大麻を吸うと、眠くなるのは本当? 睡眠を高める可能性についても解説

厳しく取り締まられている現実とは裏腹に、大麻は、人間の体に対してさまざまなメリットをもたらすものです。

本サイトでも、大麻のメリットをさまざまな角度から解説してきました。

Webサイトがひとつ立ち上がるほど、大麻のメリットは強大なものです。

 

そして大麻に対しては、ときおり「眠くなる」という言及がなされます。

「ハイになる」というイメージとは矛盾しているので、「眠くなる」というのは不思議な話かもしれません。

 

本記事は大麻を吸うことと、「眠り」について詳しく解説します。

合わせて「睡眠の質を大幅に高める可能性」についても触れているので、ぜひ参考にしてください。

もしかしたら大麻を吸うことで、健やかな眠りが手に入るかもしれません。

目次

【注意!】日本なら、CBDを使うこと!

危険

知ってのとおり、日本では大麻取締法で、大麻を吸うことはできません。

たかが睡眠薬代わりのために、法的リスクを背負って大麻を吸うのは、あまりにも馬鹿げています。

日本では、絶対に大麻を吸わないでください。

 

ただし現状であれば、「CBD製品を使う」という代替え手段が存在します。

CBDとは、大麻に含まれている「カンナビノイド」という成分の一種です。

大麻由来の成分でありながら、なんと日本でも合法とされています。

CBDには、「ハイになる」「楽しくなる」「感覚が変わる」といった、派手な効果は一切存在しません。

 

しかし、

  • 眠りが深くなる
  • リラックスできる

といった、眠りに関する好影響を与えてくれるものです。

 

筆者も「CBDグミ」を食べていますが、睡眠の質は劇的に改善しました。

今ではCBDグミなしの生活を、想像することさえできません。

さらにCBDには、

  • イライラを抑制する
  • 集中力を高める
  • カンナビノイドシステムの働きをサポートし、心身の調子を整える

といった、睡眠以外にも大きなメリットがあります。

 

現在では、CBD製品の専門店なども登場。

ネットショップやモール内店舗、果てはドン・キホーテでも取り扱われるほど、メジャーのものとなりました。

ぜひ一度、CBD製品を試してみてください。

何を使うべきか悩むのであれば、下記のようなものを試してみてください。




大麻は眠くなる? 

眠そうな 女性

結論から言うと、「大麻を吸うと眠くなる」という現象は、当たり前に起こりうるものです。

後述しますが、このことから、睡眠に関するトラブルを解決できる可能性があります。

なぜ眠くなるのか

大麻を吸うと眠くなるのは、大麻に「筋弛緩を促進する作用」があるから。

筋弛緩とは、要する筋肉に入っている力を抜くことを意味します。

 

人間は、たとえトレーニングをしていなくても、常時筋肉に力が入っている状態です。

つまり、大麻はその力を抜いてくれるということ。

 

すると、リラックス効果が生じて、さらに眠気が訪れるというメカニズムであると見られています。

大麻を吸うと眠くなるのは、筋肉が弛緩するというところに起因しているというわけです。

大麻の種類による違い

ちなみに「大麻なら、一律で同じ効果がある」というわけではありません。

大麻の種類・品種によって、得られる効果は違います。

大麻は、大きく分けると「インディカ」・「サティバ」という2種類に分類されるものです。

どちらの品種を接種するかで、その効果は大きく異なります。

 

結論から言うと「眠くなる」という効果をもたらすのは、「インディカ種」の方です。

大麻を吸って「ハイになるどころか、落ち着いてリラックスしている……」と感じたのであれば、おそらくインディカ種だったのでしょう。

一方でサティバは、ハイになったり、コミュニケーションが活発化したりという変化をもたらすものです。

効果時間について

大麻そのものの作用が起こる「効果時間」は、おおむね4~5時間程度と言われています。

8時間睡眠なら、およそ半分は効果時間のうちに入るというわけですね。

 

ちなみにエディブルは、マリファナなどと比較して効果時間が長く、なんと8時間ほど持続します。

より長い間で効果を得たいのであれば、エディブルがもっとも適切だと言えるでしょう。

最近のエディブルは味もよいので、摂取するにもストレスがありません。

眠くなるだけ、という指摘について

ちなみに「大麻を吸っても、ただ眠くなるだけだ」という不満の声も聞かれます。

要するに、大麻を吸うことで「特別な体験をしたかったのに、裏切られた」という恨み節ですね。

 

結論から言えば、「眠くなる」という変化しか感じられないことはあります。

大麻の効果は、「個体差」が存在するものです。

眠くなるだけだったということは、そういう個体に当たったと考えるべきでしょう。

次に吸ったときには、また違った体感を覚えるはず。

大麻は睡眠の質を変える?

大麻の一葉

ひとまず「大麻を吸うと眠くなる」ということは明らかにされました。

そして「眠くなる」という作用は、睡眠の質を劇的に改善する可能性があります。

寝付きが良くなる

大麻を吸うと、寝付きが良くなるというのは、昔から知られている話です。

「眠くなる」というのは、寝付きが悪い人からすれば、「寝付きがよくなる」ということ。

寝る前に大麻を吸うことが習慣づいているという人も、決して少なくありません。

Forbesによれば、大麻購入のニーズの47%以上が「睡眠改善」で占められるとのこと。

ノンレム睡眠を長引かせる

大麻は、ノンレム睡眠を長引かせるとも言われています。

ノンレム睡眠とは、人間が持つ睡眠サイクルの一端です。

 

基本的に人間は、

  • 脳が起きていて、体は眠っている「レム睡眠」
  • 脳も体も眠っている「ノンレム睡眠」

 

を、およそ1時間半ごとに交互しながら眠っています。

 

そして睡眠に関するトラブルの多くは、「ノンレム睡眠が短い」というところから始まっています。

ストレスや生活リズムが狂ってしまうと、レム睡眠は長くなり、ノンレム睡眠の時間は短くなってしまうのです。

 

ノンレム睡眠は、人間の心身をしっかりと休める重要なサイクル。

十分に確保することで、心身とも快調を保てます。

よって大麻を吸うことで、ノンレム睡眠の時間を長くするというのは、とても有益だと言えるでしょう。

眠れないなら、大麻を

もし睡眠不足や不眠の症状に悩まされているのであれば、大麻が解決してくれるかもしれません。

不眠症は、世界各国において発症するとてもポピュラーな睡眠障害。

 

ただ眠れない、というよりは、「夜中に起きる」・「眠っても寝た実感がない」という体感で不眠症を感じるようです。

しかし大麻を吸えば、上記のとおりノンレム睡眠が長くなり、不眠症も改善する可能性があります。

 

不眠症の原因は、精神的なストレスや身体的な痛み。

これらも大麻は緩和できるとされているので、より不眠症の改善には適していると言えるでしょう。

寝すぎる人にも大麻?

一方で、「寝すぎる人にも大麻が役立つ」という風に解釈されています。

寝すぎるとは、「単に寝坊しやすい」というわけではなく、「過眠(ナルコレプシー)」というものですね。

 

1日16時間寝るとか、絶対に寝てはいけないときに眠くなるといった形で症状が現れ、とても厄介な病気です。

ちなみにフィメールラッパーの「椿」もナルコレプシーを持っており、果ては幻覚などにも遭遇することがあるそうです。

 

しかし、(ある程度ではあるが)、医療大麻がナルコレプシーの治療薬として、役立っていることが悟られています。

Theimeの報告によれば、大麻成分が、本来の医療薬よりも効果的だった、というような側面もある様子です。

(参考:Theime

 

無呼吸に対する関係性

現代病の代表格として、「睡眠時無呼吸症候群」というものがあります。

簡単に言えば、睡眠中に「息が止まる」という恐ろしい症状です。

 

とはいえ、窒息して死んでしまう、ということではありません。

ただ無呼吸の間、酸素は供給されていないというのが問題です。

酸素不足は、著しく睡眠の質を下げてしまいます。

 

そこで、大麻を摂取(接種)すれば、「無呼吸の頻度も下げられるのでは?」 と期待されているのです。

とはいえ、今のところ確固たるエビデンスは発見されていません

しかし、大麻がもたらす作用を考えれば、無呼吸の症状が緩和されることはあり得そうなところです。

大麻が睡眠に与える、悪影響とは?

医者の手

とはいえ、大麻が睡眠に対して、素晴らしい影響だけを与えるわけではありません。

現在、以下のような悪影響があるのではと考えられています。

レム睡眠が減ってしまう

レム睡眠が減ってしまう」というのが、悪影響として考えられます。

「レム睡眠は短くてもいいんじゃないの?」と考える人もいるかもしれませんが、やはりこれはこれで必要なものだととらえられているのです。

 

なぜならレム睡眠は、成長ホルモンやメラトニンなど、人体にとって必要なホルモン分泌がおこなわれるから。

これらは、筋肉や髪の毛、肌の組成を組む上で、絶対に欠かせないものです。

よって、レム睡眠が少なくなるのは、決してよいことではないのです。

 

また、レム睡眠中に、「その日に起きた出来事を整理して、現実認識する」と考えられています。

つまりレム睡眠が短すぎると、出来事を整理できなくなり、何らかの悪影響へと繋がるかもしれないのです。

ちなみに「脳が出来事を整理しているとき」に現れる現象や体感は、「夢」と呼ばれています。

(参考:RCPSYCH

まとめ:大麻はダメなら、CBDで眠くなる方法も!

CBD イメージ

大麻が睡眠を向上させるということは、あらゆる研究と多数の権威者によって証明されています。

特に医療大麻であれば、既存の治療薬を凌駕するほど効果的かもしれないと、とかく期待されているのです。

大麻を吸えば、睡眠に関するあらゆるトラブルが解決できるかもしれません。

 

とはいえ、日本において大麻は、大麻取締法で厳しく規制されています。

日本で「大麻を使って睡眠について改善する」というのは、すなわち違法行為です。

絶対に実践してはいけません(というイントロダクションをするのもかれこれ数十回目で、一刻も速い解禁が待たれます)。

冒頭でも述べたとおり、日本ではCBDアイテムを楽しみましょう。




よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる