すぐ吸えるCBDベイプが今だけ7,469円 クリックして確認する

CBDには年齢制限がある?高校生や大学生でも大丈夫?

最近になって、ようやくCBDが日本でも愛用されるようになりました。

特に若い層では、イケてる人たちの層でCBDが流行っています。

特にHIP-HOPが好きな人たちの間では、欠かせないアイテムになっている様子です。

 

ただしCBDについては、年齢制限が気になるところ。

せっかくCBDに興味を持っているのに、年齢制限があったら困りますよね。

今回は、

 

  • CBDの年齢制限
  • 高校生や大学生におすすめできるCBD

 

などについて解説します。

CBDは、若い人にこそおすすめできるアイテム。

ぜひ、試してみましょう。

目次

CBDに年齢制限はない

結論から言うと、基本的にCBDに年齢制限はありません。

20歳未満でも、18歳以下でもCBDアイテムを買って使うことが可能です。

 

また、ある年齢以下だから、CBDを摂取すると危険だという報告もありません。

もし赤ちゃんや幼稚園児がCBDを摂取するなら問題があるでしょう。

しかし、高校生や大学生の人であれば、今のところ年齢制限しないといけないような問題は、CBDにはありません。

 

CBDには、

  • 集中力をアップさせる
  • 睡眠の質を高める
  • 不安やイライラをおさえる

といった効果が期待できます。

せっかく年齢制限がないのだから、ぜひ一度CBDを試してみましょう。

CBDリキッド・ヴェポライザーは年齢制限されている場合も

ただしCBDリキッドやヴェポライザーは、お店が年齢制限している場合もあります。

なぜならリキッドやヴェポライザーは喫煙具(たばこやiQOS)に近い部分があるから。

別にたばこを吸うわけではないので、本来は年齢制限する必要がありません。

ただ、お店が「CBDリキッドやヴェポライザーは、未成年にたばこを教えてしまう」という理由で自主規制していることがあります。

だから、CBDリキッドやヴェポライザーをお店で買おうとしても、年齢制限に引っかかるかもしれません。

ただしネットなら、いくらでもCBDリキッドやヴェエポライザーを購入することが可能です。

若い世代なら、より安い使い捨てタイプの「CBDペン」が良いかもしれませんね。


CBDは年齢制限すべき?未成年でも安全?

CBDには、年齢制限が必要だ」という声も、ときどき聞かれます。

たしかに新し、しかも大麻から取れるもの成分となると、ちょっと危険な感じはしますよね。

しかしCBDには、「年齢制限が必要だ」と言われるような効果は、今のところ認められていません。

もし1日に何百グラムも摂ったら何か起こるかもしれませんが、それは年齢制限に限らず、誰にでも言える話です。

 

ちなみにCBDについては、WHOが「とても安全な成分だよ」と認めています。

特に中毒性や依存性などといったデメリットは、ほとんどありません。

WHOの報告書を見る限り「年齢制限されている酒やタバコのほうがよっぽど体に悪い」という印象です。

(引用:カンナビジオール(CBD)事前審査報告書

 

そして、これは筆者の勝手な予測ですが、ここまでCBDが評価されているなら、近いうちに給食などで登場するのではないかと思っています。

とても健康的で、さまざまな効果があるので、CBDに理解が深まったらこういうこともあるかもしれません。

また、部活動をやっている人は、CBD入りのドリンクなどを飲む機会が来るかも。

実際オリンピックに出るような選手たちは、サプリメントの一種としてCBDを摂取したりしています。

CBDは若い人にこそおすすめ

というようにCBDには、基本的に年齢制限がありません。

高校生でも大学生でも、いつだって購入することが可能です。

そして年齢制限のないCBDは、若い人にこそおすすめできるアイテム。

 

なぜなら、勉強や運動、そして成長期だからこそ期待できる効果が、たくさんあるからです。

効果の一例として、筆者が体感している限りでも、

 

  • 集中力がアップする
  • 不安をおさえる
  • イライラした気持ちを鎮める
  • 食欲をコントロールする
  • 寝つきが良くなる
  • 眠りが深くなる
  • リラックスできる

 

という効果がありました。

詳しいレポートはこちらを読んでみてください。

もちろん、個人差はあるので、絶対に効果があるとまでは言いません。

ただ、たとえば集中力が上がったら、勉強などで役立ちそうですよね。

 

また、成長期だからこそ大切な睡眠を良質にしたり、思春期特有の不安をおさえたり、という効果も期待できます。

今まさに10代の人は、勉強や部活のことを考えれば、CBDにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

 

ただし、あなたのお父さん・お母さんの世代は、「CBDと大麻の違い」などを、よくはわかっていません。

昔は「大麻=害がある」という勘違いが広まっていて、お父さんやお母さんもそのイメージを強く引きずっています。

だからCBDアイテムを本当に使いたいなら、親には言わないほうがよいでしょう。

ちゃんとWHOなどが安全であることを確かめているのですが、それを理解してもらおうとなると、かなり説明がたいへんです。

関連記事:CBDは、女性の生理やPMSをラクにする?美容効果はある?

年齢制限なし、10代でも購入できるCBDアイテム5選

年齢制限がないなら、CBDを試してみたいと思っている若い人もいるでしょう。

ただしCBDは、意外と高いものです。

中には数万円するものもあり、大人ですら買うのをためらうケースもあります。

 

しかし、心配する必要はありません。

若い人向けに、数千円のCBDもたくさんラインナップされています。

今回は、高校生や大学生でも余裕で買えるCBDアイテムを紹介するので、参考にしてください。

年齢制限なしのアイテム①CBDオイル:roun CBDオイル 5%


若い人には、CBDオイルがおすすめ。
CBDオイルは、CBDにおいて定番のアイテム。
ただ舐めるか、「舌の下」に垂らすことで摂取できるお手軽さが特徴。
rounのものは2,980円で購入できるので、若い人でも無理なく購入できます。
天然由来成分をたっぷり含んだ「ブロードスペクトラム」品質であり、第三者機関検査もクリア。
さらに美容や集中力アップなどで大切なヘンプシードオイルも入れているので、とても魅力的なアイテムです。

年齢制限なしのアイテム②CBDグミ:CBDfx


CBDグミも、年齢制限を気にせず、しかも安いアイテムです。
CBDfxのものは1袋(6日分)でたったの1,930円。
そして先程のレポートのとおり、集中力アップやリラックス、不安をおさえるといった効果がじゅうぶん期待できます。
あくまでもグミなので、美味しく楽しく食べられるのもポイントです。

年齢制限なしのアイテム③CBDペン:AZTEC(アステカ)

ヴェポライザーをはじめとした「吸うタイプ」のCBDアイテムには、ときどき年齢制限がかかっています。
しかしAZTECのCBDペンは、年齢制限なしで誰でも購入することが可能です。
AZTECのCBDペンは、ガツンとくる吸いごたえとCBD感が特徴。
またAZTECはヨーロッパでもっとも人気が高いブランドで、安全や効果に対する信頼も抜群です。
「吸うタイプのCBDがよい」人は、このCBDペンを試してみましょう。

年齢制限がなくても10代がCBDを選ぶときのポイント

年齢制限は別として、10代がCBDアイテムを選ぶときには、3つのポイントがあります。

  • 厚生労働省からの許可が出ている
  • 安いものを選ぶ
  • 違法な成分が入っているものは選ばない

それぞれについて下記で詳しく解説するので、参考にしてください。

厚生労働省からの許可が出ている

CBDアイテムを買うなら、厚生労働省から許可が出ているものを選びましょう。

これは、年齢制限を気にするよりも、ずっと大切なことです。

日本でCBDを販売するには、厚生労働省から許可を受けなければいけません。

許可を受けていない製法は違法となるので、購入するべきではないのです。

ただ、楽天市場などで販売されているCBDは、基本的にまともなメーカーのもので、きちんと許可を得ていると考えて問題ありません。

安いものを選ぶ

10代のうちは、できるだけ安いCBDアイテムを選ぶのがおすすめです。

先ほども触れたように、CBDは、モノによっては1個数万円することもあります。

普通の学生では、ちょっと手が届かないですよね。

もし数万円のCBDアイテムにハマったら、けっこうお金の面で苦しくなります。

これも、年齢制限とは別にけっこうたいへんな問題です。

 

別に「高いCBDアイテムじゃないと、効果が出ない」というわけではありません。

お金の面で無理がないように、安いCBDアイテムを選びましょう。

違法な成分が入っているものは選ばない

CBDアイテムには、年齢制限がかかるような成分は入っていません。

ただし、いい加減な業者などが作っている場合は、THCなどが混ざっている場合もあります。

THCは、先ほども触れたとおり、「ハイになる」とか「ぶっ飛ぶ」とか、大麻らしい効果を引き起こす成分ですね。

これは、日本では現在違法な成分として指定されています。

たとえ年齢制限がかかっていなくても、違法なCBDアイテムには手を出してはいけません。

CBDアイテムを購入するなら、先ほど触れたような、

  • roun
  • CBDfx
  • AZTEC

など、いわゆる「大手企業」と呼ばれるメーカーの中から選びましょう。

関連記事:大麻におけるTHCとCBDとはいったいなんなのか?  徹底解説します

まとめ

よく勘違いされますが、CBDに年齢制限などはいっさいありません。

あなたが大学生でも高校生でも、基本的には自由に購入することが可能です。

ただし、一部のお店では「いちおう未成年には売らないよ」というスタンスを取っている場合もあります。

この場合は、無理に交渉してもなかなか売ってはくれません。

もしCBDアイテムを購入するなら、年齢制限がないネットで購入しましょう。

 

CBDの効果としては、集中力向上や、不安やイライラの低減などが期待できます。

勉強や友達関係、恋愛などさまざまなことがある中では、CBDが役立つかもしれません。

自分の年齢と年齢制限を気にせず、CBDを試してみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる