”CBDヴェポライザー”って何? 使い方やおすすめ機種について解説!

CBDが、日本でも当たり前に見かけられるようになりました。

今では美容、健康、そして幸せな気分を味わうため、多くの人がCBD製品を使っています。

 

CBDを楽しむために欠かせないアイテムとして、「ヴェポライザー」というものを知っていますか?

ヴェポライザーは、CBDを楽しむうえで、もっとも一般的な存在です。

 

とはいえ、

  • 「ヴェポライザーの使い方がわからない」
  • 「なぜヴェポライザーを使う必要があるの?」
  • 「どのヴェポライザーを使えばいいのかわからない」

という疑問を抱えている人も多いでしょう。

本記事では、ヴェポライザーの使い方や、おすすめできる種類について解説します。

CBDに興味を持っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

ちなみに「CBD」については、下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事:注目の大麻成分、「CBD」がもたらす驚くべき効果とは? 徹底的に解説します

目次

そもそもCBDヴェポライザーとは?

ヴェポライザー2

CBDヴェポライザーとは、一言で言えば「CBDを吸うための喫煙器具」です。

もっとわかりやすく言うと、「アイコス本体」みたいなことですね。

 

ヴェポライザーは、セットされたCBDリキッドやCBDクリームを気化させます。

つまり固形ではない気体に変えて、煙として吸い込めるようにしてくれるというわけです。

 

ヴェポライザーは、現在日本において、もっとも広く愛されているCBD用喫煙器具。

CBDを試してみたい人は、ひとまずヴェポライザーからチャレンジしてみましょう。

CBDヴェポライザーの使い方

吸引

CBDヴェポライザーは、若干複雑な作りになっているので、初めての人はたいてい戸惑うでしょう。

下記では、基本的なヴェポライザーの使い方について解説します。

リキッドを振る

まず、別売りのCBDリキッドをよく振りましょう。

振ることでCBDが散らばって、正しい効果を得られやすくなります。

そしてヴェポライザーに、CBDリキッドを充填(要するに入れる)しましょう。

ヴェポライザーを加熱して、温度調整する

ヴェポライザーのスイッチを入れて、加熱します。

そして、たいていのヴェポライザーには温度調整機能があるので、調整しましょう。

だいたい170度くらいに保てば、CBDリキッドは気化し始めます。

 

たまに「230度」など、やたら高温に設定できる場合もありますが、基本的にはおすすめしません。

なぜなら高温だと、CBDが燃え尽きて、効果も薄れてしまうからです。

ゆっくりと吸う

ヴェポライザーを使うときは、「ゆっくりと吸う」ようにしましょう。

なぜならCBDをしっかりと吸収するためには、深い呼吸が必要だから。

 

だいたい7秒から10秒くらいかけて吸い込めば、正しい効果を得られるはずです。

タバコと違ってひどく有害なものではないので、長い間肺の中に入っていても、問題はありません。

なんでCBDヴェポライザーで吸うのがいいのか? メリットを解説

爆煙

CBDヴェポライザーが広く愛されるには、やはりそれなりの理由があります。

具体的には、以下のような点が挙げられるでしょう。

早く効果を得られる

第一に「早く効果を得られる」という点が挙げられるでしょう。

CBDは、たとえば口から摂取すると、効果を得られるまで2,3時間ほどかかります。

一方でヴェポライザー経由で摂取した場合、効果が現れるまでの時間は30分から40分程度。

よって口から摂取する場合などと比べれば、早く効果が得られるというわけです。

吸収効率が高い

また、吸収効率が高いのも、CBDヴェポライザーの強みです。

いくらたくさんのCBDを摂取したとしても、人体が吸収できるのはごく一部に限られます。

 

「全体のうち、いくらが吸収され、心身に効果をもたらすか」という割合は、一般的に「生体利用効率」と呼ばれます。

要するに生体利用効率が高ければ高いほど、「よく効く」というわけです。

 

CBDを「飲んで摂取した場合」、生体利用効率はわずか5%〜15%程度。

一方でヴェポライザーは、40%程度の生体利用効率を確保できます。

 

つまりCBDを飲む場合と比較して、最大で8倍ほど効きやすくなるというわけです。

だから、CBDヴェポライザーが好まれているというわけですね。

煙を吸うという体感

また、「煙を吸う」という行為自体にも、魅力があります。

マリファナにせよタバコにせよ、やはり煙を吸って楽しむものです。

そこを真似たCBDヴェポライザーでの体験は、やはり特別なものとして受け入れられています。

美味しい

単純に「美味しい」というのも、すごく大切なポイントです。

最近のCBDリキッドには、さまざまな味付けがされています。

以前は「大麻草丸出し」のフレーバーばかりだったのですが、今ではフルーツなどを意識したものが勢揃い。

 

タバコすら吸ったことがないという人でも、美味しく吸えるように工夫されています。

おすすめのCBDヴェポライザーランキングTOP3

かっこいいヴェポライザー

というようにCBDヴェポライザーにはさまざまな魅力があり、多くの人から愛されています。

最近ではInstagramで、女優やアイドルたちがCBDヴェポライザーを吸っていることも表明しているくらいです。

  • 彼女たちのように、CBDヴェポライザーを使ってみたい
  • とにかく吸ってみたい

というように考えている人も多いでしょう。

 

下記では、おすすめのCBDヴェポライザーについて紹介します。

3位:ASPIRE Pockex AIOKIT(アスパイアポケックス)

 

アスパイアポケックスは、誰にでも使いやすいヴェポライザーです。

値段は3,000円程度で、ものすごくリーズナブルなのも特徴。

自分もこれを長く使用していますが、基本的に何の文句もありません。

 

操作もわかりやすく、しかもデザインが格好いいですね。

初心者から上級者まで、幅広く使い込めるヴェポライザーです。

2位:CANNERGY(カナジー):専用カートリッジ式


カナジーは、Amazonや楽天で大人気のヴェポライザー。

丸くて可愛いデザインと、シンプルな操作が特徴です。

他のヴェポライザーよりも、さらに気軽にCBDを楽しめるでしょう。

 

CANNERGYは、専用のカートリッジが用意されているので、CBDリキッド選びで悩むことはありません。

カートリッジには、

 

  • 緑茶メンソール(CBD 15%)
  • パイナップル(CBD 10%)
  • マンゴーグレープ(CBD 5%)

 

という、3つのフレーバーが用意されています。

リキッド選びはちょっと難しいので、初心者にはカナジーがかなりおすすめです。

1位:Ereaf(イーリーフ)istick pro


Ereafは、もっとも有名なCBDヴェポライザーのひとつです。

緻密な温度調整にコンパクトなデザイン。

そして丸一日でも稼働し続ける長時間バッテリーが持ち味。

 

さらにカラーラインナップもすさまじい種類が揃っています。

パソコンに接続すれば、、Ereafのソフトウェアを使って、本体のカスタマイズが可能です。

さらにワット数を勝手に検出して、安全な出力で駆動するシステムまで搭載。

とにかく非の打ちどころがないヴェポライザーです。 

CBDワックスと、CBDリキッドも手に入れよう!

ただしヴェポライザーがあっても、「吸うもの」がなければ意味はありません。

CBDを摂取するには、ヴェポライザーにセットする「CBDワックス・CBDリキッド」のいずれかが必要です。

簡単に、CBDワックスとCBDリキッドの違いについて、おさえておきましょう。

CBDリキッド

ヴェポライザーを使う場合、お供にはたいてCBDリキッドが選ばれます。

一般的な「リキッド」に違わず、液体にCBDを混ぜ込んでいるというものですね。

初心者にも試しやすく、そして値段も安くおさえられているのが特徴です。

ただしモノによっては、1万円近くの価格が付けられている場合も。


先ほども触れましたが、最近のCBDには味や香りが付けられており、楽しく吸えるのがポイント。

またCBDの濃度は控えめなので、「大麻成分」に対して不安を感じる人にもおすすめできます。


CBDワックスについて

CBDワックスは、名前のとおりヘアワックスようにベトベトしたタイプのものです。

基本的には、「ワックスの方が、CBDの効果を強く得られる」と考えて問題ありません。

ただし「あまり効かれても困るという場合」は、CBDリキッドの方を利用しましょう。

 

「CBDの効果がどれだけ強く得られるか?」というのは、製品に含まれている「CBDの濃度(割合)」によって左右されます。

CBDリキッドの濃度は10~15%程度です。

ものすごく少ないように聞こえるかもしれませんが、これでも効果を体感するには十分すぎるレベル。

 

一方でCBDワックスは、たいていの場合30%は濃度を確保しています。

中には下記のように、99.9%、つまり「ほとんどCBD成分だけをかためたようなワックス」も。


濃度が高いCBDを摂取すれば、特別な感覚へといざなわれるでしょう。

「大麻よりもはるかにエンジョイできる」、という人も、少なくありません。

より特別な体験を求める人は、CBDワックスがおすすめです。

まとめ:ヴェポライザーで、CBDデビューしよう

ヴェポライザー 女

CBDは、最近では百貨店やショッピングモールでも見かけられるほどポピュラーな存在になりました。

中にはCBD関連の美容用品などをすでに使っている、という人もいるかもしれませんね。

 

そしてヴェポライザーでCBDを楽しむというのは、もっとも人気のスタイルです。

CBDを吸う習慣があれば、日常生活は大きく変わるでしょう。

変わる、といっても別に「トリップする」というわけではなく、下記記事のように、健康的な生活へと切り替わるという意味です。

関連記事:大麻におけるTHCとCBDとはいったいなんなのか?  徹底解説します

ヴェポライザーを使うとき、リキッドとワックスいずれを用いるかは自分次第。

本記事を参考に、より興味がある方を選ぶとよいでしょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (5件)

新しい大麻成分の楽しみ方、「CBDクリスタル」とは? | 大麻ナビ へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる