すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

【全集中】CBDを摂取すると、集中力は高まるのか?

仕事や勉強において、やはり「集中力を保つこと」は重要です。

とはいえ、やはり集中力が保てないという問題は、誰にでもついて回るものでしょう。

 

本記事を読んでいる人の多くは、「CBDが集中力を高めてくれるのでは?」と考えているのではないでしょうか?

もしCBDで集中力が高められるのであれば、それは非常にポジティブな情報です。

 

本記事では、CBDと集中力の関係について詳しく解説します。

興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

目次

CBDとはどんなもの?

CBDfxサンプル

そもそも、CBDというものが何を表すのかおさえておきましょう。

CBDとは「カンナビジオール」の略称で、大麻草に含まれている成分です。

大麻草に含まれているとはいえ、危険な効果は一切存在しません。

つまり、「ハイになる」とか、「ぶっ飛んで白目を向く」といったことは起こり得ないので、安心してください。

 

むしろきわめて安全な成分であると、WHOすら認めています。

最近では日本でも、グミやオイル、リキッドやクリームといった形態で流通するようになりました。

特に若い世代で流行しており、インスタグラマーや芸能人もCBDを愛用しています。

CBDは集中力を高めてくれるのか?

CBDのビン

結論から言えば、CBDは集中力を高めてくれると考えるべきです。

つまり、CBDオイルやCBDグミを摂取すれば、集中力をアップさせられる可能性はあると考えて問題ありません。

なぜ集中力が高まるのか、その仕組みを解説します。

 

CBDは、体内に取り込まれると、脳内でセロトニンという物質を増やすと考えられています。

セロトニンは、別名「幸せホルモン」と呼ばれる物質です。

セロトニンには、精神的快感や積極的な意欲を高めてくれるはたらきがあります。

 

セロトニンの分泌が活発になると、

  • イライラした気持ちがおさえられる
  • リラックスできる
  • 不安な気持ちがおさえられる

といった体感が現れます。

 

そして不安やイライラが軽減されることで、あれこれと悩むことも(一時的には)減るわけです。

よって、目の前のことに集中しやすくなる、という理屈になっています。

 

残念ながら、今のところ「CBDで集中力がアップする!」というダイレクトな研究成果は上がっていません。

しかし、「集中力や注意力が低い人は、セロトニンの分泌量が少ない」ということは、古くから明らかにされています。

これについては、「林 隆博医師」によるレポートが明るいし、わかりやすいでしょう。

 

裏を返せば「集中力が注意力が高い人は、セロトニンの分泌量が一定以上である」と捉えられるわけです。

つまり、セロトニンの分泌量を増やしてくれるCBDがあれば、集中力は高められると考えられるでしょう。

 

細かいことを言えば、

  • ストレス要因になりうる”コルチゾール”のはたらきをおさえる
  • プラセボにより、集中力を自力で作り出す

といった側面も存在すると考えられます。

 

集中力の向上については、多くの人が体感している様子。

たとえば「Healthy TOKYO」では、「メールやSlackを気にせず、仕事に集中できた」といった体験談が紹介されています。

また、筆者もCBDグミを食べることで、集中力の高まりについて体験したことが何度もありました。

これについては、下記のエントリーを参照にしてください。

CBDグミとは一体なんなのか?  効果やメリット、入手方法を詳しく解説します 

 

医学的に裏づけされたセロトニンと集中力の関係と、実際にCBDを摂取した人のコメント。

これらを総合すれば、「CBDは集中力を高めると」考えるのは、極めて自然でしょう。

 

参考:林隆博:セロトニンと学習集中力;海馬のθリズム

ADHDとの関係性

研究段階ではありますが、「ADHD(注意欠陥・多動性障害)にも効果があるのでは?」と考えられています。

ADHDとは、発達障害の一種です。

具体的には、

 

  • 衝動的に行動してしまう
  • 不安を強く感じてしまう
  • 注意力が欠如している
  • 物忘れが多い
  • 動き回ってしまう
  • スケジュール管理ができない

といった症状が現れるもの。

これによって社会生活が困難となっている人は、たいへん多い様子です。

 

ADHDはやっかいなものですが、CBDはこれを解決する可能性があると言われています。

過去の臨床実験では、CBDで「多動性・衝動性」と「不注意と情緒の不安定」について、明らかな改善があった」と報告されていました。

参考:ADHDにおけるカンナビノイド:ランダム化比較実験

 

こういった研究を経て、CBDはADHDの改善に効果があるかもしれないと、考えられるようになったのです。

また、CBDは、ADHDに対して処方される「リファリン」や「アンフェタミン」と近い存在になれるのではないか、といった期待も持たれています。

その他の効果について

もちろん、CBDがもたらす効果は「集中力の向上」だけではありません。

上記の説明と一部かさなる部分もありますが、

 

  • 不安を軽減する
  • リラックスできる
  • 食欲を高める
  • イライラしづらくなる
  • 眠りの質が向上する
  • 寝つきと寝起きがよくなる
  • 頭がクリアになる

 

といった効果も期待されています。

つまり、集中力を高めるだけではなく、「生活全体を向上させられる可能性」が秘められていると考えて問題ないでしょう。

関連記事:注目の大麻成分、「CBD」がもたらす驚くべき効果とは? 徹底的に解説します

集中力を高めてくれる、おすすめCBDアイテム

上記までを読んでもらえれば、「CBDは、集中力を向上させてくれる可能性が非常に高い」と分かってもらえるでしょう。

とはいえ、「実際に何のCBDアイテムを使えばよいかわからない」、という人も多いはず。

もしCBDアイテムのチョイスに悩んでいるなら、以下のようなものをおすすめします。

AZTEC(アズテック)CBDリキッド


CBDリキッドなら、AZTECのものをおすすめします。

値段が安く、それでいてCBD濃度は5%と、十分すぎる水準です。

さらにCBDのはたらきを助ける「テルペン」が含まれており、より強い効き目が期待できます。

 

ちなみにAZTECには、CBD濃度が20%に設定された高濃度CBDリキッドも存在します。

より劇的な効果を求めるなら、こういったものを試してもよいかもしれません。

CBDfx:CBDグミ


集中力を高めるのであれば、CBDグミはもっとも適切なチョイスと言えるかもしれません。

中でもCBDfxのグミは、もっともおすすめです。

先ほど「CBDアイテムで集中力が高まった」と述べましたが、それはCBDfxのグミによるものです。

 

あらゆるグミの中でもっとも効き目が強く、しっかりとした効果を得られています。

また味もすぐれており、単なるグミとほとんど違いはありません、

見た目もグミでしかないので、オフィスのデスクなどでも平気で置いておくことが可能です。

値段も手頃なので、初心者にはかなり試しやすいでしょう。

集中力を高めるのに効果的な、CBDを摂取するタイミング

CBD 両手

CBDを摂取するなら、やはりタイミングが重要となります。

プロテインや風邪薬と同じく、効き目が出るには時間差があるからです。

下記では、適切なタイミングについて、パターン別で解説します。

飲む場合

CBDオイルやリキッドを「飲む」場合、効果が現れるまで1時間から2時間かかります。

つまり、仕事や勉強を始める1時間前くらいには、摂取しておくとよさそうです。

 

なお、空腹に近ければ近いほど、効果が現れるのは早まると言われています。

満腹度と比較して、ベストなタイミングで投入するようにしましょう。

この場合、CBDの効果は6時間から12時間ほど継続します。

もっとも長い時間持続するため、コスパに貢献する上ではベストとも言える摂取方法と言えるかもしれません。

舌の下に垂らす場合

CBDは、時として「舌下投与」される場合があります。

要するに舌の下にある吸収器官へたらし込むわけですね。

 

この場合、勉強や仕事の30分前か1時間前がベストタイミングになります。

つまり、「飲む」場合よりもスピーディーに効果が得られるわけです。

時間がないときには、この方法はとても有効だと言えます。

 

ちなみに効果が持続するのは、6時間前後と考えておきましょう。

少しコスパは悪くなる部分もあるので、注意してください。

吸い込む場合

CBDリキッドをヴェポライザーなどで吸引する場合は、10分前でOKです。

「いますぐ集中力を高めたい!」というシーンでは、たいへん役立つでしょう。

「舌の上に垂らす」場合よりも、よりクリティカルにCBDを効かせることが可能です。

 

ただし吸引する場合、効果の持続時間が1,2時間程度と、極端に短くなる部分もあります。

CBDリキッドだけではなく、長期的に効果が得られる方法も用意しておくとよいかもしれません。

まとめ

CBD イメージ

CBDは、まだまだ研究途中の成分です。

大麻に含まれているというだけで、特に一般的な利用を前提として研究は後回しされ続けてきました。

しかし、ようやく海外先進国が「大麻は別に禁止しなくてもよい」と気づき始めたのと同時に、CBDの謎も解き明かされつつあります。

 

そして、「CBDが集中力を高める」といった定説も、かなり信憑性が高くなりました(少なくとも筆者は知っています)。

CBDを摂取する習慣があれば、勉強や仕事は猛烈に進められるかもしれません。

ぜひ一度、CBDアイテムで「全集中」の状態を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる