて日本よりも進歩している海外研究でも、「確実に二日酔いを改善できる」とまでは言われていません。

個人的に効果は期待できそうですが、「どれくらいの二日酔いを改善できるか?」というところまでは不明です。

 

しかしCBDには、

  • 痛みをおさえる
  • 吐き気をおさえる
  • リラックスする

といった効果が、一般的には大きく期待されています。

 

こういった効果は、二日酔いによる頭痛や吐き気、あるいは気分の悪さを低減させてはくれそうです。

まだ研究途上なので、「CBDがお酒の二日酔いに効く」とまでは、断言できません。

しかし、CBDの特性を考えれば、CBDが二日酔いを少し楽にしてくれるとは考えられそうです。

脳へのダメージをおさえれるかもしれない

CBDとお酒を組み合わせれば、脳へのダメージがおさえられるかもしれません。

多くの人は知っているでしょうが、アルコールは脳へさまざまな悪影響を与えます。

具体的には、

 

  • 論理的な判断能力を司どる前頭葉を萎縮させる
  • 認知症を進行させる
  • 依存症を形成する
  • 記憶力や、空間認識に関連する海馬を萎縮させる

 

といった影響です。

もちろん適度の飲酒ならここまでのことは起こらないでしょう。

ただし、毎日晩酌するとか、大量に飲酒するといったことがあれば、上記のようなことは考えられます。

 

しかしこういった影響も、CBDなら低減できるという見方があるのです。

海外でもっとも権威のある論文共有サイトPubMedにアップされている研究成果で、これは指摘されています。

研究によれば、カンナビジオールでアルコール関連の損傷をおさえられるとのこと。

具体的には、

 

  • アルコールによる、脳への損傷をおさえる
  • 抗酸化作用や免疫作用で、重要な細胞の喪失を防止する

といったことがあるそうです。

噛み砕いて言えば、「お酒を飲んだ際の悪影響を、CBDがおさえてくれる」という主張ですね。

 

もしCBDでお酒の影響をおさえられるなら、とてもよい話です。

CBDがあれば、よりお酒を心配なく楽しめるかもしれません。

 

しかし、これもまだまだ研究が始まったばかりで、はっきりと「CBDでお酒の悪影響をおさえられる!」と断言できるレベルではないのも事実。

少なくとも、「CBDがあるから、酒はいくら飲んでもよい」とは言えなさそうです。

ただし上記の論文は、きちんとした研究機関が発表しているものなので、ある程度は効果に期待してもよいのではないでしょうか?

アルコール依存症を治療できるかもしれない

CBDなら、お酒においてもっともポピュラーな問題である、アルコール依存症を治療できるかもしれません。

アルコール依存症とは、一言で言えば「お酒で人生をダメにする」という病気です。

具体的には、

 

  • お酒がないと生きていけない
  • 毎日、大量に飲酒する
  • やめたくてもやめられない
  • お酒のせいで、失業や離婚などを経験する

 

といったことですね。

お酒を飲み続ける限り、常にこういった可能性はつきまといます。

 

ただ、「CBDでアルコール依存症を緩和できる可能性がある」という報告が、多数あるのです。

少しむずかしい内容ですが、以下のような報告があります(むずかしければ、読み飛ばしてもかまいません)

 

まず、日本のCBD研究における第一人者である佐藤均昭和大学薬学部教授によれば、「CBDはアルコール依存症にも効果があるのではないか」とのことです。

さらにPubMedに掲載されている論文では、「エタノールへの動機化、再発や衝動の低減」が、動物実験で確認されたと報告されています。

日本臨床カンナビノイド学会も、この点については期待を寄せており、CBDとアルコール依存症の関係性については深く興味が持たれているのです。

 

わかりやすく言えば、「CBDでアルコール依存症はマシになりそう」ということですね。

もちろんCBDがあったから「依存症にならない」とは言えません。

しかし、CBDとお酒を同時摂取することで、依存症になる可能性がおさえられる可能性は、それなりにありそうです。

 

なお、飲みすぎて倒れたりする「”急性”アルコール中毒」とは異なるものなので、注意してください。

関連記事:医療大麻がもたらす効果と、 日本における合法化と普及について

いっぽうで、CBDとお酒は危ない

というように、CBDはお酒による悪影響を低減させてくれそうな研究成果が多数上がっています。

しかし、残念ながらCBDとお酒を組み合わせることは、少なくとも当メディアではおすすめできません。

なぜならCBDとお酒を組み合わせることが、安全だと言えるような研究が、まだ出揃っていないからです。

 

もちろん、CBDとお酒の量やタイミングを考えれば、人体にとってよい影響も期待できるでしょう。

後ほど解説するようなCBD入りのお酒も、きちんと検査したものであれば、そうそう大きな問題はないと考えられます。

 

しかし人間の体とは、「何かと何かを同時に摂取することで、悪影響を受ける」ということもあるのです。

「この薬は、ある薬と一緒に飲んではいけない」という話を聞いたことはないでしょうか?

 

いわゆる飲み合わせが悪い、というものですね。

CBDとお酒も、量やタイミングによっては飲み合わせが悪いのかもしれません。

そして、飲み合わせたときに何が起こるのかも、未だ研究途上なのです。

したがって、当メディアとしては、何が起こるかわからないCBDとお酒の、自分なりでの同時摂取はおすすめできません。

しかし、CBD入りのお酒もある

一方で、CBD入りのお酒というのもあります。


最近では、CBDクラフトビールというものまで登場しました。

上記は「West Coast Brewing」というビールメーカーが販売しているものです。

同ビールメーカーはまっとうな会社なので、上記のクラフトビールも、まず間違いなく危険ではないと思います。

CBDもお酒も楽しみたいという人は、試してもよいでしょう。

 

ただし、あくまでもお酒であることは忘れてはいけません。

CBDなら、お酒以外のCBDアイテムがおすすめ

ただし、CBD入りのお酒という形は、まだまだ一般的ではありません。

CBDとお酒を組み合わせれば、より効果が高まるとわかったわけでもないのが実情です。

またコスパという面でもいまひとつだと感じている人も多いでしょう。

 

もしCBD入りのお酒に魅力を感じないなら、以下のようなポピュラーなCBDアイテムがおすすめです。

 

CBDペン【初心者向け】

初心者におすすめなのは、やはりCBDペン。

タバコのように煙を出しながら吸えるCBDアイテムです。


「煙にして吸う」というのは、CBDの楽しみ方として、とてもポピュラー。
特に上記AZTEC(アステカ)のものは吸いごたえがあり、しっかりとした効果を期待できます。
タバコの代わりとしても注目されています。
価格も1本2,500円程度と、かなり手に入れやすい部類です。

CBDオイル

また、CBDオイルもおすすめです。


CBDオイルは、ただ舐めるだけでCBDが摂取できる、とてもお手軽なアイテム。
特にPharmaHempのものは品質が高く、6.6%の高濃度CBDオイルとなっています。
効き目も相当なものが期待できるでしょう。
少し値段は張りますが、1本は持っておきたいところです。

CBDグミ


また、CBDグミもおすすめできるアイテム。
これは、お菓子としてCBDを摂取できる、一般的なアイテムです。
CBDfxのものは効果が長続きするので、コスパという面でもすぐれています。
味もよいので、CBD独特の匂いなどに悩まされることもありません。

まとめ:CBDとお酒は、まだ未知数

ブランデー

CBDとお酒の組み合わせについては、さまざまな研究がなされています。

その研究において、脳への影響や二日酔いなどに、CBDが効果的であるという見方が強くなっているのも事実。

 

しかし、CBDとお酒については、まだまだ研究途上です。

特に「一緒に摂取することで、悪影響が出るか出ないか」という部分では、はっきりとした研究成果が出ていません。

こういった点を踏まえれば、CBDとお酒の同時摂取は、少なくとも自分なりにやるのは避けたほうがよいでしょう。

 

今は多くの人に愛用され、安全性が高いと言える、CBDオイルやペンなどを使うのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる